« 永山本家酒造場 貴陽 特別純米酒 | トップページ | 蕎麦や漱石 »

2011年1月10日 (月)

冬の瀬戸内海(2011/01/08PM)

昨年も2月に同じテーマで撮っています。
http://shado.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-e054.html
三脚を2本しか持って行かなかったので今年はEOS50Dに替えてSONYαNEX-5+16mmを投入します。
ISO6400
Ozasan110108pm
信頼できる三脚は下手なカメラより高いのでおいそれと手が出せません。

デジキスでも撮ってます。
CanonEOSkissDX2seokai+EF18(-55)mmF3.5、ISO1600
Ozasan110109amx2r
感度が低いので不利ですがバッテリーのもちは4時間もあります。

動画にするとこうなります。

船がミズスマシのように走り回ります。

« 永山本家酒造場 貴陽 特別純米酒 | トップページ | 蕎麦や漱石 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

星空を撮っていなぁと思って一眼レフ(D90)の購入を検討している初心者です。ミラーレス機はおススメしない
言われたのでNEX-5は買うのをやめようと思っていたのですが綺麗に写っていますね。とはいっても自分は技術や写真の良し悪しがつくほどわかってないのですが(汗

これからもブログ楽しみにしています

NEX-5には大変な欠点があります。
当然ながらファインダーで構図が決められません。
昼間は問題ないのですが星野写真では異常に高感度なNEX-5の液晶でも非力に思えます。
もうひとつはレリーズロックが使えないのでそのままでは30秒連写ができないのです。

その一方でISO12800が使えるのはありがたいですし、アダプタで各社の交換レンズが使えるのです。
しかも一眼最軽量クラスなので望遠鏡の負担にもなりません。
さらに1万円余で12mmワイドコンバータと10mmフィッシュアイにできるのも驚きです。

そもそも天体写真は自己満足の世界です。
可能性を実現できる機材が「良い機材」であり、値段が機能を決めるものでもありません。
その分、ハズレ機材も結構持っていますよ。

星空の動画とてもきれいで驚きました。
この動画もnex-5を固定して撮影した動画ですか?

中ほどにEOSkissDX2のものをはさんでいますが前後はNEX-5を30秒連写したものです。
NEX-5には連写に適した有線リモコンがないので巻き付け式のレリーズでシャッターを押しっぱなしにしておく必要があります。
できたJPEGをムービーメーカーにかければ出来上がりです。

なるほど、連写したものなんですね。
このブログで天体の写真に興味を持ちました。
こんなにきれいには撮れないでしょうが、近いうち挑戦しようと思います。
ちなみに最近NEX-5を買った美祢市在住の者です。
これからも星空の写真楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/38417306

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の瀬戸内海(2011/01/08PM):

« 永山本家酒造場 貴陽 特別純米酒 | トップページ | 蕎麦や漱石 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ