« 内牧温泉 大阿蘇 | トップページ | 一心行の桜 »

2010年3月24日 (水)

ヒゴタイ公園の星空

3月の新月は曇天だったので3連休の天気予報にはすぐ反応してしまいます。
心配したのは風なのですが意外と風はない・・・予報でした。
風があれば秋吉台でやむなしなのですが、そうでないのなら久住が良いです。
で21日の夕方には滑空場にいたのですがしゃれにならない風が吹いています。
風が強いと観測にならないどころか小物は飛んでいくし機材が倒れることもあります。
最悪、望遠鏡まで倒れることがあるのです。
こんなときはヒゴタイ公園の駐車場です。
なのに今日は西風が吹き続けています。
これでは望遠は使えません。
ま、何とかしましょう。
Higatai100321pm
公園から真南の図です。
右手に阿蘇の根子岳が見えています。
北緯55度程度まで見えています。

ここで特徴的な建物はこれです。
Higotai100321pmb
この手の写真を撮るには月がないと対象が浮かび上がりません。

逆向きから北極星を意識するとこうなります。
Higotai100321pma
極周りの日周運動は時間を長く取らないとさまになりません。
このアングルだとガラスに反射したシリウスまで映りこみます。

月が落ちてから東の空を狙います。
Higotai100321pmc
国道がアクセントになっています。

3時を回ると夏の天の川が魅力的な輝きを見せます。
Higotai100321pmcss
残念ながらこの後にはドン曇りになりました。

今回の撮影はEOSkissX2seoにEF18-55F3.5を付けて行いました。
ISO1600で30sec露出です。

« 内牧温泉 大阿蘇 | トップページ | 一心行の桜 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

初めまして、つっちーと申します。
大学進学で山口を出て今年頭まで大分におりましたが地元に戻ってきました。
これまではずっと犬飼で撮影していたのですが、久住は遠くてずっと行きませんでした(学生時代に先輩の車で2回行ったのみcoldsweats01)。
このブログは何年か前から拝見させていただいていたのですが、大分にいながら久住遠征は渋っていたのに、よく通われているようで頭が下がります。
先日秋吉台の星を初めて見に行きました。
長者ヶ森駐車場にて観察しましたが南西が光に飲まれていましたね。
犬飼では北天が完全に大分市の光に飲み込まれ、その他の方角はかなり暗い場所だったんですが、こちらは逆に北天が強いようですね。
天の川が縦になる頃毎年広角で狙っていましたがその点が少々残念な部分です。
あと、自分ひとりだろうと思ったらひっきりなしにカップル車が出入りしていたので撮影なら手前の博物館近くの駐車場がよさそうでしたので今後そちらに顔を出すかと思います。
ご一緒することがあるかも知れませんが、そのときにはよろしくお願いいたします。

つっちーさん、初めまして。
観測地選びは難題山積ですね。
360度暗くて障害物がなく風に強く標高が高く舗装してある観測場所・・・無いです。
博物館横は木が茂っていることと展望台のトイレに人が入ると明かりが強いのが気になります。
観望ボランティアもやるので長者ヶ森は都合よく使っています。
(基本カップルには星空ガイドをしてませんが・・・)

どこかでお会いできれば幸いです。
(三瓶山から五ヶ瀬までのどこか?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/33909190

この記事へのトラックバック一覧です: ヒゴタイ公園の星空:

« 内牧温泉 大阿蘇 | トップページ | 一心行の桜 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ