カテゴリー「SHADO」の記事

2010年1月31日 (日)

元旦2010

今頃、元旦の記事です。
Dsc02641
久々にスエと黒ちゃんも登場しました。
チューソンが観測の前線を退いた件でみんな老眼世代に突入したことを実感。
で、その元になった酒のラベルがこれ。
Dsc02626_2
なにやらラベルに小さく文字が書いてあるので麦か米か書いてあるかと思いきや・・・
Dsc02628
円周率300桁でした。
球磨焼酎で堤酒造のハナタレ(初垂れ)で元々は酒造家だけが楽しんでいた焼酎で日本酒の荒走りに当たります。

Dsc02636
昨年に引き続き今年も某夫人に紹介されたうちの一本で、残りは日本酒です。
左のもラム酒ではなく新潟県ふじの井酒造の日本酒です。
真ん中のは高知県の菊水酒造の日本酒でソユーズで宇宙に送られた酵母で醸されたことを記念したものです。

一番人気が焼酎なのも時の流れでしょうか。

2009年1月 3日 (土)

新年例会09

Img_4491
2009年の初日の出はこんな調子でした。
なんとも中途半端で日本の経済状況を暗示するようです。

おなじみ宴会も久々にピグ登場です。
神川夫人からの振る舞い酒をいただきました。
チョイスが相当ひねってあります。
Dsc00464
毎度、マスターの手料理で楽しみました。
そばも美味かったです。

2008年1月 3日 (木)

新年例会08

Img_3166  2008年元旦の天気予報は降雪でろくなことにならないとのことだったので焚き火まで準備するまでもないと早めに判断したのですが気になって出かけると星もちらほら見えています。
 たまには常盤の海岸から離れ丸尾に行ってみます。
 広い浜では焚き火をやっていましたがちょっと外れて待ちます。
 あいにく場所があまりよくなかったので明らかな日の出とはいきませんでした。

Img_3173  夜には店で宴会です。
 年々余る酒が増える一方なので飲むだけ持ってくるようになったのですがそれでもあまります。
 カロリーも有り余っていますからマスターはそばとワンタンにとどめました。
 年一の顔見世ですが無事が何よりです。

 今年の珍品はゴマが発掘した未来少年コナンのセル画と原画でした。

2007年1月 4日 (木)

新年例会07

Dsc00326  年が明けて最初のイベントは初日の出です。
 今年の天気予報は「降らない」ということなので決行としました。
 二年参りや出支度で現地着は午前3時前です。
 毎度ながらべっちゃんが手際よく火を設えて、凍えずにすみます。
 山から朽ちた木を取ってくるのですが、もはや松枯れの材もなくなりつつあります。
Dsc00332 焼き芋したり、年越し(た)そばをご馳走になったりするうちに異変が明確になってきました。
 潮が満ちてくるのです。
 毎度のことで気にしていなかったのですが切迫してきたので仕方なく1Mほど焚き火を移動します。
Dsc00336 そのうち明るくなってきましたが波打ち際はさらに接近して来ましたからさらに移動する羽目になりました。
 実は焚き火の設営時期と日の出の時刻で潮位差が1.5mもあったのです。
 天気予報と実際の天気の間で気をもんだのですが今年の初日の出は上々です。

 初日の出が西に沈むと正月行事第二弾の宴会です。
 今年はヤスとピグが出席です。
 毎度、マスターの料理に感謝です。
Dsc00343

2006年1月 2日 (月)

新年例会

Dsc04736 事前の天気予報では雨か曇りだったので中止連絡を流したのですが、今年の元旦の早朝は快晴に恵まれました。
 今年はべっちゃんがコンパクト版の焚き火を用意してくれました。
 マスターにそばをご馳走になることしばしほぼ水平線から太陽があがりました。
Dsc04739 7時20分に太陽が出る予報でしたが25分まで待たされました。

 アングルを少しは考えりゃいいのに毎度ワンパターンなうえシャッターチャンス逃しすぎです。

 夜は毎度マスターのお世話で宴会です。
 そば、ぎょうざ、うどん、オムライスとストップをかけるまで炭水化物が並びます。
Dsc04750
 今回の出し物は庵ちゃんが送ってくれた昔の8ミリをDVDに落としたものと

家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 コスモブラック Toy 家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 コスモブラック

販売元:セガトイズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

です。
 さらに
家庭用星空投影機 ホームスター専用恒星原板 「南半球の星空」2枚組 Toy 家庭用星空投影機 ホームスター専用恒星原板 「南半球の星空」2枚組

販売元:セガトイズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

も披露いたしました。
 物欲リストに入っていた人もいるので参考になったんではないでしょうか。
 最も危ない出し物はシンちゃんの妙な光が入った写真だったかもしれませんがサムが「大丈夫!」と太鼓判を押してくれました。

 皆さん、今年は無病息災で過ごせますようにお祈りいたします。
 

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ