« 晩秋から初冬へ | トップページ | 久住の空(12/4の2) »

2010年12月23日 (木)

久住の空(12/4の1)

本当は12月4日は宇部でも秋吉台でも観望会があったのです。
ストレスでつい晴天確率が高い久住を選びました。
正直なところキメの一枚は先のものです。
Higotai101204pm1_2
30secISO3200F2.8を300枚重ねた画です。
南向きにもカメラをセットしたのですが設定をミスって作例になっていません。

現地に入ると満点の星が迎えてくれました。
残念ながらシンチレーションはウジャウジャです。
どの程度酷いかというと宵の木星はこの調子。
Jupiter101204pm
な~んも分かりません。
明け方の金星と土星は少しはマシ。
Venus101205am
Saturn101205am1 
惑星が写真にならない状態だと星雲・銀河を撮ると周囲の星が太ります。
C2010v1101205_0543jt
少々苦しいですが池谷・村上彗星です。
ハートレーはまだ撮れます。
0103p101205_0220n660
TGv-Mでも撮れますが彗星の場合はカラーでないと迫力に欠けます。
4日の23:40
0103p101204_2340
5日の01:55
0103p101205_0155 
幾度もイベントを提供してくれたシュワスマン・ワハマン彗星もちょっと苦し目。
0029p101205_032146jt
ホームズは・・・いけません。
0017p101205_0350
テンペル Tempel (0010P) は毎度手堅いです。
4日の22:51
0010p101204_2251
4日23:00のマックノート McNaught (C/2009 K5)
C2009k5101204_2300
4日23:17のカーディナル Cardinal (C/2010 B1)
C2010b1101204_2317
あえてマークを入れていません。
このシンチレーションではやむなしです。   

« 晩秋から初冬へ | トップページ | 久住の空(12/4の2) »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/38166118

この記事へのトラックバック一覧です: 久住の空(12/4の1):

« 晩秋から初冬へ | トップページ | 久住の空(12/4の2) »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ