« 一心行の桜 | トップページ | ある春の朝の観望風景 »

2010年3月30日 (火)

山焼き残し森茂る

春になると秋吉台は草原の芽吹きを促すため山を焼きます。
下手に火をかけると事故になったりいらぬところが焼けたりするので毎年慎重に準備が行われます。
焼けちゃいけない場所のひとつが長者ヶ森でぐるりに防火帯が切ってあります。
焼けた直後は真っ黒で下手に入り込むと炭で真っ黒になりますが雨が降って落ち着いたので26日夜に長者ヶ森を一枚いっておきます。
Chojagamori100327amr3
4時間かけています。
草が無くなり羊石が見えてすっきりしています。

« 一心行の桜 | トップページ | ある春の朝の観望風景 »

「天文」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/33994697

この記事へのトラックバック一覧です: 山焼き残し森茂る:

« 一心行の桜 | トップページ | ある春の朝の観望風景 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ