« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

LEDライト

LEDライトといえば省電力で明るいものが出回るようになりました。
Dsc06843
でも天体観測には明るすぎることは問題です。
明るいライトで照らされると幻惑してしばらくは最微光星が見えません。
今でこそ白色LEDが主流ですがこのLEDの正体は実は青色LEDで補色に当たる黄色のターゲットで光らせることで白色にしています。
紫外線LEDというのもあるので蛍光灯のように光らせる方法や3色のLEDを組み込む方法もあります。
バリエーション様々ですが最初は赤色LEDでした。
最初に活用したのは釣りマニアで天文マニアも恩恵にあずかっています。

恩恵にあずかるかるどころか天体観測では普通の懐中電灯に赤セロハンを被せていたほどです。
赤は明るく見えても幻惑されにくいのです。
ならば赤色LEDライトがあってもよさそうなものですが天文グッズにしかありそうもないです。
検索すると需要がないらしく作りがいい製品は6千円などという値段が付いています。

家には麦玉や豆電球の懐中電灯があるから改造すればいいだけです。
博多は電子パーツの店もいくつもあるので調達にも便利。
赤LEDは2.0Vで20mAのものが多いです。
今回手に入れたのは100mA_18000mcd_60°というかなりモンスターなLEDで5個210円です。
別に10個で378円の2V_20mA_27500mcd_30°というのも買いました。
Dsc03499 Dsc03500
LEDを覗くと差が分かりませんが照らすと照射角度が左の30°に対して右は倍の60°なので格段に暗くなります。
今回は豆球の替わりなのでわざと60°を使います。
昔であれば電源を抵抗で落として使っていましたが、今は電源が電池3個以上なら定電流ダイオードで必要な電流を得るのが普通です。(10mAのものが10個で880円)
Dsc03502現物はビーズ玉ほどの小ささ。
高級品はDC-DCコンバータを使い電源を効率よく使い切りますが今回はそこまで求めません。
設計までやったのですが仕上げの半田作業はもはや手元がよく見えないので長男に依頼。

Dsc03560Dsc03559
ランプシェード用光源の単三×3本のランプがこうなりました。
先端のスポットは非常に明るいです。

電池2本の場合は定電流ダイオードの適用電圧以下なのでDC-DCが使えなければ抵抗で電圧を落とします。 
そのままつないでもよさそうなものですが、電池の温度が上がるとすごく危ないので精神安定剤です。
こちらは長男の趣味でLEDを3発ねじ込んでいます。
Dsc03572 Dsc03569
百均の懐中電灯がよくも化けたものです。

現場に持ち出してチェックしたいものですが・・・週末になると天気が悪化するのはなぜ?

2010年9月29日 (水)

サッポロラーメンすみれ博多店

札幌でサッポロラーメンを食べたのは2度ほどしかなかったかと思いますが1982年にデパートに入った某店で食べたときに味噌の奥深さに痺れました。
以後、「本物のみそラーメン」のハードルが上がっています。

「じゅんれん」も「すみれ」も札幌では訪ねていません。
が、福岡にうまいみそラーメンを食べさせる店があると聞いて訪ねたら「すみれ」でした。
Dsc03319 Dsc03318
博多でみそラーメンを食べる背徳感も素敵です。

Sumiremiso
熱くて濃厚で深くて美味い。
寒ければ寒いほど美味しいのでしょうが今回はまだ9月です。
早くに本州に入ったみそラーメンは唐辛子や胡桃を使って特徴を出しがちでしたが、すみれのみそラーメンはバランスが取れた味で特徴が記述しにくい困りもの。

キャナルしティーには純連(じゅんれん)も入っているようですが、すみれより淡白らしいです。
純連は昭和39年に札幌で開業したラーメン店で元は「すみれ」 と読みました。
一旦、店主の病気で閉店するのですが長男と一緒に復興します。
この時に旧店名を「じゅんれん」と読む客が多かったので屋号を純連(じゅんれん)としています。
ややこしい事に三男も店を構え、こちらは「すみれ」と読みます。
横浜のラーメンミュージアムは三男が発起人になりじゅんれんが協力して実現したので喧嘩別れの分家ではなさそうです。
ただし、当初の横浜は札幌の味が出ずに「純連」の暖簾を断念し「すみれ」でスタートしています。
後に札幌に水を持ち込む荒業で味を再現し「純連」の暖簾に架け替えたのだとか。
ま、昔のお話です。
ただし、各地にすみれと純連ができたので少々混乱気味です。

もう一杯はみそラーメンとは趣きがまったく違う「昔風ラーメン」
Dsc03316
スープが絶品ですから重たいラーメンが駄目な人には好適。 

2010年9月26日 (日)

瑠璃光寺 ゆらめき回廊

9月の3連休に山口市の瑠璃光寺でゆらめき回廊が開かれました。
五重塔を千個のキャンドルが取り巻きます。
Dsc03252

2010年9月25日 (土)

松茸

山口県の県の木は赤松です。
赤松の林には松茸がつきもので玖珂は良質のものが取れていました。
ま、昔の話です。

でも今年も食べることができました。
Dsc03274
回転寿司ですけどね。

松茸のてんぷらだけ山に盛って食べたいものです。
むかし、徳地の和食処で食べた地物が滅法うまかったです。

2010年9月24日 (金)

地デジ

アナログ放送は2011年5月に終わってしまいます。
なので地上デジタル放送に対応するようにとあちこちで広報されているのですがどうも気が乗りません。
何しろ時報すら流せないシステムなのです。
緊急警報を流しても音が出るのは数秒後です。
対応には少なくともチューナーが必要です。
アンテナはUHFでよいというのですが出力が恐ろしく小さいので方向は検討する必要があります。
これもテレビを更新した際に調整してもらったのですがろくに映らないのです。(ブロック混じりに4局?)
アナログなら10局も映るのです。
デジサポにも出向いたのですが要領を得ません。(30素子に上げるか2本目のアンテナを上げて混合器とハイパス・ローパスフィルタで局を増やすか相談したのに・・・。)
地域的には基地局の境界で、補助局の背面で条件が不利なのも分かりました。
しかもこの補助局は垂直偏波です。

夏の間は屋根瓦が焼けて上れませんが秋風が吹いて腹を括って7メートルの空の下に出ます。
アンテナの状況はこんなものです。
Dsc03266
左右に振っても大きな効果がありません。
仕方なくチャンネル数激減覚悟で補助局の垂直偏波に期待します。
Dsc03271
90度振るのは蝶ねじ2個だけ。

ところがこれだけでゲインが倍出たのです。
30km先の局まで串刺しにして12局埋まってしまいました。(2局はちょっと弱い)
どうやら九州にも垂直偏波の局があるようです。
つーか、垂直偏波なんて不勉強だと電気屋でも理解できてないようです。

初秋の長者ヶ森

9月というのに暑い日が続きます。
寝苦しい日は足掻かずに涼しい場所に逃避するのが楽です。

と、言い訳しながら16日の宵は秋吉台。
Chojagamori100917pmrs
4時間流すと天気があてにならないのも事実ですがその間は涼しく仮眠できます。

19日早朝は雲の影響も少なくこうなっています。
Chojagamori100919ams
看板が邪魔?
うーん、どうしましょう?

2010年9月20日 (月)

永続流星痕

デジカメで流星が拾えることは稀です。
流星群でもスカタンばかりです。
ですから構図の中ほどに明るい流星が入ると大喜びです。
ましてや流星群がない時期だとデジキスに18mm付けて4時間流して坊主なのも毎度です。
それが観測撤収の20分ほどの記録で永続流星痕付きの火球が画角中ほどに流れると大もうけです。
Img_8781
30秒露出10枚を合成するとこうなりました。
Meteor20100917_045636
分かりやすく全容を動画にしたのが下です。

キーになる最初の3コマを貼ると下のとおり。
Rimg_8781 Rimg_8782 Rimg_8783
研究者であれば高層の気流解析ができるのでしょうね。
視覚的には流星は平面的に通過したように見えますが、実際は宇宙高度から地表数十キロまで「落下」というのが正しく各高度での気流を示しているのでしょう。

大吟醸 東洋美人

知人に山口県で元気な日本酒の蔵を三つ教えてもらうと毎度の「貴」の永山本家酒造場、「獺祭」の旭酒造と「東洋美人」の澄川酒造場が上がりました。
連休なので奮発して2625円で大吟醸の4合を購入。
我が家には一升瓶を立てたまま冷やせる冷蔵庫があるのですが水だの牛乳だのが入っているので4合しか買えません。
Dsc03258Dsc03259
香り豊かですっきりとして意外と酸味がないのにべたつきません。
一日程度冷蔵庫で冷やすと最初の一合は至福です。
水のようにするすると喉を抜け五臓六腑にしみます。
うまい水以上の「うまい酒」はそんなに味わえるものではありません。
ただし、贅を尽くせばできる酒でもなく、危ういバランスの上の綺麗さがなせる業です。

この酒は瓶詰め間もないモノを手に入れたのでほとんど紫外線を浴びていません。
澄川酒造場には行った事がないので行ったついでに買ったからです。
1912年に創業した比較的新しい蔵で、「東洋美人」という結構怪しい銘柄は、初代が亡き妻に捧げたという大真面目のものです。
Dsc03163Dsc03165
蔵に行けば選り取りみどりと思ったのですが出荷後だったので我儘はいえません。 

2010年9月19日 (日)

ハートレー彗星

Hartley (0103P)は予想8等なのに全然上がってきません。
0103p100917_030216
2010/09/17_03:02:16あたりの画像です。
別のもありますが・・・。
0103p100917_015016
10月に5等の予報なのに大丈夫?
0103p100903_1358ut
透明度が高い分、3日のほうがマシです。

Tempel (0010P)の方が立派です。
0010p100917_020556
3日の像は下の通り。
0010p100903_1558ut

McNaught (C/2009 K5)は高度も低く今ひとつ。
C2009k5100917_042649

彗星はデジカメで撮らないと背景に埋没する分だけ損ですな。 

2010年9月14日 (火)

久住の休暇

平日に休みが取れたので旅行に出ようとしたのですが、かみさんが付いてくるとのことで野宿するわけにもいかず宿を取りました。
ま、12日は雨です。
雨なら本来遠出はしませんが宿を取っているので強行。
13日は久住でおいしいご飯と温泉が待っていたのですが大雨から一転してあろうことか晴れちゃったのです。
Dsc03107
道具無いんです。
無くても何とかするんですけどね。
Kuju100914amsr
4時間25分485コマを比較明合成しました。
動画にするとこんな調子。

元のトーンはもっとコントラストが高いです。
Kuju100914am1

良く見ると左上に流星が見えているので切り出しても楽しめます。
Kuju100914am8530
流星が拾えることはまれです。 

2010年9月12日 (日)

H2Aロケット18号機打ち上げ

「みちびき」は無事切り離されました。
Img_8233
秋吉台で観望会を兼ねて観望しました。
Akiyoshidai100911pm
雲が多くて星もきれぎれです。 

木星(9月3日夜)

木星がいいシーズンになってきました。
9月3日はまれに見る晴天で無条件に秋吉台に走ります。
秋物は巨大天体が多く、シュミカセ向きでゃないので大量に撮ったのは木星です。

Jupiter20100903_220257Jupiter20100903_220257.jpg
Jupiter20100903_223026Jupiter20100903_223026.jpg
Jupiter20100904_014554Jupiter20100904_014554.jpg
Jupiter20100904_015855Jupiter20100904_015855.jpg
Jupiter20100904_020701Jupiter20100904_020701.jpg
Jupiter20100904_022024Jupiter20100904_022024.jpg
Jupiter20100904_023334Jupiter20100904_023334.jpg
Jupiter20100904_022827Jupiter20100904_022827.jpg
Jupiter20100904_024302Jupiter20100904_024302.jpg
Jupiter20100904_031543Jupiter20100904_031543.jpg
Jupiter20100904_032257Jupiter20100904_032257.jpg
Jupiter20100904_033513Jupiter20100904_033513.jpg
Jupiter20100904_034215Jupiter20100904_034215.jpg
Jupiter20100904_034901Jupiter20100904_034901.jpg
Jupiter20100904_035825Jupiter20100904_035825.jpg    
         

2010年9月 1日 (水)

天の川

好きな天体は色々あるのですが手軽なところでは天の川です。
それもいて座の天の川ですね。
漆黒の水平線から立ち上るありさまは感動モノですが瀬戸内ではないものねだりです。
ま、それっぽいモノは秋吉台で撮れました。
Akiyoshidai100807pm
8月7日のものですから今はリテークするのも難しいです。
こんなショボイ写真でも大量に撮った中の一枚に過ぎません。
Akiyoshidai100808am
出入りが多い秋吉台なので流せばいいというものでもありません。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ