« 竜王山のホタルの最盛期 | トップページ | 法隆寺大宝蔵院 »

2010年6月 5日 (土)

法隆寺西院伽藍

法隆寺は世界最古の木造建築です。
Dsc07851
なにせ古い話なので謎だらけです。
最近では一度焼失した後、元の木材も利用しながら再建したようなのです。
開かずの門があったり、柿の木がないのに柿の実の句があったりという調子です。
元から七不思議というのもあり、その一つがこれです。
Dsc07838
何で鎌です?
通説では魔物の一種と思われていた雷を避けるためだそうです。
ちなみに法隆寺再建に奔走したのは藤原の鎌足です。

昭和24年1月26日に法隆寺金堂金堂の壁画をうっかり燃やしてしまったのが文化財防火デーの始まりですが、金堂自体は焼失を免れています。
それどころか問題の壁画も再現されています。
焦げた方の壁画は別に保管されています。
金堂は二階建てにも見えますが実は見掛けだけです。

大講堂は改修中です。
Dsc07842_2
西院伽藍は回廊も含め内側全部国宝です。

(平成22年4月29日拝観) 

« 竜王山のホタルの最盛期 | トップページ | 法隆寺大宝蔵院 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/35061162

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺西院伽藍:

« 竜王山のホタルの最盛期 | トップページ | 法隆寺大宝蔵院 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ