« 2009年納めの観望会 | トップページ | 観望納めの秋吉台(中) »

2010年1月 4日 (月)

観望納めの秋吉台(上)

26日に青少年会館での観望会が終わった後にそのまま秋吉台に移動します。天気予報だと観測日和だったのですが月ありますし・・・雲多いです。
この寒いのになぜか車が何台かあり話し声が聞こえます。ただし、その声が・・・駐車場からはるか離れて夜の長者ヶ森から聞こえてくるのです。秋吉台にも怪談はないわけではありません。深夜や早朝にあらぬ場所から鈴の音が聞こえ、訝しんで探すと黒い服をまとった人(3人連れとも行者姿とも)をはるか先の草原に瞬間だけ見かけるのだそうです。いずれにしろ古い話なので気にせずに長者ヶ森に出向いてみると当然人間でした。
北九州からの男女で男性がフィルムカメラマンなのだそうです。目的は長者ヶ森の月光写真でなんでも鉄板スポットなのだそうですが当の私は初耳です。ただし、この延長線上の県道に不審車両が良く停まるのは知っていますが・・・。
本来は撮影残りのタングステンフィルムを使うのだそうですが今回はフィルターを付けて青に振って撮影するのだそうです。ざっとISO50相当で20分も流すので私のデジタル流とは大きく異なります。
別れた後でぼちぼち晴れたので私も1枚いっときます。
Choujagamori091227ams
フィルムの持つ階調は得られませんがフィルムが成仏できるような仕事は心がけています。

デジタルだからこそこれが実用できます。

ところでここが南北線上にあることを私が見つけたのは偶然ですがほかの人はどうやって見つけたのか気になります、ハイ。

« 2009年納めの観望会 | トップページ | 観望納めの秋吉台(中) »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/32847009

この記事へのトラックバック一覧です: 観望納めの秋吉台(上):

« 2009年納めの観望会 | トップページ | 観望納めの秋吉台(中) »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ