« 寒の久住(ポタ赤編) | トップページ | 寒の久住(Meade LX90-20&カメラ編) »

2010年1月30日 (土)

寒の久住(Meade LX90-20&ビデオ編)

ポタ赤を回す前にLX90-20も組んでいます。
これはビデオをつなぎ、22時10分から撮り始めます。
レデューサはF3.3でTGv-Mは256コマコンポジットにします。

広島の坪井さんが発見した超新星はNGC5370にあります。
Ngc5370100117am
あっさり撮れるかと思ったらこの銀河は小さいのです。
高度が上がるのを待って撮り直しです。
Ngc5370sn2010b100116
ようやく見えますが、やっぱり小さいです。

銀河をいろいろ見てみます。
Ngc4490100116Ngc5322100117amNgc5204100117amNgc5585100117amNgc5473100117amM101100117am

時間を調整して南の大規模天体もすばらしいです。
Ngc5128100117am
Ngc5139100117am

ω星団が全天一ならM13は北天一なのですが・・・。
M13100117am
大きければいいというものでもないですが見比べるとスケールが違います。

銀河や星団は落ち着いたもので新星や超新星でもなければ騒がれることもありません。
その点、彗星は一期一会です。
0217p100116_1316ut0118p100116_1324ut0029p100116_1335utP2009q4100116_1735utC2007q3100116_1755ut
吉田誠一氏のリストの上位だったらうちのシステムならまず撮れます。
最近は大物が少ないですがSidingSpringは長く楽しませてくれます。

朝まで粘ると火星と土星も撮影対象です。
Mars100117am
Saturn100117am_2 
カメラはToUCamのままです。
カメラを良くしても望遠鏡はそのままなので期待できないからですね。

« 寒の久住(ポタ赤編) | トップページ | 寒の久住(Meade LX90-20&カメラ編) »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/33125782

この記事へのトラックバック一覧です: 寒の久住(Meade LX90-20&ビデオ編):

« 寒の久住(ポタ赤編) | トップページ | 寒の久住(Meade LX90-20&カメラ編) »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ