« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

NEX-5改+LPS-V4でご町内から星雲を撮る

SONYαNEX-5は赤外側がシャープにフィルタリングされており赤外星雲は得意としません。
そこでInvisible Light TechnologyさんでUV/IRカットフィルターを除去してもらいました。
そのままではホワイトバランスがぶっ飛んだだけのデジカメですのでフィルターで適切に情報を取り出す必要があります。
天体以外に光源がないところであれば楽なのですが日本は街の間隔が狭すぎます。
光害がある自宅で撮れればありがたいです。
ナローバンドフィルターであれば蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯の影響は受けにくくなります。
カラーでナローバンドは空しいしお値段の都合もあるのでセミナローバンドネビュラフィルターLPS-V4を選んでいます。
・・・というのがこれまでの流れですね。

26日はちょい撮りなのでASTROTRAC TT320Xを使いEF300が入院中なのでEF200で光量を稼ぎます。
Dsc01409

NGC7000北アメリカ星雲は実績ありますので今回はRAWで撮ってみます。
Ngc7000111026pmraw2
原寸で左がRAWで右がJPEGです。
Dsc01158raw Dsc01158jpg
画像処理エンジンによるものかJPEGは白が赤にずれ、コントラストが上がっています。
色のことを言わなければ手がかからないJPEGでよさそうです。

左がIC1848散開星団、右がIC1805散開星団です。
大きな散光星雲部分はNGC/ICもありません。
ハート星雲の右端の明るい部分だけはNGC896で、この左に隣接する部分がIC1795です。
Ngc1027111026pm64
ハート型の星雲なんてどうやってできたのでしょう?

NGC1499は明るくて手ごろですが実は左下に淡く長く続きます。
Ngc1499111026pmsi

自宅でこれだけ撮れれば上等でしょう。
系外銀河だと光害フィルターになるのであまり期待できないのが残念です。   

2011年10月24日 (月)

温泉津温泉 元湯泉薬湯

石見銀山は1309年に発見されていますが温泉津温泉の元湯は700年頃の発見と伝承されています。
出雲風土記の成立に前後した時期のためか文書に記載がありません。
当時の湯屋はどうなのか見当が付きませんが、現在は伝統的な破風の構えです。
Dsc00383
破風がないとただのコンクリ平屋なので湯屋だと分かりません。
源泉は隣の温光寺の地蔵堂の床下です。
Dsc00398
脱衣所がありますから古いとはいえ1968年の形式で唐破風は古い湯屋から移したそうです。
小浴場「松の湯」の遺構もあります。 (女性側は「梅の湯」)
Dsc00393
湯屋が開くのは5時半です。
17時半ではなくでたらめな早朝ですが、早く来る客の声に応えていたらこうなったそうです。
湯船は古い湯屋の約束どおり半地下にあります。
Dsc00384
渋い色なのはナトリウム-塩化物泉で析出があるからです。
源泉は50℃で右の湯船に注がれるときは「ちょっと」下がります。
温度計が付いており当日は46℃を指していましたがどうかすると48℃あたりまで上がります。
Dsc00388
ということは那須湯本温泉の元湯鹿の湯クラスの劇熱風呂です。

高温の湯船の下方に湯の抜き口があり左の湯船に流れます。
したがって観音が祀られた湯口は使われていません。
Dsc00390
  それでも42℃クラスの湯なので油断していると痺れます。
そのため新湯が多くできないのが悩みどころでしょう。

2011/10/01入湯

2011年10月16日 (日)

本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)

 45Pは1948年12月3日に本田実が発見した周期彗星で2011年8月15日に、地球に0.0601AU以内に接近したそうです。
 間が悪くずっと撮影を逃してきましたが10月8日の早朝にようやく撮影。
0045phondamrkospajdusakova111008_05
東の空なのできらら自然観察公園でよさそうなものですがガスを避けてさまよって秋吉台の長者ヶ峯展望台
9月には2度程度伸びていたそうですがこのときは1度しかありません。
もっと早めに撮り始めればよかったのですがこんなものを撮っていました。
NGC2244バラ星雲
Ngc2244111008am300
いずれもEF300F4で30秒露出です。
Canon EOS Kiss X2の240sec露出が下ですからえらく高感度です。
Ngc2237101212am5
星と星雲の感度の差に由来する効果です。

M42
M42111008am300t2
青い星雲が描写できないのが残念。
彗星を撮った後でもっと青いのを撮りはしましたが・・・。
M45111008am300t
M45ががっかりな有様。
ノーマルシステムで考え直します。

2011年10月15日 (土)

一蘭(黒崎インター引野口店)

一蘭には2009年に行ったみたいですが当日のデータが飛んでいるので不確実です。
2011年には天神で最も長い行列を作るラーメン屋になって実食を断念したこともあります。
ですが店舗数が急速に増えているのでその気になれば各地で苦労なく食べられます。
今回は黒崎で食べています。
Dsc00887
「業界初」が大好きらしく突飛なシステムが商売として成功しています。
人は自分が能動的にかかわったことは成果を上げてほしいという心理が働きます。
スポーツ観戦などを見ても分かるように程度の差こそあれどちらかを応援する心理が働くものです。
一蘭はメニューは「ラーメン」のみなのですが好みを細かくチェックシートに記入してオーダーします。
Dsc00866
自分の好みを能動的に指定して作られたラーメンを否定できる人間はそんなにいるものではありません。
こうして一蘭の味が否定される機会はほとんどないのです。
Dsc00872
席も独特な間仕切りを施されており「食べることに専念」できるようになっています。
Dsc00883
女性の一人客には間違いなく好評と思われますが、その一方ではグループ客の雑談を遮断し食事のスピードを上げさせることで回転率を上げる効果も期待できます。
注文は食券、コールはボタンで行いますから一言も発することなく細かく指示したラーメンを食べることが可能になっています。
沈黙したまま個室に入り一言も発せずに店を出るなんていかがわしさ漂いますがちゃんとしたラーメン屋です。

ベースになるスープは低酸素発酵が起きないように丁寧に仕事がされているのは間違いないですがトレードオフで濃厚にはなりません。
そのため全部「普通」でオーダーするとちょっと薄めで唐辛子が効いたラーメンになります。
薄いのか上品なのかは意見が分かれそうですが「濃い味」という選択肢があるので2回目以降は問題ありません。
麺は自家製麺で細さの割りにソフトなもので、これも茹で加減が指定できます。
Dsc00874 Dsc00873
指定できる幅が広いということは一般に良いことですが、逆に言えば店側に理想のラーメンというポリシーがないともいえます。
「いいラーメン」と「いいラーメン店」は同義ではないと改めて知るとともに離れブーム、家族湯ブーム、個食ブームの行き着いた末を見たようです。

2011年10月14日 (金)

そば処 田中屋

出雲大社に詣でると条件反射のように蕎麦屋を探すことになります。
冷した蕎麦がうまいのは昔から霜から梅雨までの寒の時期といわれますので出雲の人間は寒い時期に震えながら割子そばを食べるのが当たり前・・・ということは無さそうです。

一段高い参道入口の脇にある田中屋は人気の蕎麦屋で店の外にも待合用の椅子が並べてあります。
Dsc00488Dsc00430
もちろん多くの人は蕎麦の旬や暑寒を無視して割子そばを注文するのですがメニューの中に「釜揚げそば」というのがあります。
「釜揚げ」というネーミングがなんだか怪しいですが初詣の客に釜から湯ごとすくった蕎麦を饗したことに由来するそうです。
当然そのままでは出汁がかかっていないので割子そばと同じ出汁をかけていただく大変温まるそばです。
Tanakaya
ちなみに普通のそばは釜からすくって冷水で締めていただくのでそばの歯ごたえがありますが釜揚げの場合はふんわりと仕上がります。
そばの香りは釜揚げそばのほうが豊かなのは明らかですね。
Dsc00427 Dsc00428 Dsc00426Dsc00423 
値段割りに十分おいしいですが強いていうならネギと天かすは好きなだけ取れたらうれしいです。(それは釜揚げうどんじゃない?)

2011年10月13日 (木)

出雲星空観望会2011

出雲天文同好会の出雲星空観望会に参加したのは10月1日のことです。
17時に現地に入ればいいのですが当日は両陛下ご出席の国体の開会式で迂闊な時間に通りがかると妙な機材の山に不審尋問の上連行される恐れがあるので5時半に起き出して出発です。
途中、温泉津温泉の元湯で46℃の熱い湯で目を覚ましそばを食べてやまびこ農場入り。
Izumohosizoraka20111001pm
何の写真だか分からないでしょうから解説写真も。
Dsc00940
闇夜の半曇りの中をごそごそしている図でした。
当然動画にもしてあります。

今回の目的のひとつはTGv-Mならどう写るか?というものです。
M8_カナルの様子がよく分かります。
M8111001pm
NEX-5作例と比べると星の数が多くシャープな印象があります。
M8nex5t 
M20_周囲までよく出ています。
M20111001pm
M17_ちょっと窮屈そう
M17111001pm
やはり白黒は感度が高いです。

ならば彗星もいけるはず。
ギャラッド彗星_これはNEX-5で撮れています。
C2009p1garradd111001_2035pm
78P_これも場所だけならNEX-5で追えます。
0078p111001_2048
213P_これはNEX-5ではお手上げでしたがTGv-Mならいけます。
0213p111001_2045
バーナードもTGv-Mなら写ります。
D1884o1111001_2328
やはり機材も適材適所です。
今回も前半は一般観望会でしたからTGv-Mで正解です。
でもEOSはEOSユーティリティで似たようなことが可能なのです。
厳冬期観望用にちょっと煮詰めてみたいアイディアです。

2011年10月11日 (火)

王司パーキングエリア(下り)肉うどん

高速道路のパーキングエリアのうどんがめっぽう美味いことがあります。
有名なところでは基山のうどんですが、肉うどんとなると山口にも有名どころがあります。

山口県の肉うどんというのは駅のホームのうどんにその端を発していると思われます。
小郡駅のホームにあった鬼笑亭が有名でこのうどんを食べるためにわざわざ電車に乗る人がいたほどです。
かけうどんに甘辛く炊いた牛肉を乗せたものでベースとなるかけうどんの出汁と肉の出汁が混じってうまみが倍増するのです。
現在は県西部の小さなうどん屋で一般的に食べることができます。
このうどんを高速道路でも食べられるのが王司パーキングエリアです。
味に細かいことをいう人だと下り線を指定します。
Dsc00730
一味唐辛子が効きます。
麺はつるんと柔らかいです。
Dsc00731 Dsc00732
山口県人には当たり前の味ですが、通りすがりの人はこの肉をかみ締めた時の滋味に感動があるようです。 

ヒゴタイ公園の9月(2011)の2

NEX-5改システムはかくて現在の守備範囲が12mmから2000mmとなるので対象天体が多すぎます。
ただし、主鏡を使う1260mm以上はLX90-20がそれなりにお粗末なので星が甘く、ピリオディックモーションエラーなんて測定以前の話で、欲張っても60sec以上の露出はかける気になれません。
30sec程度であればボツ画像も5割以下ですみますからNEX-5の設定最長露光時間の30秒を多用することになります。

でもペリカン星雲のクローズアップはなんだかさっぱり分かりません。
Ic5070110923pm1260
やはり、200mmじゃないとまともに写りません。
Ngc7000110924am1260a
つまり、1260mmで明るかったのはペリカンの頭だったのですね。
NEX-5改はEOS X2改と違います。
Ngc7000110923pm1260x2a
LPS-V4が滅法強力だともいえます。
NEX-5改は本来赤外がダダ漏れ状態なのでコントラストは高くありません。
これをLPS-V4でOⅢ、Hβ、彗星のC2コマ、Hα、NⅡの輝線だけを見るようにすると星雲のコントラストは格段に向上することになります。
NGC5146まゆ星雲(1260mm)
Ic5146110923pm1260
ギャラッドは問題なし。
0078pgehrels20110923_2110pm1260
ゲーレルスでもう限界です。
0078pgehrels20110923_2206pm1260
200mmで写したサドルの周囲は想像を絶する星雲です。
Sadr110924am200
NGC1499カリフォルニア星雲はやはり格段に写し易いです。
Ngc1499110924am200
IC434馬頭星雲は想像以上に広いです。
Orion110924am200r
NGC2244バラ星雲もコントラストが高くて助かります。
Ngc2244110924am200t
さらに18mmで西を写すとはくちょう座もこうなります。
Cyg110924am200
東に向けるとオリオン座の星雲群です。
Orion110924am

月が出るまで地味な観測は続くのでした。
Higotai110924am
毎度ながらのTIME LAPSE(微速度撮影)です。     
 

2011年10月10日 (月)

ヒゴタイ公園の9月(2011)の1

9月23日未明まで秋吉台いにいて秋の彼岸の中日なので墓参で帰りにイタ飯。
Dsc00096Dsc00093
食後にだらけていたのですが「そうだ!久住に行こう!」と出支度。
その頃には各機材の再充電も終わっています。
連休=渋滞の図式にはまりたくはないので日田からはファームロードを使い日没と競うようにヒゴタイ公園で福岡連と合流しスープカレーをご相伴に預かります。
夕方に滑り込んだのは昨夜撮りこぼしのいて座の星雲を撮るためです。
LX90-20+F3.3レデューサ+SONYαNEX-5改(30秒露出)+LPS-V4の饗宴の始まりです。

M8干潟星雲_貫禄ですね。これでもはみ出しています。
M8110923pm1260
M20三裂星雲_当然ですが赤が強すぎて青が出ません。
M20110923pm1260a
M17オメガ星雲(スワン星雲)_画角がいいですがもっと広くても被写体があります。
M17110923pm1260
M16わし星雲_いいですね。暗黒帯が甘くなるかと思ったら結構シャープです。
M16110923pm1260
おまけのM13_球状星団は星間物質を消費し尽くし星雲はないようです。
M13110923pm1260

後は昨夜のなぞりです。
条件は昨夜よりよいはずです。
ですがM57はそもそも露出オーバーの有様。
M57110923pm1260
M27亜鈴星雲_原寸に近くなると結構ひどいですな。
M27110923pm1260
NGC7293らせん星雲_ちょっときつめに処理すると破綻します。昨夜のほうが処理がうまくいっています。
Ngc7293110923pm1260s
網状星雲3枚いっときます。
Ngc6992110923pm1260
Ngc6960110923pm1260
Ngc6960110924am200
最後のはEF200F2.8で撮っています。

2011年10月 5日 (水)

φ200mmF6.3でのNEX-5+LPS-V4

ともかく今年は晴れないので久々の新月期の晴天だと即臨戦態勢です。
22日も仕事が終わると荷造りして秋吉台行きです。
今回の目的はSONYαNEX-5改+LPS-V4での星雲撮影の性能を掴むことです。
先のF3.3レデューサでは周囲がけられるうえに収差が出るので実際の撮像範囲は1度ほどと把握しています。
これをF6.3レデューサに替える試みでAPS-CサイズのCMOS全面が活用を目指します。
反面では光量が半減するので、強引にでも撮像可能か確認します。
Dsc00075
交換したAUTOSTARも4.3Eにファームを上げても好調です。
ステラナビゲータも望遠鏡の選択をLX200にすれば全く問題ありません。(ウエッジがない場合どうなのかは不明)
ピントはBahtinov Maskで合せますがファインダーがないので液晶上の小さな像で調整することになります。
手持ちのBahtinov Maskはφ200mm×2000mmL用なのでφ200mm×1260mmL用を起こしなおせばマシになるかもしてません。
まずは夏の名残・・・と思ったのですが薄明直後でもないともういて座が狙えませんし次々に雲がかかるので思い通りにはいきません。
晴れているところに対象を探して地味に撮影します。

M27亜鈴星雲
M27110922pm1260
NGC7293らせん星雲
Ngc7293110922pm1260 
中途半端な時間からの観測で、対象についてはノーアイディアですがステラナビゲータから自動導入させるので何とかなります。
「何とか」の極みが彗星で現在ホットなのはギャラッド彗星です。
C2009p1garradd110922_2302pm
78Pも小さいながら写ります。
0078pgehrels20110923_0107am1260
赤くないのにLPS-V4が使えるか疑問はあるでしょうがちゃんと写ります。
赤外線の漏れ出しと彗星対応がLPS-V4発売時のウリだったので当然でしょう。
彗星っぽい天体のブラックリストがメシエカタログで確かに惑星状星雲は昔の望遠鏡なら彗星に見えそうです。
M57110922pm1260
M57リング星雲の後、NGC6960を撮ったのですが今ひとつ。
Ngc6960110922pm1260
コントラストが低下し始め、大きく西から雲が流れ込みました。
結局は機材を野ざらしにして寝転がり流星観測状態。
せめて固定で美速度撮影でもしていれば、と後付では思うのですが現場では「そのうち晴れる」と言う思いで機材セットできません。
やがて仮眠状態になり目が覚める頃ようやく観測可能になりました。
Ngc6992110924am
網状星雲の相方のNGC6992から再開です。
左下はアンプの熱被りです。
ISOをいっぱいまで上げたので左下にアンプの熱被りが明らかです。
冷却NEXが欲しくなりますね。

効果があるのは星雲がメインで銀河は対象外です。
M31も全く面白くありません。
M31110923am
M33には星雲があるので赤く写る部分があります。
M33110923am
実力があれば画になるのかもしれませんがアンプの熱に負けています。

対象が冬物に移行します。
そのうちオリオンが上り忙しくなります。
オリオンからふたごにかけては今回のテストの対象が多いからです。
ただし、月も上がってしまうのでLPS-V4の遮光性能に依存した撮影ともいえます。
M1かに星雲
M1110923am1260
NGC2174モンキー星雲
Ngc2174110923am1260
IC443くらげ星雲
Ic443110923am1260
IC434馬頭星雲
Ic434110923am1260
NGC2024燃える木
Ngc2024110923am1260
M42オリオン大星雲
M42110923am1260
この星雲は本来さまざまな色が入り混じるから趣があるのですが単色になってしまいます。

ちなみにF3.3レデューサだとこうなります。
TGv-M(WAT120N)はこのイメージサークルの中心だけを使っていることになりますね。
Alnitak110923am660 M42110923am660
それでもバラ星雲はあふれます。
Ngc2244110923am660
先のモンキーとくらげは収まります。
Ngc2174110923am660
Ic443110923am660
かといって200mmだと迫力不足になるバラ星雲はどうしたものか。
Ngc2244110923am200a
NGC1499カリフォルニア星雲は淡い広がりがあり、収まりがいいです。
Ngc1499110923am200      
結局明け方までかかってしまい撤収しました。

このNEX-5は次のバージョンが出てしまいました。
案の定タッチパネルです。
旧型なら赤外化は致し方ない?・・・んな訳ないか。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ