« 比較明合成(の2) | トップページ | 星降る夜の『蟻の城』 »

2009年7月 6日 (月)

比較明合成(の3)

 露光時間と写りを比較したものが下です。
[モデル]
Canon EOS 50D
[撮影日時]
2009/07/04 23:00:00
[画像サイズ]
4752 x 3168
[焦点距離]
18.0 mm
[撮影モード]
M (マニュアル)
[レンズ型名]
EF-S18-55mm f/3.5-5.6 USM
[ホワイトバランス]
電球
[フォーカスモード]
MF

[シャッタースピード] 300秒×1[絞り] F16[ISO感度] 100
Sakaegawa090704pm300

[シャッタースピード] 30秒×10[絞り] F3.5[ISO感度] 100
Sakaegawa090704pm30

[シャッタースピード] 15秒×20[絞り] F3.5[ISO感度] 200
Sakaegawa090704pm15

[シャッタースピード] 8秒×40[絞り] F3.5[ISO感度] 400
Sakaegawa090704pm8

 月の部分を拡大して並べると下のとおり。
Closeup090704pm
 つまり露光時間を減らしてでもISO感度は上げたほうがよさそうです。
 しかし、記録枚数は壮絶に増えていきます。 回避するために露光時間を短縮する代わりに絞りで対応したいところでしょうがこれは意味がありません。 あくまで星が日周運動をしているから比較明合成で効果が出るので絞りで星の明るさを絞ってはいけないのです。

 したがって設定は実用範囲で絞りをできるだけ開けて、ISOもできるだけ上げ、地上のオブジェクトが適正露出になるように露光時間を切り詰めていきます。 我慢できる範囲で露光時間を短くすることで星を鮮明に記録できるのですが上の例でISO1600まで上げようとすると2秒×160枚などという頭が痛い数字になります。

 JPEG1500万画素だと5MByte×160枚になるのでレタッチソフトで開くのは難しいですし、PCの動作も怪しいです。 でもLightenCompositeだけならいけそうなのでトライの価値はありそうです。

« 比較明合成(の2) | トップページ | 星降る夜の『蟻の城』 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/30416344

この記事へのトラックバック一覧です: 比較明合成(の3):

« 比較明合成(の2) | トップページ | 星降る夜の『蟻の城』 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ