« 9月観測のヒゴタイsideB | トップページ | 秋の秋吉台 »

2008年11月 2日 (日)

ひかり害

ひかり害は天体観測の致命傷ですが困ったことにほかにも影響がありそうです。
ちょっと、並べるとこんな調子です。

  1. 植物への影響
    街灯横の街路樹には紅葉しないものが出ます。
  2. 昆虫への影響
    ホタルは光れないので個体数が減少する。
  3. 魚類への影響
    堤防の街灯下には魚が集まる。
  4. 鳥類への影響
    渡り鳥の夜間飛行ルートが変ります。
  5. 哺乳類への影響
    夜行性のものには影響が出ます。
  6. 防犯上の影響
    昼間の交番同様分かりにくくなります。
  7. 幼児創造教育
    常夜灯があると暗闇に対する感性が変です。
  8. 景観への影響
    薪能をライトアップするようなものです。
  9. 文化への影響
    天の川を見たことがない子に七夕を解説することになります。
  10. エネルギー問題
    説明するまでもなし。

秋吉台最大の観光資源は星空とも言います。
失われたら回復が困難なのはほかの自然破壊と似ています。
但し、要因は複雑に絡み合っており、たとえば透明度の低下はひかり害を加速しますが西日本では中国からの煤塵が急速に侵食し、天文ファン垂涎の五ヶ瀬も気流次第で凡百の観測地に成り下がるのです。

« 9月観測のヒゴタイsideB | トップページ | 秋の秋吉台 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/24962938

この記事へのトラックバック一覧です: ひかり害:

« 9月観測のヒゴタイsideB | トップページ | 秋の秋吉台 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ