« 長門峡月光写真 | トップページ | スターパーティーin白木峰2009年秋 »

2009年11月10日 (火)

Cyber-shot DSC-TX1

QV-10を使っていたほどデジカメが好きです。私用が多いので個人で購入して会社でも使うスタイルだったのですが工場の現品写真を撮るようになり従来使っていたカメラが不都合になりました。
根本的にマクロに弱いのです。昔のQV系はCASIOのお家芸で1センチまで寄れるのですがでかいので現場に持ち込めません。ポケットに入って1センチマクロが可能なデジカメがその昔のSONYのDSC-T1というヒット商品です。これを投入して写真記録は大幅に改革されました。ただし、屋内は暗いので油断すると手ぶれの嵐でしたがDSC-T50に乗り換え高感度と光学式手ぶれ補正で改善しています。

DSC-T50で困ったのも感度不足でした。しかし、このころのデジカメは高画素戦争の最中で実質的には高ノイズ化に過ぎませんでした。
そんな時に裏面照射CCDが投入されたのです。つい買っちゃいましたね、DSC-TX1。

確かにノイズは少ないし手持ち夜景モードはすばらしいです。薄いので形態性もいいです。オートにしておけばほとんど破綻なく撮れる優れものです。が、元画像階調は減っています。解像度もVGAからいきなり3Mになるので一コマが1.5MBにもなってしまいます。1M解像度高感度(低ノイズ)モードがほしいです。光学系が変わらないためか解像感が出ません。どうにも欲求不満ですね。

TX1を特徴付ける圧倒的に面白い機能がパノラマです。
Dsc00345
この写真が継ぎ接ぎせずに一振りで撮れるのは快感です。
Dsc00272

« 長門峡月光写真 | トップページ | スターパーティーin白木峰2009年秋 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/32166017

この記事へのトラックバック一覧です: Cyber-shot DSC-TX1:

« 長門峡月光写真 | トップページ | スターパーティーin白木峰2009年秋 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ