カテゴリー「旅行・地域」の記事

2014年8月24日 (日)

狩房淡幽の見る景色

漆原友紀が描く「蟲師」の登場人物の狩房淡幽は石塔原に住んでいます。
ピナクルが林立する石灰台地で代表的なのは秋吉台です。
P8230022P8230021
漆原友紀は山口県出身なので納得してしまいます。
秋吉台に住んでいた人は過去には存在し、その屋敷が住民とともに失われた跡に縁者が偲んで木を植えたのが長者ヶ森といわれています。
物語は「江戸期と明治期の間にある架空の時代」で狩房淡幽は人里離れたこの土地に屋敷を構え禁種の蟲を少しずつ封じる日々を送っているので、現在ただの森になっているのなら狩房家は禁種の蟲から解放されたのだろうな、と勝手な想像をしています。P8230076
実際に長者ヶ森の屋敷が築かれ失われたのは鎌倉時代といわれており蟲師の時間軸とは大きく違います。

蟲師に出てくる洞窟は秋芳洞を意識しているのかもしれませんがもっと興味を引くのは光脈の存在です。
蟲師で語られる光脈は光酒の地中の流れで、流れるものは違うものの地下の川といってもいいです。
秋吉台は地下の川だらけなのです。
有名なものでは帰り水という谷底(ウバーレ)に地下の川が15メートルの長さだけ地上に露出したものです。
P8230051P8230054
雨水は石灰石を溶かしながら浸透し地下に水脈を形成するので地下を動き回ることはないのですが光脈は長い期間には動いてしまいます。
地下の川を見ることができれば主人公の気分も分かりそうです。

2014年5月15日 (木)

東後畑の棚田2014

ことしも長門市の棚田を見に行っています。

稲が伸びるのは驚異的に早いので田植え一週間後まで限定でしょうか。
月がないと地上が見えないので棚田への映り込みを撮るには実質数日しかチャンスはありません。

2013年6月10日 (月)

東後畑2013

日本の棚田百選は1999年に選定されましたが山口県では唯一箇所選ばれています。

 長門市油谷町東後畑

棚田が造られるほどなので田舎の斜面ですが海へ落ちるように連なる田が特徴です。
海はイカ漁が盛んで漁火が出るため田植え前後の夕は日本各地のカメラマンが集まります。
駐車できるのは30台もないはずで午前中から夕の30分ほどのチャンスのために撮影の場所取りが始まるのは勤め人にとってはつらいところです。
そもそも梅雨なので夕焼けが期待できるとは限りません。
あまりのつらさに2009年に撮影してからはしばらく遠ざかっていました。
2013年はカラ梅雨でタイムラプスの対象によさそうなので再度挑戦しています。
それにしても場所取りは当時よりさらにヒートアップしているように見えます。

で、撮れるのがこんな画です。
ちょっと陽が傾きすぎましたが普通の作例はネットのほうがよほど佳作があります。
Tateishikannon20130603pmd

勝ち目がなければ素直に天体写真にしちゃいます。
Higasiushirobata20130603pmes_2

結局今年は3日撮影できました。
Higasiushirobata20130525amcsHigasiushirobata20130525ambs
Higasiushirobata20130525amas_3
Higasiushirobata20130531pmcs

この方法だとどこに港があるのか分かります。

今回の動画はしっとり目です。




2013年3月 3日 (日)

空を行く2005

宇部の常盤公園には屋外彫刻が100点も展示してあります。
ただし、過去の入選作はそんな数ではないので市内にもう100点も点在しています。
この中の珍品が西野康造氏の「空を行く2005」です。

通常の彫刻は作家の意図した形というのがあるはずなのですが、この作品は風で動いてしまいます。
したがってスチルで撮るとその直後には動いてしまうのでスチルで撮った作品は存在しなくなってしまうのです。
そこでこの作品をタイムラプスする暴挙に出ました。

面白い彫刻でしょう?
当然、風向が変われば作品は変わるのでこのビデをでも半分しか表現していません。

2013年2月25日 (月)

秋吉台の山焼き2013

山口の春は山焼きとともにやってきます。
これがなかなか気まぐれで、草が濡れていれば順延、風が強ければ順延、マラソン大会があれば順延と下手をすると2月中の予定が3月中旬までずれかねません。
今年は1週延びて2月16日でした。

実は夜にも「野火の祭典」というイベントがあり、展望台正面の若草山に火を放ち夜空を焦がします。

現場で山焼きを見ると五感で楽しむものだと理解できます。
スチルだと炎という視覚に限られるのですが、動画だと風と音を知ることができます。
特に草がはぜる音は山焼きの醍醐味です。
さらに現地に立つと草の燃える臭いと炎の熱を知ることになります。

現場で一番驚いていたのは野うさぎとキジのようでしたが。

2013年2月24日 (日)

白滝山

下関市北部の白滝山は事業用の林道が山頂周囲まで延びており、山頂の途中から30分ほどで山頂に着きます。
Dsc01120
南斜面から上るのですが北斜面は凍結し山頂には雪が残っています。
途中で風力発電会社の作業道を横切りますが作業道は一般車両立入禁止です。
Dsc01115
山頂より高いところに風車が回って音を立てているのはいただけません。
Dsc01124
山頂の見晴らしは北西のみ開けています。
日本海まで広がる景色は悪くはないですが何しろ風車がうるさいです。
Dsc01123
反対側には一位ヶ岳が見えます。

2012年12月 8日 (土)

阿蘇の雲海は星の下にたなびく

連休は阿蘇にいました。
2日目は実質野宿で一晩中阿蘇を狙うつもりだったのですがガスが取れません。
日付が変わるころに安定してきたので微速度撮影を開始します。
Daikanbo20121124ams
大観望(NEX-5)
真南の阿蘇中岳が正面にきます。

Laputa20121124pms
Laputa20121125ams
ラピュタ(NEX-C3)
通称ですがごらんのように道が天空に浮かぶためこの名があります。

Comp20121125
カブト岩(EOS kiss X2)
雲海は太陽の光で拡散され消散するので真西に向くカブト岩は人気のスポットです。

では動画をどうぞ。

2012年11月29日 (木)

瑠璃光寺の夜

山口県内にはただで見ることができる国宝がいくつかあり、そのひとつは瑠璃光寺五重塔です。
Rurikoji20121110nrms
Rurikoji20121027ams3s
Rurikoji20121110trm
Rurikoji20121110ws
もともと瑠璃光寺は山ひとつ向こうの仁保にあった寺です。
今の場所は香積寺の寺跡で、香積寺は毛利が萩に押込めになった野に伴い萩へ移っています。
五重塔もその際に解体されて建設資材にされるところだったのですが住民の懇願で残されました。
そこに瑠璃光寺が移ってきて現在の姿になりました。


2012年11月14日 (水)

角島の星空

角島は下関市のはずれの北浦の島です。
橋が架かったことで知られるようになり、HEROのスペシャルで全国区の観光地となりました。
Tsunoshima120603
角島大橋の魅力はこの青い海と白い砂にあります。
Simado120603
観光シーズンに山口県で渋滞する場所は限られるのですが角島はそのひとつになってしまいました。
でも夜は閑散としています。
Tsunoshima20121020n5s
でも照明明るすぎ。
Tsunoshima20121020n3r
アングルを変えてもこんなものです。

角島の名所といえば元々は灯台です。
Dsc07249
これらをつないだ動画も作ってみました。

光の権化のように思われがちな灯台のほうが撮りやすいというのが皮肉です。

2012年10月25日 (木)

やまびこ農園に

三瓶山から朝風呂は温泉津温泉の元湯です。
Dsc00106_1
1300年の歴史がある古湯で炭酸水素塩泉なのに析出スケールで閉塞していないのはすごいです。
温泉津温泉は世界遺産の温泉です。
銀の積み出し関連施設として見ものが多い地域です。

昼食はそば処 田中屋釜揚げそばをあてにしていたのですが平成25年5月まで改築のため閉店なのでおなじみ荒木屋さんの割子そばにしています。
Dsc00133
開店待ちの他のお客と和気藹々といただきます。
このあと昼ごはんのことを考えなければ鴨南蛮をたのんだところです。

実は出雲は博覧会の最中です。
イベントは多いものの既存のお客が少ない島根県立古代出雲歴史博物館をコアにして展開する博覧会で出店部分は入場無料です。
今時なのでゆるキャラも跳ね回っています。

Dsc00134Dsc00140Dsc00147Dsc00156

さらに30周年を迎える島根ワイナリーに寄っていますが思えばこのワイナリーの開業直後から遊びに来ていることになります。
併設されたレストランは高いので寄ったことがありません。
どうせ高いのならこれです。
Dsc00164Dsc00166
大はかやのうなぎです。
高いので並です。
これでも1950円ですが滅法うまいので食後は納得してしまいます。
それにしても何でお墓の横に店を立てたのやら。

結構暑かったので玉造温泉のゆ~ゆで湯を借りて・・・ビルの5階に湯屋を置くと明らかなポンプアップです。
そこから道を間違えながらやまびこ農園の出雲星空観望会2012になだれ込みます。





より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ