« 霜降山 | トップページ | 「はやぶさ」帰還カプセル巡回展示終了 »

2012年4月 1日 (日)

超高感度ビデオカメラ

簡単撮影を行うときは毎度TGv-Mを使っています。
一般的にはWAT-120N+というwatec製品を使うのですがこれが生産終了になり、2012年カタログから落ちてしまいました。
ちょっとドット落ちが気になるので懐に余裕ができたらスペアが欲しかったのにあっという間に市場から消えてしまいました。
正直、デジカメの感度というのはWAT-120N+と大差ないのです。
カラーと白黒の差があるとはいえこれは大変な強みでした。
Dsc01494
万一、今のTGv-Mが壊れたら即、休眠になりかねません。
困ったことです。

« 霜降山 | トップページ | 「はやぶさ」帰還カプセル巡回展示終了 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

WAT-120N+の後継機を開発中だそうですよ。
開発中のものは蓄積型のもので、これまでと同様にハンドリモコンが
あるとのことで発表は販売店を通じて行うとのこと。
WAT-100N のような非蓄積でリモコン付きのものの開発予定はないそうです。

ありがとうございます。
WAT-100Nは代替があるのですがWAT-120N+のようなカメラは無比なので楽しみができました。

新しいビデオがHDMI出力だと別の悩みが出そうですが、監視カメラの世界はまだNTSCですからどうなるやら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/44717966

この記事へのトラックバック一覧です: 超高感度ビデオカメラ:

« 霜降山 | トップページ | 「はやぶさ」帰還カプセル巡回展示終了 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ