« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月25日 (月)

ビデオキャプチャ画像のレタッチ

TGv-Mの画像はVGAながら256枚コンポジットしてあるのでいうほど酷いものでもありません。
しかし、長年使っていると死んだ素子も増えてきます。
これらの素子は等倍にするとシャープな白い点となって見えます。
4月9日の白木峰のM64黒眼星雲で見てみましょう。
m64110409pm0
このノイズを消してさらに複数枚重ねると滑らかになります。
大体16枚程度でコンポジットしています。
m64110409pm1
これを元絵にしてトーンカーブと明るさとコントラストを調整して撮影意図を反映させることもできます。
m64110409pm2
今回は元絵の方が黒目がはっきりしているのでレタッチの下手さ加減がわかります。

ノイズの抜き方はいくつかあります。
下はダークフレームで輝点を除去する方法です。
M51子持ち銀河
M51110409pm
黒く締まってコントラストも高くなりますが、対象上に輝点があるとそこが黒くなってしまう欠点があります。
また、そもそもダークフレームを取っていないと処理できません。
これに対し手軽にノイズリダクションをかけたものが下です。
m51110409pm0
締りがなく、ノイズも残りますが銀河や星雲上に黒点が出ることはありません。

2011年4月24日 (日)

瑠璃光寺の初夏

23日の週末は中途半端な晴天で瑠璃光寺に出向きます。
23時まではライトアップされているので撮影はそれ以後です。
Rurikoji100424am0
[モデル]
SONY NEX-5
[撮影日時]
2011/04/24 00:47
[画像サイズ]
4592 x 3056
[フラッシュ使用]
いいえ
[焦点距離]
16.0 mm
[焦点距離(35mmフィルム換算)]
24.0 mm
[シャッタースピード]
30.0 秒
[ISO感度]
6400
[絞り]
F5.6
[レンズ開放F値]
F2.9
[露出プログラム]
マニュアル露出
[測光モード]
分割測光
[光源]
白色蛍光灯

前作に及びません。

2011年4月13日 (水)

白木峰スターパーティー2011春

2011年春のスタパーは久々の晴れ。
透明度が今ひとつですが、それはこの数年変わりがないというものです。
Shirakimine110409pm1
Shirakimine110410am0
Shirakimine110410am
コマを全部つないで動画にすると下のとおり。

おなじみの天体もサボりながらも撮っていますがこれは次項で。

2011年4月 5日 (火)

宇部市野球場UPRスタジアム

話題(?)の宇部球場は週末でも1時間当たり1260円で借りられます。
両翼100メートルでセンター122メートルは東京ドームと同じですが定員は2万人ポッキリ。
Dsc09959 Dsc09964 Dsc09967
現在、当日の練習なども見えないように目隠しを準備中。
しかし、外野場外にあるトイレや彫刻に上れば場内が見えてしまいますから当日は警備されるでしょう。
4月12日は17時50分から生中継があります。

2011年4月 3日 (日)

ラーメンセンター銀座

国道2号線宇部市瓜生野交差点というと渋滞の常連です。
この交差点の近くに愛想がない看板の「ラーメンセンター銀座」があります。
非常に古い店で、不定期に休むのが特徴です。
うわさではオートレースがある日は休んでいたのだとか。
Dsc09883 Dsc09876
昭和のまま止まったような店内は今時の清潔感あふれる店内とは一線を画すのですが、どうかすると行列になります。
メニューはラーメンとチャーシューメンで大盛りもあります。
チャーシューメンを見るとこの店の特徴がよくわかります。
Ginza110403
どんぶりをチャーシューが埋め尽くしています。
大盛りラーメンでもこの調子。
Dsc09880
もっとも削ぎ落としチャーシューですから食べ切れないわけではありません。
肉の海は圧巻です。
Dsc09881Dsc09882
チャーシューはあっさりしていますが一杯食べるとしばらく肉を食べなくてもいい気分になります。
麺は地域で一般的な中手のストレート麺でスープは豚骨系ですがあっさりしています。
このスープが「薄い」のか「あっさり」なのかは意見が分かれるところです。

2011年4月 2日 (土)

垂直偏波パラスタック

4月に入り風も温んできたのでアンテナ交換を試みます。
地上で組むとその大きさに戸惑います。
Dsc09868
これを屋根に上げますができれば地上で5Cのケーブルまでは仕舞いをしておきたいです。
もって上がるのはアンテナ、プライヤ類数本、ドライバー+-、ビニールテープ、カッター、金切ハサミです。

取替え前後でこうなります。
Dsc00005 Dsc00007
一応すっきりしましたが、既存のVHFアンテナは錆びているのでほとんど破壊に近い状態で取り外しています。
外したUHFアンテナの用途はまだ未定です。

実はゲインメータでじっくり合わせると九州電波専用アンテナになってしまいました。
仕方なく山口電波もある程度映る角度に調整。
パラスタックで垂直偏波構成とは悪目立ちします。

空を行く 2005

真締川の風の通りがよい土手にこんな彫刻が立っています。
http://www.ube-museum.jp/exhibition/21/21_guide/15.htm
ヤジロベエを3つ重ねたような構造で自在に姿を変えています。

これを星屋が表現するとこうなります。
Sorawoiku2005110331pm
もうちょっと風が強くないとロスが多そうです。

[モデル]
   SONY NEX-5
[撮影日時]
  2011/03/31 21:50
[画像サイズ]
  4592 x 3056
[フラッシュ使用]
  いいえ
[焦点距離]
  12.0 mm
[シャッタースピード]
  30.0 秒
[ISO感度]
  3200
[絞り]
  F20.0
[レンズ開放F値]
  F2.9
[露出プログラム]
  マニュアル露出
[光源]
  白色蛍光灯

ウルトラワイドコンバータの迷光も気になります。
外してもまだ残りますけどね。
Majimegawa110331pm

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ