« 5月の秋吉台 | トップページ | 東後畑2013 »

2013年6月 8日 (土)

SONYαNEXのノイズ

最も安いAPS-Cサイズの一眼デジとしてSONYαNEX大好きです。
困ったことにシリーズで画質に一貫性が期待できません。
ISO12800で撮ったダークフレームを強調するとこんな差が出ます。

SONYαNEX-5
Nex5s

SONYαNEX-C3
Nexc3s

SONYαNEX-5N
Nex5ns

SONYαNEX-5Nがこの中では最も優秀です。
普通はISO12800なんて使う場面はないでしょうが天体写真では「もっと光を!」と求めるのが常なので改造機に回したいほどです。
バッテリー1本で430枚撮影可能なのも優秀でタイムラプスに投入しています。
ちなみにC3は400枚、5は330枚です。
順に3時間35分、3時間20分、2時間45分撮影可能な計算です。

ノイズが少ないというのは夏が楽しめるのです。
デジカメは一般に夏が苦手で昔はノイズの海から画像を掬い上げる用の作業でした。
できればもう2台ほど欲しい・・・予算無いですね。

« 5月の秋吉台 | トップページ | 東後畑2013 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/51940772

この記事へのトラックバック一覧です: SONYαNEXのノイズ:

« 5月の秋吉台 | トップページ | 東後畑2013 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ