カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2016年10月 2日 (日)

「君の名は。」の天体表現

 1954年に「君の名は」の第3部と初代「ゴジラ」が公開され「君の名は」が観客動員で勝利したのですがくしくも62年後の2016年に新海誠監督の「君の名は。」と「シン・ゴジラ」が公開されたのは偶然でしょうが、ヒットした「シン・ゴジラ」を興行収入百億越えでなぎ倒したのはまた「君の名は。」でした。

 「君の名は。」では彗星が重要なイベントですので星空の表現があります。 糸守町は飛騨の田舎なのでことさらに星空はきれいなはずで、むしろ町民は当たり前のことだと考えていると思われます。
 その町民を感動させたティアマト彗星は凄まじい光景であったに違いありません。 そのあとの出来事の方がさらに凄まじいですが・・・天文学的には結構突っ込みどころ満載です。 これは天文家が指摘しているように「尾が変」につきます。 彗星の進行方向と尾の向きが関係がないというのは天文の常識で市民の非常識です。 単に太陽の反対側に尾は伸びているのです。 惑星や太陽の重力圏に入って彗星が分裂するのはあり得るのですが本体と分裂した核が別の軌道を描くこともありません。 もし軌道がずれたとしても尾の向きは本体と分裂した核で同じである必要があります。 もしずれたとしたら極端に地球に接近して地上からの視点として尾の向きがずれる可能性しかなさそうです。
 さて、作中のティアマト彗星は1200年の周期彗星とされていますが現在のところ最長の周期彗星は池谷・張彗星の374年です。 それでも「1200年ぶり」というのはあり得ないことではありません。 現在の福岡県直方市に861年5月19日に落ちた隕石が目撃記録がありかつ標本が現存する隕石としては世界最古のものです。 実に1155年前です。
 ところが1992年12月10日に島根県松江市美保関町に落ちた美保関隕石は直方隕石と双子の隕石と言われています。 同じ母天体から発生したものらしいです。 つまり1131年ぶりの落下の可能性もあるのです。 同じ天体から出ても福岡と島根ほどもずれるので同じ村に1200年ぶりに落ちるのはなさそうです。
 直方隕石は須賀神社で2016年10月22-23日に5年ぶりの公開があり、美保関隕石はメテオプラザに展示されています。
Dsc01864

2012年1月16日 (月)

アンテナ風見鶏

2011年の地デジ騒動でアンテナは下のようになりました。
110703
ところがその後台風シーズンを過ぎ、冬の季節風が吹き始めこうなってしまいました。
120103
仕方なく、再調整。
120114
再び12個のボタンすべてが別の局で埋まりました。
NHKは北九州と山口なので総合でETVで4つ。
KRY、YAB、TYS、FBS、TVQ、KBC、RKB、NTCと写ります。
キー局かぶりはありますがローカルコンテンツが楽しめます。

2011年7月 3日 (日)

偏波混合

パラスタック20素子で垂直偏波を拾ってブースターで持ち上げて使っていますが困ったことに地元の電波があまり入らないのです。
困ってばかりいても仕方ないので一旦降ろしたシングルのUHFアンテナも上げてYAGIの混合器で一本にします。
地元電波は方向がちょっと違うのでこんな盛大な眺めになります。
Photo
混合器はU/U混合器を選ばないといけませんが実は地区専用混合器もありますから自爆しないように慎重に選びます。
何度も上がれる場所じゃないのでアンテナチェッカーで向きはきっちり合わせます。
可能であればテレビ側をレベル表示して合図を送りながら調整するべきです。

おかげで今度こそ12局受信に成功しています。

2011年4月 2日 (土)

垂直偏波パラスタック

4月に入り風も温んできたのでアンテナ交換を試みます。
地上で組むとその大きさに戸惑います。
Dsc09868
これを屋根に上げますができれば地上で5Cのケーブルまでは仕舞いをしておきたいです。
もって上がるのはアンテナ、プライヤ類数本、ドライバー+-、ビニールテープ、カッター、金切ハサミです。

取替え前後でこうなります。
Dsc00005 Dsc00007
一応すっきりしましたが、既存のVHFアンテナは錆びているのでほとんど破壊に近い状態で取り外しています。
外したUHFアンテナの用途はまだ未定です。

実はゲインメータでじっくり合わせると九州電波専用アンテナになってしまいました。
仕方なく山口電波もある程度映る角度に調整。
パラスタックで垂直偏波構成とは悪目立ちします。

2011年1月15日 (土)

地デジ分配器

地デジ対応に邁進中です。
http://shado.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-38a3.html
現在のところ縦偏波で対応中ですが納得いきません。
季節がよくなればパラスタックアンテナに乗り換えてもいいのですがその前に確認することもあります。
ひとつはケーブルの規格で、これが3C程度ではロスが多くて地デジには適しません。
5C以上であることが望ましく、F型端子で接続する場合は自動的に5Cを選ぶことになるようです。
ケーブルに「5CFB」などと印字してありますからこれを確認するのです。

もうひとつは分配器です。
一戸建ての場合電波を増幅するのはよくあることですが今のブースターはアンテナの直下に置かれ、給電装置はテレビの近くに置かれます。
すると、ケーブルは給電可能である必要があります。
一台一アンテナなら問題なのですが、うちは各部屋に分配されています。
分配するときには分配器が用いられていますが、古い分配器は通電されていない例があります。
さらにうちの場合には分配器が直列につながれていました。
地デジの場合、ロスを避けるため再分配は禁物です。
従って現在のケーブル数に対応した4分配器が必要で通電タイプでデジタルハイビジョン対応のバンドが広いものを探します。

八木 CS・BS・U・V・HF用分配器(2600MHz) CS-DC774-B 八木 CS・BS・U・V・HF用分配器(2600MHz) CS-DC774-B

販売元:家電工事センターイノウエ
楽天市場で詳細を確認する


昔の分配器はF型ではなかったのでコネクタを作る必要がありますがそのアダプタも同梱されています。
そのため屋根裏に懐中電灯、カッター、ペンチ、金切ハサミ、+ドライバーを持ち込み工作します。
カンタンな工作といえるのですが屋根裏の現場で行うのが少々面倒。

交換の結果、明らかにdBが上がり全チャンネルが一応可視できるようになりました。
ただし、ブロックが出るチャンネルも残っています。
ここから先は計画を立てて行うことになり、予定されるのは以下の機材。

【3500円以上お買い上げで送料無料】日本アンテナ 簡易BS/UHFチェッカー NL30S【smtb-u】 【3500円以上お買い上げで送料無料】日本アンテナ 簡易BS/UHFチェッカー NL30S【smtb-u】

販売元:Webby
楽天市場で詳細を確認する

YAGI 高性能UHFパラスタックアンテナ 20素子オールチャンネル用 F型用 CLUS-W20CR YAGI 高性能UHFパラスタックアンテナ 20素子オールチャンネル用 F型用 CLUS-W20CR

販売元:八木アンテナ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ま、先のことです。

2010年9月24日 (金)

地デジ

アナログ放送は2011年5月に終わってしまいます。
なので地上デジタル放送に対応するようにとあちこちで広報されているのですがどうも気が乗りません。
何しろ時報すら流せないシステムなのです。
緊急警報を流しても音が出るのは数秒後です。
対応には少なくともチューナーが必要です。
アンテナはUHFでよいというのですが出力が恐ろしく小さいので方向は検討する必要があります。
これもテレビを更新した際に調整してもらったのですがろくに映らないのです。(ブロック混じりに4局?)
アナログなら10局も映るのです。
デジサポにも出向いたのですが要領を得ません。(30素子に上げるか2本目のアンテナを上げて混合器とハイパス・ローパスフィルタで局を増やすか相談したのに・・・。)
地域的には基地局の境界で、補助局の背面で条件が不利なのも分かりました。
しかもこの補助局は垂直偏波です。

夏の間は屋根瓦が焼けて上れませんが秋風が吹いて腹を括って7メートルの空の下に出ます。
アンテナの状況はこんなものです。
Dsc03266
左右に振っても大きな効果がありません。
仕方なくチャンネル数激減覚悟で補助局の垂直偏波に期待します。
Dsc03271
90度振るのは蝶ねじ2個だけ。

ところがこれだけでゲインが倍出たのです。
30km先の局まで串刺しにして12局埋まってしまいました。(2局はちょっと弱い)
どうやら九州にも垂直偏波の局があるようです。
つーか、垂直偏波なんて不勉強だと電気屋でも理解できてないようです。

2009年6月28日 (日)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の初日に行ってきました。
 舞台は極北で永久凍土から発掘された使徒と新登場のマリとのいきなりの実戦で始まります。 その現場からすれ違うように梶が帰国し日本でも物語が回り始めます。 TV版と同じ人間関係の微妙な葛藤と使途殲滅が進んでいきますが綾波の重要度が際立ちます。
 父への反発から初号機を降りたシンジ。 強力な使徒の前に次々と防御の手段を失うジオフロント。 綾波もシンジを守るための捨て身の攻撃に敗れ使途に取り込まれます。 シンジは綾波を取り返すために、エゴのために再び初号機に搭乗します。 が、取り込まれた綾波を取り戻すということは使徒との直接接触による新しい生命の誕生、つまりサードインパクトによる人類の滅亡を意味するのでした・・・。

 絵の作り込みは「序」をも上回る圧倒的なものです。 映画館では後ろよりの席でないと動きについていけません。 ストーリーもオリジナルのものに変わっていきますが懐かしい展開も残してあります。 後半に入ると挿入歌にぶっ飛びます。「今日の日はさようなら」と「翼をください」ですが結構キッツイ使い方です。 今回もスポンサーネタ、ローカルネタ満載・・・なのでしょうが一部しか分かりません。 その「一部」でも個人的にはシビレるのですけどね。

 嫌な予感がしたので前売りの指定席を買ったのですがやはり行列ができていました。 ひとつの行列は発券窓口でもうひとつはグッズの売り場の行列です。 そこまでは財布と気力が続きませんから飲み物でも買って・・・。
Dsc01085
 今回もつい買っちゃいました。 フィギュア付で安くはないですわ。 いっそシモラク牛乳も置いてください。

2009年5月20日 (水)

知るや君

知るや君
 
こゝろもあらぬ秋鳥の
声にもれくる一ふしを
        知るや君
 
深くも澄める朝潮の
底にかくるゝ真珠を
        知るや君
 
あやめもしらぬやみの夜に
静にうごく星ぐつを
         知るや君
 
まだ弾きも見ぬおとめごの
胸にひそめる琴の音を
        知るや君

**************************

島崎藤村の若菜集に収められた一編ですがサキタハヂメが曲を付け熊本野映がNHKの朝7時のシャキーン!で歌っています。さわやかなテンポがよい曲でお気に入りですがこの歌には現代語訳の別バージョンもあります。
もっともウィークデイの朝7時は通勤途中ですから水曜日の19:25からのシャキーン!ザ・ナイトで見ています。期間限定ですからそのうち別の曲に変わりますけどね。

2007年9月 1日 (土)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

 前作も行きましたがヱヴァンゲリヲン新劇場版:序に行ってきました。
 新作として見た人には濃すぎて辛いかもしれませんが古くから付き合いがあるアニメなので楽しめました。
 ヤシマ作戦までをTV版のあらすじを変えずに旧セルにCGからも起こした大量の新セルを加えたもので、監督のヲタク趣味にかなり走っているのが心地よいです。

 レビューは世間に任せるとして類は友を呼ぶものでグッズの類の自主パロディーが泣かせます。
Dsc06345  見た目は普通の劇場用セットなのですがサイドやボトムにくすぐる文字が並んでいます。
 つくづく好き者がおりますなぁ。

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ