« 東大寺 金堂 大仏殿 | トップページ | 吉備姫王墓 猿石 »

2010年6月25日 (金)

東大寺 二月堂

二月堂の本尊 十一面観音立像は大小二つありいずれも絶対秘仏で僧すらその姿を知りません。
ただし、中世以前はそんなに堅苦しいことはなかったらしく小観音は奈良国立博物館収蔵の類秘抄に「東大寺印蔵像」として描かれています。
いずれにしろ、仏像を見ることができないのに二月堂を訪ねる人がいるのはその絶景からです。
京都の清水の舞台に相当するのが奈良では二月堂でしょうか。
Dsc08044
Dsc08043Dsc08047 Dsc08046

二月堂はお水取りで有名です。
夜を焦がす巨大松明の画像はニュースなどでおなじみです。
お水取り以外の夜は静かなものですが、ここは夜訪ねるべき場所です。
Dsc07880Dsc07882 Dsc07884
夜のお寺が怖い人はここにたどり着くまでに神経が擦り減っているでしょうが、眺望は良好です。
Dsc07883
夜も堂の中では勤行が続いていますのでお静かに。

(2010年4月29,30日拝観)

« 東大寺 金堂 大仏殿 | トップページ | 吉備姫王墓 猿石 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント


昨年、念願だったお水取りを見に行きました。

人の多さもさることながら、その迫力は想像以上でした。

お水取りにいかれたのですか。
私はちょっと見れそうもないのでうらやましいです。
あれだけ派手に火行するのに江戸時代に一度焼けただけだそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/35477144

この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺 二月堂:

« 東大寺 金堂 大仏殿 | トップページ | 吉備姫王墓 猿石 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ