« アンタレス周辺 | トップページ | さそりの尾っぽ »

2012年5月10日 (木)

干潟星雲

夏の天の川は南に低いいて座の方向が銀河の中心方向で明るいです。
干潟星雲はその中でも目立つ存在です。
M8120427am2jbs
干潟星雲の上に三裂星雲が小さく見え、左上はバンビが見えます。
[モデル]
  SONY  NEX-5改
[撮影日時]
  2012/04/27 02:29:48
[シャッタースピード]
  30.0 秒
[ISO感度]
  3200
[レンズ]
  EF85mmF1.8+LPS-V4
[撮影場所]
  ヒゴタイ公園

干潟星雲を東の端に置くと右にパイプ星雲という名の暗黒星雲が見えます。
M8120427am2jas

« アンタレス周辺 | トップページ | さそりの尾っぽ »

「天文」カテゴリの記事

コメント

赤いところに目が行きますが、暗黒星雲を楽しむのもいいですね!
パイプ星雲ですか。右上のところの部分でしょうか?
でも、なんで黒いのかなあ、ガスなのかなあ?

暗黒星雲は星の光も通さないほどのガスです。

望遠鏡以前は天の川は天体に満ちているけど春の星空は寂しいことになっていました。
今は天の川が無いから春は恐ろしい数の系外銀河を見ることができます。
ただしそこにも暗黒物質(ダークマター)が満ちています。
天の川銀河の暗黒星雲とことなり素粒子なので光をさえぎることも無いのに質量があるのです。
「暗黒」が満ちているという逆説的な世界こそが我々のユニバースですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/45200658

この記事へのトラックバック一覧です: 干潟星雲:

« アンタレス周辺 | トップページ | さそりの尾っぽ »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ