« αNEX-5 VS EOS50D | トップページ | 永山本家酒造場「男山」 »

2010年10月13日 (水)

αNEX-5での直焦点

LX90-20でのノータッチガイドは直焦点ともなると1分も持ちません。
TGv-M(WAT-120N,StellaCam3)がLX90-20との相性が良いのはmeade f/3.3 CCD Focal Reducerのおかげです。
明るくして8.5sec露出にすれば耐えてくれます。
残念ながらEOSのフランジバックでは深すぎてf/3.3Reducerは合焦しません。
でもNEX-5はフランジバックが18mmなのですよ。
さらにはNEXのEマウント用TマウントアダプターがKenkoとWraymerから出ています。
入手性が良いKenkoのものを購入。
Dsc04277
これをLX90-20に取り付けます。
Dsc04273
これでM31アンドロメダ銀河をとるとこうなります。
M31101010pm0
明るいのかもしれませんが周囲が盛大にけられています。
CMOSが大きいのでもったいないことになっています。

そこでアダプターを分解しTリング(meade f/3.3 CCD Focal Reducerなどに付属)を入れ長さを縮めます。
Dsc04279
これで撮るとこうなります。
M31101010pm
トリミングしただけにも見えますが悪くないです。 

« αNEX-5 VS EOS50D | トップページ | 永山本家酒造場「男山」 »

「天文」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/37222518

この記事へのトラックバック一覧です: αNEX-5での直焦点:

« αNEX-5 VS EOS50D | トップページ | 永山本家酒造場「男山」 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ