« 連休前の新月 | トップページ | いて座の天の川 »

2009年5月 4日 (月)

春は系外銀河(の2)

で、ディープなのです。
普通はこんなICクラスは追いかけないのですが月の大きさほどの領域に系外銀河がひしめいている所は結構面白いです。
Ngc4889090419amm
NGC4858 NGC4860 NGC4864 NGC4865 NGC4867 NGC4869 NGC4871 NGC4872 NGC4873 NGC4874 NGC4875 NGC4876 NGC4883 NGC4886 NGC4889 NGC4894 NGC4898 NGC4906 NGC4907 NGC4908 IC3955 IC3960 IC3968 IC3973 IC3976 IC3998 IC4011 IC4012 IC4021 IC4026 IC4030 IC4033 IC4040 IC4041 IC4042 IC4044 IC4045 IC4051
Ngc4005090419amr
NGC3987 NGC3989 NGC3993 NGC3997 NGC3999 NGC4000 NGC4005 NGC4009 NGC4011 NGC4015 NGC4021 NGC4022 NGC4023
Ngc4065090419amr
NGC4056 NGC4057 NGC4060 NGC4061 NGC4065 NGC4066 NGC4069 NGC4070 NGC4072 NGC4074 NGC4076 NGC4086 NGC4090
Ngc4095090419amr
NGC4089 NGC4091 NGC4092 NGC4093 NGC4095Ngc3842090419amr
NGC3837 NGC3840 NGC3841 NGC3842 NGC3844 NGC3845 NGC3851 NGC3860 NGC3861Ngc6047090419amr
NGC6040 NGC6041 NGC6042 NGC6043 NGC6044 NGC6045 NGC6047 NGC6050 NGC6054 IC1170 IC1178 IC1179 IC1181 IC1182 IC1183 IC1184 IC1185

まじめに計画していればもっと凄い名所もあったでしょうが現場で調べたのでこんなものです。
現場で調べられるのがデジタル観測のいいところでもあります。

« 連休前の新月 | トップページ | いて座の天の川 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

しゃあさん、こんにちは。

スゴイ数の銀河ですね。
私も微光の彗星を狙った時には、視野をDSSでチェックすることがあるのですが、画像では17-18等の微光星と思える星像が意外にも名も無い銀河だったりしてます。

ところで先日、仙台での彗星会議の翌日に遠刈田温泉に寄ってみました。蔵王の入り口あたりです。

泉質は「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物線」、
泉温は68.7℃、使用温44.7℃と書いてありました。
ちょっと緑色かかった湯で、加水、掛け流しでした。

温泉街の側溝に湯気が上がった水が流れているのは良いもんですね。

これほどの微光銀河あると彗星探査や超新星探査の大変さが思いやられます。

東北の温泉はほとんど入っていませんものねぇ。
一頃はよく通ったのにもったいないっす。

初めまして。3年ほど前に夫の転勤で関東からやってきて、小野田に住んでいます。
山口に来てから天体観測に目覚め(それ以前にも天文台には何度か足を運んでいたのですが)、とうとう望遠鏡を買ってしまいました。
ベランダ観望をしているのですが、独学でやっているので、光軸が合っているのか?とか、ちゃんと目的の星を捉えているのか?などなど、まったく自信もなく、確かめるすべもなく・・・
近くで天文関係の方がいらっしゃらないか?とネット上をさまよっていたら、偶然しゃあさんのブログにたどり着きました。
ブログにも九州でのスタパの様子などが紹介されていましたが、宇部・小野田周辺で星を見る方々のグループ活動や定期観測会などは行われているのでしょうか?
現在、乳児がおりますので活動に制限があるかもしれませんが、いろいろと基本を教えていただきたく、観測会などがあればぜひ参加したいです。
このGWは岡山の美星天文台に行き、乳児も一緒に土星や球状星団M3やM5を見てきました。

たみさんはじめまして。
何しろ夜にゴソゴソする趣味なもので途方にくれているのではないかと思います。
幸い、地区には宇部の勤労青少年会館のプラネタリウムがあり、天文教室が組織されています。
http://blog.goo.ne.jp/hisayuki1942/
日曜日の14時からプラネタリウムの定期上映がありますのでこの投影の担当(ひさゆき)にメーリングリストへの参加を希望されると日々の観望会の連絡が配信されます。
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/avedu/1/index.html
雰囲気を理解されて天文教室に参加されてもよいです。
また、下関の菊川町星を観る会でも秋吉台での観望会を年に幾度か組んでいます。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors/5072/newpage1.htm
30cm-40cmの大望遠鏡で天体観測を楽しませてくれます。

天体写真をやっている人は基本的に集まらないのでネットでの情報交換が多いですね。

しゃあさん、ご丁寧にたくさんの情報を本当にありがとうございました。
勇気を出して、こちらに書き込んで良かったです。
宇部にプラネタリウムがあるのは知りませんでした。観望会も行われているんですね。
さっそくメーリングリスト参加の手続きをしたいと思います。
また下関の星を観る会もなるべく参加できたらと思っています。
山口にいるからには、ぜひ秋吉台で観たいです!
天体写真の方々は、個々に目的があるので集まらないのでしょうか?
私もいつかは天体写真が撮れたら・・・と憧れますが、まだまだ初心者ですので、もっと勉強してから、少しずつ機材を揃えていけたらいいな、と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/29432832

この記事へのトラックバック一覧です: 春は系外銀河(の2):

« 連休前の新月 | トップページ | いて座の天の川 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ