« 手打ち中華そば 侍(その2) | トップページ | φ200mmF6.3でのNEX-5+LPS-V4 »

2011年9月27日 (火)

forest cafe BEAR

わいた山麓の小国町から南小国町をつなぐファームロードは広域農道なので通常の地図では扱いが低く目立たない割りに道幅が十分あり交差点が少ない走りやすい道です。
人口が少ないので農道というより観光道路といっていいのですが地図に表示されないので閑散としています。
通る車が少なければ商店も少なく、ファームロードの小国町側の端に「そらいろのたね」や家族湯がある程度でコンビニのひとつもありません。
この道の途中から下っていく寺尾野温泉が静かなのも当然なことです。
ファームロードから分かれて上っていく脇道はわいた山に向かうだけなので作業道と登山道ばかりで人跡はまれです。

そんな上りの道にその看板は立っています。
Dsc00166 
道を見上げても何もなくただ舗装路が続くのが分かるだけです。
山賊や山姥でももう少しましなトラップを用意しそうなのに「Cafe」が成立する集客力があるのか大変な疑問です。
どうも2007年の4月からこの立て札は立っているようなのですが立て札を辿って廃墟を発見する恐怖を覚えないでもありません。
好奇心に勝てずこの脇道に車を乗り入れたのは2011年9月24日のことでした。
林道っぽい道を上がるとさらに分岐がありオンロードバイクには辛そうな道に代わり、さらに急カーブで「Forest Cafe」の名が伊達ではないことを示す森の中に突入します。
Dsc00167 Dsc00192
そのまま四駆のありがたさをかみ締めながら冬季に近寄りたくない坂を這い登ると左手に明かりが差し「Forest Cafe BEAR」を発見することになります。
Dsc00191
最後のアプローチまで対向車がなければミッションクリアですが、急カーブからBEARまでは離合不能なので運が悪いと泣けるほど後退する羽目に遭います。
BEARは尾根にあり周囲は広く刈られているので森の湿度は感じません。
Dsc00172 Dsc00179 Dsc00186 Dsc00182
元は福岡でカレー屋をやっていたとのことですが詳細は知りません。
当時から出店していたSUNSET LIVEの期間のみお休みで他は昼前から21時まで無休で営業しています。
標高800メートルの隔絶された景観の地は都会とは対極の場所で広く関東関西から客が訪ねる不思議な店です。
ちなみに最寄のJR駅から徒歩4時間半です。

« 手打ち中華そば 侍(その2) | トップページ | φ200mmF6.3でのNEX-5+LPS-V4 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

星以外に温泉、日本酒、ラーメン、、、etc
しかし何でも良く知っていますね~
しゃあさん、何者?(笑

先日、家族で倉敷へ行った時、全国チェーンのラーメン屋で食べたのですが、「こってり」を注文したら
ドロドロのスープ・・・一口食べたら吐き気がした。
美味しいラーメンが食べたいワン。

単なる記録魔なんでしょうが、何でも知っているわけでもなく知らないものは知りません。
AKB48なんて一人もいえませんし、嵐もV6もKAT-TUNも関ジャニもごっちゃです。
本草も詳しくないのでススキとカヤの区別も付かず月見の道具調達にも不自由する始末。
そもそも根本的に人の顔と名前が憶えられません。

だから記録するのですかね。

それにしても行動範囲が広いですよね・・・
このシチュエーションをみて、真っ先に星見場所にならないかと思ってしまうのは、やはりビョーキなんでしょうか。

ま、星屋は誰しもそう思いますよ。
前の草原でキャンプした人もいるそうなのですが店舗の横が自宅なのできっと迷惑でしょう。
ここから更に上るとフラットな草原があるので夕食をあてにしたほうがいいかも。
21時まで営業というのが土地柄に考えるとすごいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/42072857

この記事へのトラックバック一覧です: forest cafe BEAR:

« 手打ち中華そば 侍(その2) | トップページ | φ200mmF6.3でのNEX-5+LPS-V4 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ