« forest cafe BEAR | トップページ | ヒゴタイ公園の9月(2011)の1 »

2011年10月 5日 (水)

φ200mmF6.3でのNEX-5+LPS-V4

ともかく今年は晴れないので久々の新月期の晴天だと即臨戦態勢です。
22日も仕事が終わると荷造りして秋吉台行きです。
今回の目的はSONYαNEX-5改+LPS-V4での星雲撮影の性能を掴むことです。
先のF3.3レデューサでは周囲がけられるうえに収差が出るので実際の撮像範囲は1度ほどと把握しています。
これをF6.3レデューサに替える試みでAPS-CサイズのCMOS全面が活用を目指します。
反面では光量が半減するので、強引にでも撮像可能か確認します。
Dsc00075
交換したAUTOSTARも4.3Eにファームを上げても好調です。
ステラナビゲータも望遠鏡の選択をLX200にすれば全く問題ありません。(ウエッジがない場合どうなのかは不明)
ピントはBahtinov Maskで合せますがファインダーがないので液晶上の小さな像で調整することになります。
手持ちのBahtinov Maskはφ200mm×2000mmL用なのでφ200mm×1260mmL用を起こしなおせばマシになるかもしてません。
まずは夏の名残・・・と思ったのですが薄明直後でもないともういて座が狙えませんし次々に雲がかかるので思い通りにはいきません。
晴れているところに対象を探して地味に撮影します。

M27亜鈴星雲
M27110922pm1260
NGC7293らせん星雲
Ngc7293110922pm1260 
中途半端な時間からの観測で、対象についてはノーアイディアですがステラナビゲータから自動導入させるので何とかなります。
「何とか」の極みが彗星で現在ホットなのはギャラッド彗星です。
C2009p1garradd110922_2302pm
78Pも小さいながら写ります。
0078pgehrels20110923_0107am1260
赤くないのにLPS-V4が使えるか疑問はあるでしょうがちゃんと写ります。
赤外線の漏れ出しと彗星対応がLPS-V4発売時のウリだったので当然でしょう。
彗星っぽい天体のブラックリストがメシエカタログで確かに惑星状星雲は昔の望遠鏡なら彗星に見えそうです。
M57110922pm1260
M57リング星雲の後、NGC6960を撮ったのですが今ひとつ。
Ngc6960110922pm1260
コントラストが低下し始め、大きく西から雲が流れ込みました。
結局は機材を野ざらしにして寝転がり流星観測状態。
せめて固定で美速度撮影でもしていれば、と後付では思うのですが現場では「そのうち晴れる」と言う思いで機材セットできません。
やがて仮眠状態になり目が覚める頃ようやく観測可能になりました。
Ngc6992110924am
網状星雲の相方のNGC6992から再開です。
左下はアンプの熱被りです。
ISOをいっぱいまで上げたので左下にアンプの熱被りが明らかです。
冷却NEXが欲しくなりますね。

効果があるのは星雲がメインで銀河は対象外です。
M31も全く面白くありません。
M31110923am
M33には星雲があるので赤く写る部分があります。
M33110923am
実力があれば画になるのかもしれませんがアンプの熱に負けています。

対象が冬物に移行します。
そのうちオリオンが上り忙しくなります。
オリオンからふたごにかけては今回のテストの対象が多いからです。
ただし、月も上がってしまうのでLPS-V4の遮光性能に依存した撮影ともいえます。
M1かに星雲
M1110923am1260
NGC2174モンキー星雲
Ngc2174110923am1260
IC443くらげ星雲
Ic443110923am1260
IC434馬頭星雲
Ic434110923am1260
NGC2024燃える木
Ngc2024110923am1260
M42オリオン大星雲
M42110923am1260
この星雲は本来さまざまな色が入り混じるから趣があるのですが単色になってしまいます。

ちなみにF3.3レデューサだとこうなります。
TGv-M(WAT120N)はこのイメージサークルの中心だけを使っていることになりますね。
Alnitak110923am660 M42110923am660
それでもバラ星雲はあふれます。
Ngc2244110923am660
先のモンキーとくらげは収まります。
Ngc2174110923am660
Ic443110923am660
かといって200mmだと迫力不足になるバラ星雲はどうしたものか。
Ngc2244110923am200a
NGC1499カリフォルニア星雲は淡い広がりがあり、収まりがいいです。
Ngc1499110923am200      
結局明け方までかかってしまい撤収しました。

このNEX-5は次のバージョンが出てしまいました。
案の定タッチパネルです。
旧型なら赤外化は致し方ない?・・・んな訳ないか。

« forest cafe BEAR | トップページ | ヒゴタイ公園の9月(2011)の1 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/42099822

この記事へのトラックバック一覧です: φ200mmF6.3でのNEX-5+LPS-V4:

« forest cafe BEAR | トップページ | ヒゴタイ公園の9月(2011)の1 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ