« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月15日 (土)

地デジ分配器

地デジ対応に邁進中です。
http://shado.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-38a3.html
現在のところ縦偏波で対応中ですが納得いきません。
季節がよくなればパラスタックアンテナに乗り換えてもいいのですがその前に確認することもあります。
ひとつはケーブルの規格で、これが3C程度ではロスが多くて地デジには適しません。
5C以上であることが望ましく、F型端子で接続する場合は自動的に5Cを選ぶことになるようです。
ケーブルに「5CFB」などと印字してありますからこれを確認するのです。

もうひとつは分配器です。
一戸建ての場合電波を増幅するのはよくあることですが今のブースターはアンテナの直下に置かれ、給電装置はテレビの近くに置かれます。
すると、ケーブルは給電可能である必要があります。
一台一アンテナなら問題なのですが、うちは各部屋に分配されています。
分配するときには分配器が用いられていますが、古い分配器は通電されていない例があります。
さらにうちの場合には分配器が直列につながれていました。
地デジの場合、ロスを避けるため再分配は禁物です。
従って現在のケーブル数に対応した4分配器が必要で通電タイプでデジタルハイビジョン対応のバンドが広いものを探します。

八木 CS・BS・U・V・HF用分配器(2600MHz) CS-DC774-B 八木 CS・BS・U・V・HF用分配器(2600MHz) CS-DC774-B

販売元:家電工事センターイノウエ
楽天市場で詳細を確認する


昔の分配器はF型ではなかったのでコネクタを作る必要がありますがそのアダプタも同梱されています。
そのため屋根裏に懐中電灯、カッター、ペンチ、金切ハサミ、+ドライバーを持ち込み工作します。
カンタンな工作といえるのですが屋根裏の現場で行うのが少々面倒。

交換の結果、明らかにdBが上がり全チャンネルが一応可視できるようになりました。
ただし、ブロックが出るチャンネルも残っています。
ここから先は計画を立てて行うことになり、予定されるのは以下の機材。

【3500円以上お買い上げで送料無料】日本アンテナ 簡易BS/UHFチェッカー NL30S【smtb-u】 【3500円以上お買い上げで送料無料】日本アンテナ 簡易BS/UHFチェッカー NL30S【smtb-u】

販売元:Webby
楽天市場で詳細を確認する

YAGI 高性能UHFパラスタックアンテナ 20素子オールチャンネル用 F型用 CLUS-W20CR YAGI 高性能UHFパラスタックアンテナ 20素子オールチャンネル用 F型用 CLUS-W20CR

販売元:八木アンテナ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ま、先のことです。

永山本家酒造場 貴 特別純米酒 ひやおろし

ひやおろしは最もうまいといわれる秋の日本酒のうち火入れをしていないものを指します。
だからといって生酒とも違い正真のいわゆる日本酒らしい酒です。
Dsc01696
純米ですのでアルコール気は十分感じますがエグ味はありません。
重鈍さもなく二杯目が特にうまい酒です。
Dsc01698Dsc01700
そのひやおろしを年明けて飲んでいるのは感心できることではないのですがご勘弁を。
鍋物にはこれが絶妙に合うのです。
 

2011年1月11日 (火)

蕎麦や漱石

9月の「夏休み」に雨のさなかに蕎麦を食べようとして見つけられなかった店があります。
Dsc00837
車で走っている最中にこの看板を見つけろというのがそもそも無理難題。
しかも訝りながら道を辿ってもこの景色。
Dsc00836
さらに気をつけないと店とも気付きませんし、この入り口の狭さは皮下脂肪を嫌っているのかも知れません。
Dsc00835
これが南阿蘇の蕎麦や漱石です。
木の内装の落ち着いた店でメニューはこれだけ。
Dsc00814
朝碾24とは24メッシュのことだそうです。
1インチに24個の目の篩を用いるのです。
いずれも国産生粉100%です。
玄舞のもりをいただきました。
Dsc00822Dsc00827
特徴的な食べ方として「塩」も置いてあります。
Dsc00818
そもそも蕎麦は香りが微妙で出汁の 香りにすら負けるほどです。
塩なら香りと甘さを楽しむことができるのです。 

2011年1月10日 (月)

冬の瀬戸内海(2011/01/08PM)

昨年も2月に同じテーマで撮っています。
http://shado.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-e054.html
三脚を2本しか持って行かなかったので今年はEOS50Dに替えてSONYαNEX-5+16mmを投入します。
ISO6400
Ozasan110108pm
信頼できる三脚は下手なカメラより高いのでおいそれと手が出せません。

デジキスでも撮ってます。
CanonEOSkissDX2seokai+EF18(-55)mmF3.5、ISO1600
Ozasan110109amx2r
感度が低いので不利ですがバッテリーのもちは4時間もあります。

動画にするとこうなります。

船がミズスマシのように走り回ります。

2011年1月 6日 (木)

永山本家酒造場 貴陽 特別純米酒

永山本家酒造場が東京に進出したのは最近の話です。
そのため元来は地元との付き合いは密接です。
地元の量販店との付き合いでこんな日本酒も作っています。
Dsc01694Dsc01703
精米55%の純米酒です。
それを醸すのが永山本家となれば期待しがちですが普通に安く買えるのです。
Dsc01699
実は山口県産米を使ってコストを抑えてあり、正直な感想では純米酒の欠点を抑えきれていません。
アルコール感はさほどしないのですがえぐみが強いのは酒米のクセだと思います。
安いのでこんなものかな?というところ。

2011年1月 5日 (水)

2010年観測納め(の2)

せっかくなので星雲も。
IC2177(EOSkissX2seokai+EF200F2.8)
Ic2177101212am4
わし星雲といいますがM16もわし星雲です。
英名はシーガルですからかもめ星雲が妥当だと思うのですが。 

M42(EOSkissX2seokai+EF200F2.8)
M42101212am
周辺の星雲が見えるはずだったのですが予定通りに行きません。

NGC2237(EOSkissX2seokai+EF200F2.8)
Ngc2237101212am5
バラも結構難しいです。

2011年1月 3日 (月)

2010年観測納め(の1)

12月11日は秋吉台にいました。
オリオン座あたりを流すとこうなります。
本当は流星を狙ったのですが空振り。
Orionorbit101212pm_2
おなじみ長者ヶ森も月が低くなってから撮ってみます。
Chojagamori101211pm
いつもよりNEX-5でいつもより高ISOです。

NEX-5で素直に星野を撮ってもそのままです。
Gem101212am
ここは低ISOを我慢してでもEOSkissX2seokaiでしょう。
Per101211pm
すると赤い星雲が浮かび上がります。
Ori101211pm

秋吉台を辞して山口市内に下り瑠璃光寺を撮影。
Rurikoji101212am
年賀状に使いました。
池にまで星が落ちているのが珍しいです。

快速SL津和野稲成2号

C56は初詣列車として使われます。
今年は降雪があったので「雪のSL」の鉄板テーマになります。
Dsc01735
雪のためか30分近く遅れで津和野発。
Dsc09528
SLというのは結構遅いのです。
早く走ろうと思うと速度の二乗でダメージが発生するので特に替えの部品がない現在の蒸気機関車は基本的に無理ができません。
Dsc09551
ですから運行に合わせて移動すれば様々なアングルの写真が2時間ほどで撮れてしまいます。
Dsc09554
ただし、加速中でないと煙と蒸気が派手に出ません。
Dsc09555
線路の脇に寄れますから結構迫力があります。
Dsc09556
撮影ポイントには人が集まりますから自然と一斉にヒットアンドアウェーになります。
Dsc09561
こうして撮影の旅は新山口の手前まで続きます。 

2011年1月 2日 (日)

永山本家酒造場 貴 特別純米直汲60 無濾過生原酒要冷蔵

「貴」にどれだけ種類があるか知らないのですが直汲は初めていただきます。
Dsc01704 Dsc01706
香りは豊かでアルコール気はあまり感じません。
純米の割りに薄い黄色に生酒らしく気泡が浮いていい景色です。
口に含むと純米らしい重い喉落ちですが発泡感とやや酸味で従前の純米酒のような鈍さではありませんが調整していないのでアルコール感があります。
低温では結構つっけんどんなのですが室温に戻るとうまみが開花するツンデレな日本酒です。
甘み、酸味、旨みの主張が各々強いので一気に四合飲むには結構体力がいります。
Dsc01708
その昔は何度も大手の純米酒には騙されてきました。
臭くて重くてえぐいので敬遠してたのですが吟醸が一般的になってきて欠点がなくなったので安心して選んでいます。
今回の純米酒は純米吟醸といってもいいものですが生酒なので特別純米となったのでしょう。
気持ちが良い香りで気持ちよく酔えるおいしい日本酒ですのでゆったりとしたひと時のお供にどうぞ。

2011/01/31
ぼちぼち今年の貴のにごりが出るかと思い蔵に寄るとまだ杜氏のOKが出ないようです。
手ぶらで帰るのも悔しいので今月も直汲60を購入。
室温に戻るのを静かに待って飲む一合は芯が通っておいしいです。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ