« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

IRフィルタレスカメラのフィルタ

IRフィルタレスカメラはその広い帯域で赤外星雲を比較的楽に写すことができます。
ところが写るのは星雲の赤外に限定されませんから全般に赤い撮像になります。
2002年6月の自分の記事にすでにこのあたりの記述があります。
http://homepage3.nifty.com/shado/photo0206a.htm
このときはLPS-P1で対処していますが対価としては光量が減る問題があります。赤外光の元は大半が光害ですから十分に暗いところに行けばノーフィルターで光量を十分稼いで対象が撮れることになります。
今では光害フィルターとして改良型のLPS-P2や星雲撮影用のLPS-V3がEOS X2改に用意されています。前例からいってそれなりに効果が期待できますがそれなりのお値段です。コンデジでは60秒が限界だった露光も、一眼デジではたっぷり取れます。
しかし、オートガイダーなんて持っていませんから仕様上300mmで5minがいっぱいの赤道儀の範囲でしか露光は伸ばせませんから痛し痒しです。

フィルターを選ぶなら対象次第ですがLPS-V3で星雲専用にするつもりです。そうすると星の肥大化を抑えて星雲を強調できます。残念ながら最大広角がEF-sレンズなのでフィルターに対応していませんから今すぐ移行するわけにもいきません。

ノーフィルターの実例写真は下の通りです。
Ngc7000091219pm
2009/12/19PM NGC7000
EOD kiss X2 seo+EF200mmF2,8
背景が赤くなるので星雲本体とのコントラストが低下してはっきりとは浮き出してきません。

2009年12月27日 (日)

ふたご座流星群2009

12月14日の宵は平日なのにふたご座流星群を見るというので宇部市の青年の家のグラウンドで寝転びます。

会長はその間も解説。
Futago091214pms
一般に宵は流星がそんなに飛びませんがぼちぼち飛びました。

清和高原2009

師走12日、SpaceHunterさん所の忘年会に行ってきました。
今年は阿蘇外輪山南麓に広がる清和高原のロッジで開かれました。
天気予報はろくなことを言っていなかったのですがガスが多いなりに晴れちゃいました。
晴れたら飲んでいられません。

スチルだとこうなります。
Seiwa091212pms

光害が少ないからかノーフィルターのEOS X2でもあぶりだせばバーナードループまでそこそこ写ります。
Orion091212pmc
あくまでそこそこですが。

過去の経験では意外に晴れる場所だそうです。
Dsc02294
ただし、この朝はすぐ下までガスがたまっていました。
Img_0831

2009年12月20日 (日)

EOS 50Dはイルミネーションが苦手

常盤公園のイルミネーションでも顕著ですがEOS 50Dは昨今流行の青色LEDが笑っちゃうほど赤紫になってしまいます。
上は比較用のSONYのDSC-TX1です。
Dsc02385
Img_1436

LED本体だけでなく反射光やほかの色もマゼンタに引っ張られています。
設定で逃げられるのか不安です。

TOKIWAファンタジア

クリスマス前は日本全国イルミネーションの嵐なのですが宇部でもあちこちで電飾花盛りです。
その中でも常盤公園は26日までTOKIWAファンタジアと称して公募イルミネーションの点灯を行います。
Img_1431
Img_1475
Img_1443
Dsc02390

メインは観覧車自体です。
Dsc02393
でもせっかく夜なのですからこんなんもいけます。
Img_1464
いっそはちゃけてこんなのもいけます。
Img_1469
合成寸前の写真です。

2009年12月17日 (木)

秋吉台の初冬

12月7日は月曜日ですがあまりの天気に秋吉台に向かいました。
Akiyoshi091207pms
2時間で200枚以上撮影して比較明合成するとこんなものですが、これだけ撮って流星が一個だけとは辛いものです。
Img_0439

ただし、撮影の目的は星雲です。
EF200mmです。
Ngc7000091207pmb2
Orion091207pmb2
赤道儀が2時間しか持たない上に自動ガイドでもないのでLPS-V3を使うのはちょっと躊躇します。しかし波長を絞らないと広角では想像したように星雲は浮き上がりません。
Scene091207pmd
EF28mmです。

史上最遠のパパラッチ

自宅裏の25センチの望遠鏡で100km先の人物を撮影した人がいます。

http://apod.nasa.gov/apod/ap090410.html

なんとISS上で作業している宇宙服姿の人物です。
ちなみにその人のHPはこちら。

http://ralfvandebergh.startje.be/vieuw.php?qid=328303

気流が不安定な日本ではちょっと難しいでしょうね。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ