« 赤薩摩 | トップページ | NEX-5のUV/IRフィルターを取っ払って星を見たら2 »

2011年6月17日 (金)

湯布院 庄屋の館

☆☆☆☆
湯布院の湯は透明で熱いのすが伽藍岳に向かう県道617号線の上り坂には例外的な源泉が出ています。
元々湯布院は勝手に湯が出る土地柄ですがそこを強引に掘削して湯を出したのが「庄屋の館」です。
90℃を超えるナトリウム-塩化物泉を冷却して露天に満たしたら青い湯ができてしまいました。
太陽光がメタ珪素の微細な結晶でレイリー散乱されたものなのだそうです。
このため日差しの強さで湯の色が変わります。
湯をラボに持ち帰っても単に薄く白濁しただけの水なのですから面白いものです。
Dsc00069 Dsc00071
美肌の湯で肌触りに定評があります。
この浴槽の床はツルツルで非常に心地いいです。
ツルツルの理由は成分が床をコーティングするからです。
Dsc00074
湯口を見れば状況は明らかです。
Dsc00056
温度が下がったり酸化すると析出しちゃいます。
このため温泉井戸はメンテナンスしていないと湯が止まる恐れがあります。

本業はあくまで旅館業で日帰りは「ボランティア」です。
一人700円の日帰りの料金は こつこつ蓄えて何かの機会には寄付されています。
湯を借りているほうはボランティアに参加している意識は全くないのですが1500人の来客があれば百万円寄付できる原資になります。

2011/06/03入湯

« 赤薩摩 | トップページ | NEX-5のUV/IRフィルターを取っ払って星を見たら2 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/40400217

この記事へのトラックバック一覧です: 湯布院 庄屋の館:

« 赤薩摩 | トップページ | NEX-5のUV/IRフィルターを取っ払って星を見たら2 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ