« 長者ヶ森試写(4/10) | トップページ | 光の海 »

2009年4月16日 (木)

春休みと連休の狭間

3月28日から2年間、ETCの上限が1000円になりました。環境面はともかく経済的にはいい政策です。困るのはみんなが一斉に動く点で春休みは諦め、連休も渋滞情報だけで真っ当な旅は諦めました。仕方ないので狭間の休日に家族サービスします。

深夜に家を出て高速に乗ると北熊本のSAで仮眠を取って阿蘇の温泉へ。
Dsc00394
呆れるほどワンパターンですな。生憎、熊本で朝早い湯屋は他には内牧くらいしか知りません。ちなみに帳場で連休の入りを聞いてみると春には相当無理があるトレーラー施設まで予約が埋まったとか。これ、結構凄いことです。
勝手知ったる南阿蘇で遊ぶのも面白いですが今回は仙酔峡に回ってみました。当然ミヤマキリシマは咲いていません。それではロープウェイで・・・
Dsc00404
片道750円?歩いて戻ってくる人は稀でしょうから往復割引無しの1500円!
今回のところは「勘弁してやる」ことにしました。

下界に降りると阿蘇神社の商店街に向かいます。あざといですがこの通りが好きです。
Dsc00419
この街は湧水に恵まれ、一方の阿蘇神社は火祭りで知られるのでこの対極が面白く、街としてのカラーの統一の仕方が黒川温泉のように上手です。ここの肉屋でおやつにコロッケを購います。

九重に向かう途中に八丁原地熱発電所がありその下に「地獄」があります。
Dsc00422
入場無料です。生卵を持参すれば9分で茹で上がる湯溜まりもあります。

その先があの吊橋です。
Dsc00443 
九重夢大吊橋、今日も良く揺れています。一部の人には大悪夢吊橋でしょう。

この後、酒蔵の祭りに寄って遅い昼食の後、再び高速道ですがど基山PAも古賀SAも大繁盛です。連休を想像すると痺れますね。

« 長者ヶ森試写(4/10) | トップページ | 光の海 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/29136632

この記事へのトラックバック一覧です: 春休みと連休の狭間:

« 長者ヶ森試写(4/10) | トップページ | 光の海 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ