« LiveCapture3 v3.0.00.0516 α3 | トップページ | 体重記録 »

2010年8月11日 (水)

夏の球状星団

観望会だと球状星団は数字以上に見えやすいので重宝するのですが球状星団同士の特徴となるとなかなか的確に表現できません。
ですから観望会で球状星団ばかり見せても感心してもらえません。
NGCカタログの球状星団の占める比率は1%程度なので一回の観望会で1個見れば上等なのかもしれません。
でも60%を占める系外銀河ばかり見せるのはやりすぎですし、それなりの準備をしておかないとクレームになります。

8月の新月期は久々に週末が晴れて嬉々として秋吉台へ。
ノープランで出かけたのでこんなメシエ天体コレクションを撮っています。

M3M3100807pm

M4
M4100807pm

M5
M5100807pm

M9
M9100807pm

M10
M10100807pm

M12
M12100807pm

M13
M13100807pm

M14
M14100807pm

M19
M19100807pm

M22
M22100807pm

M28
M28100807pm

M53
M53100807pm

M54
M54100807pm

M55
M55100807pm

M62
M62100807pm

M69
M69100807pm

M70
M70100807pm

M75
M75100807pm

M80
M80100807pm

M107
M107100807pm

同じ画角、同じ露出なのですがこれほど個性豊かです。
個性豊かでも1枚だけ見せられて当てることができたらヲタク級のベテランです。

« LiveCapture3 v3.0.00.0516 α3 | トップページ | 体重記録 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/36115472

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の球状星団:

« LiveCapture3 v3.0.00.0516 α3 | トップページ | 体重記録 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ