« Comet Lulin 2009/03/01pm | トップページ | Manfrotto 055XPROB »

2009年3月 4日 (水)

トカラ皆既日食(の04)

種子島日食ツアーは3月6日に種子屋久ツーリストのHPに詳細が掲示され3月10日に一斉申し込みになります。ホテル・民宿を使う2泊3日ツアーが先行し、4月にはテント利用ツアーが募集になります。ただし、総計3400人募集と意外と少数です。
困ったことに同好会のツアーは1泊2日なので種子屋久ツーリストは「面倒見れない」と突っぱねられています。船、宿、足をセットで販売するので足だけ寄越せといっても駄目らしいです。この辺りがフィックスされないとツアーのガイダンスもできません。小林会長ところのガイダンスは3月14日の予約が始まり、17日には県博の天文談話会のテーマも日食です。

日食ブームはおそらく突然やってきて、そのときにはすでに皆既日食を見る術がないという不満が日本を覆うのではないかと恐れています。
古くから天文が重要な国家事業だったのは有名な事実で万一、日食や月食の予報を外すと国家不安を引き起こす元になりえました。7月22日には日本で皆既日食が起きるのにほとんどの日本人がこれを見ることができないわけで、政府はこの件について「2035年9月2日に能登から茨城にかけて観測しやすい皆既日食が起きるのでこちらをお待ちいただきたい」程度のことしかいえそうもありません。日食で国会が解散することはないでしょうが鹿児島の港でチケットを闇で売買する程度のことは起きそうです。

« Comet Lulin 2009/03/01pm | トップページ | Manfrotto 055XPROB »

「天文」カテゴリの記事

コメント

「足」は本土からあらかじめ運んでおくという奥の手は、札束でひっぱたくのにも似て、可能といえば可能です。
通常の貸し切りの3倍の値段をふっかけられるのでひっぱたかれるのは我々の方。
ハイヤー契約のタクシー10台連ねる方がましかも。
ま、それも取れればの話だけど。来週が山場か。
月末日曜(3/29)プラのあと16時から第一回打合会開催を考えています。

貴兄にメールを入れておきましたが、往7/21
復7/22の40人の足は確保できました。
あるタクシー社が26人乗り(運転手付き)を中心に組み立て、請け負うと言います。
やったね。これで9割方完成だね。後はメシの問題だがこれは何とでもなる。

9割完成?帰着までの道のりで見れば5合目かもしれませんよ。
打合せ会で皆さんの認識を揃えてじりじり前に進みましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/28472895

この記事へのトラックバック一覧です: トカラ皆既日食(の04):

« Comet Lulin 2009/03/01pm | トップページ | Manfrotto 055XPROB »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ