« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

麺工棒

山口県内に3店舗ある麺工棒は讃岐の流儀ですがつるりとした細麺がウリです。
Dsc00983 Dsc00981
かけうどん290円のほかはぶっかけ、しょうゆ、釜揚、釜玉、冷玉、ザルは390円。
今回はぶっかけを選びます。
Dsc00980
冷麺に熱い汁をかけてもらいました。
天かすとのマッチングがよくスダチがサッパリ感を増します。
ナス天を付けても480円。
Dsc00977 

2011年6月26日 (日)

ロハス島地温泉

☆☆☆
昔、徳地町だったころ島地には彩光苑という温泉宿がありましたが廃業しています。
Dsc01501_2
http://shado.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/__663a.html

温泉が失われたことを惜しみ源泉を生かす計画は2008年当初の予定よりは遅れたようですが2011年6月26日に地域施設として開業しています。
「ロハス島地温泉」という名称で直販所や食堂も兼ねています。
Dsc00955 Dsc00972
大きな割に二坪湯船ひとつきりでせいぜい7人程度のキャパです。
Dsc00965 Dsc00967
もうひとつ岩風呂があり女湯と入れ替えて用います。
泉質は単純弱放射能冷鉱泉で加温掛け流しです。
不思議な細長い湯船は足を伸ばせる最小容量と考えられたものでしょう。

2011/06/26入湯 

NEX-5のUV/IRフィルターを取っ払って星を見たら2

SONYαNEX-5のUV/IRフィルターを外してNBN-PVフィルターをかけて自宅から撮影したらこうなります。
ISO6400で30sec露出です。
Rex5110624pm
本来は星雲を眼視するためのフィルターなので色は仕方がないです。
これほど色がずれると調整が面倒です。
Sco110624pm0
南側の工業地帯に天の川が浮かび上がるのがすごいです。
Polar110624pm
北の空は星雲がないのでさっぱりです。
木々が白く写るのはフィルタレスの特徴です。
Summertriangle110624pmr
白黒の方がまともに見えます。
Summertriangle110624pm2r
自宅から天の川が写せるのが凄いですね。

こと座も赤外星雲がないのですがM57の位置はくっきり見えます。
Lyr110624pm
アンタレスの周囲は五色の星雲が広がるのですがそこまでは写っていません。
Antares110624pm
いて座は星雲が叩き売り状態でこのシステムでも十分いけます。
Sgr110624pm1
はくちょう座も星雲が多く状況を考えれば想定以上に写っています。
条件がよければ網状星雲もいけるんじゃないでしょうか。
Cyg110624pm0
200mmの写り加減も自宅からとは思えません。
癖が強いレンズなのが難です。
Ngc7000110624pm
24日は台風の接近で虚を突くように晴れたので慌てて作業しましたが梅雨明けはじっくり撮りたいものです。
 

2011年6月17日 (金)

湯布院 庄屋の館

☆☆☆☆
湯布院の湯は透明で熱いのすが伽藍岳に向かう県道617号線の上り坂には例外的な源泉が出ています。
元々湯布院は勝手に湯が出る土地柄ですがそこを強引に掘削して湯を出したのが「庄屋の館」です。
90℃を超えるナトリウム-塩化物泉を冷却して露天に満たしたら青い湯ができてしまいました。
太陽光がメタ珪素の微細な結晶でレイリー散乱されたものなのだそうです。
このため日差しの強さで湯の色が変わります。
湯をラボに持ち帰っても単に薄く白濁しただけの水なのですから面白いものです。
Dsc00069 Dsc00071
美肌の湯で肌触りに定評があります。
この浴槽の床はツルツルで非常に心地いいです。
ツルツルの理由は成分が床をコーティングするからです。
Dsc00074
湯口を見れば状況は明らかです。
Dsc00056
温度が下がったり酸化すると析出しちゃいます。
このため温泉井戸はメンテナンスしていないと湯が止まる恐れがあります。

本業はあくまで旅館業で日帰りは「ボランティア」です。
一人700円の日帰りの料金は こつこつ蓄えて何かの機会には寄付されています。
湯を借りているほうはボランティアに参加している意識は全くないのですが1500人の来客があれば百万円寄付できる原資になります。

2011/06/03入湯

2011年6月14日 (火)

赤薩摩

なんでも赤霧島が人気なのだそうです。
Dsc00766
このばかばかしい価格差は何なんだか分かりませんがさつま白波の薩摩酒造もムラサキイモの焼酎を6月6日に出荷します。
その名も赤薩摩。
もう宮崎VS鹿児島の構図丸出しですがお値段赤霧島の半額ほど。(希望小売価格どおりともいいます。)
Dsc00563
頴娃紫というサツマイモを醸します。
ロックで口当たりが甘く芳醇で薩摩酒造らしい芋くさい焼酎です。

薩摩酒造には黒白波もあるのになぜか赤白波ではなく赤薩摩です。

2011年6月10日 (金)

小野のホタルシーズン終盤

9日のホタル。
Ono110609pm
ゲンジボタルです。
21時近いので数が少ないです。

NEX-5のUV/IRフィルターを取っ払って星を見たら

SONYのNEX-5はUV/IRフィルターが接着されています。
安いのでやむをえないですね。
腹を括ればフィルターを外すことはできるでしょうが適切な石英板に置き換えてフォーカスを担保しようとすると外注することになります。
私の場合は23,000円かかりました。

ともかく星を見てみなければ実力が分かりませんので高度が低いながらNGC7000を30秒撮影したのがこれ。
Ngc7000110605pm
なかなか期待通りにはいかないものですが設定やフィルターはこれから詰めていきましょう。

期待はこの程度の画角の中に赤い星雲が散在する絵だったのですが甘くないです。
Akiyoshidai110605pmcyg

赤外に伸びる影響か、階調は良好・・・というか霞がかかります。
Akiyoshidai110605pm
その傾向は昼間撮ると明らかです。
Dscuvir
上:フィルターあり  下:UV/IRフィルターなし
Dsc
白黒なのはろくでもないカラーバランスだからです。 

2011年6月 2日 (木)

五ヶ瀬でクローズアップ

4月30日に日付が変わった頃の五ヶ瀬は天狗風の吹き始めで手持ち機材では200mmが精一杯。

アンタレス周囲の五色雲
Antares110430am200c
おなじみNGC7000北アメリカ星雲
Ngc7000110430ama

それでも29日の宵のうちは星が太るのは我慢すればそれなりに撮れます。
NGC4038触角銀河
Ngc4038110429pm

M97フクロウ星雲
M97110429pm

M101車輪銀河
M101110429pm

M51子持ち銀河
M51110429pm

NGC4490まゆ銀河
Ngc4490110429pm

M64黒眼銀河
M64110429pm

NGC4631鯨銀河とも鰊銀河とも愛称候補はあるのに定着してません。
Ngc4631110429pm

NGC4565エッジオン銀河の代表格
Ngc4565110429pm

NGC4725
Ngc4725110429pm

M85(NGC4382)右はNGC4394
M85110429pm

M100(NGC4321)
M100110429pm

M87(NGC4486)
M87110429pm

M63(NGC5055)ひまわり銀河
M63110429pm

M104(NGC4594)ソンブレロ銀河
M104110429pm

M83(NGC5236)
M83110429pm

NGC5128ケンタウルス座A電波銀河
Ngc5128110429pm

NGC5139オメガ星団
Ngc5139110429pm

いろいろと制限と限界があるけど予算の壁は分厚いです。
今の機材ではこんなものでしょうかね。

2011年6月 1日 (水)

星見るツール

昨今話題の天文用のネットツールは「深夜道楽」のぴんたん氏によるものです。

http://blogs.yahoo.co.jp/toshiyaarai

GPVは気象の数値予報ですがこれを天文用に再構成したものが下です。

http://www.baoland.com/gpv/

週間の予定を考えるときに有効です。

さらに驚異的なのは光害の試算です。

http://figomura.ddo.jp/gpv/kogai.html

光害を指数化するもので緯度経度はGoogleマップの右クリックなどからも拾えます。
(指定する場所を右クリック>「この場所について」をクリック>検索欄に緯度経度が表示)
ルールは比較的単純で光害の量は人口に比例するとし光害は距離の二乗に反比例して減衰するとされています。
したがって単なる推定に過ぎないはずなのですが感覚的にはかなり合っています。

ただし、指定した地域の指数なので街灯やライトアップがあればダメなのは当たり前ですし、漁船などの光量は考慮されていないので海浜の数字は実感より暗くなります。
地図をにらみながら遠征地を探すときにはよいツールになります。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ