« 天文動画をアップロードする | トップページ | 新月の土曜日は »

2008年8月31日 (日)

喜和田鉱山鉱石資料館閉館

Dsc00255ありふれた路傍の石も識別・分類し付箋を貼ることで資料になり、その特性と加工法を極めることで価値を持つようになります。多くの少年たちはそんな石の不思議さに取り付かれますが多くは世事に紛れて忘れてしまいます。でも、そんな「少年」時代を取り戻せる場所が岩国の奥にありました。

Dsc00243  「光る石」と書かれた謎の看板に誘われ導かれた「少年」たちがようやくたどり着くとそこには雄弁な石たちが待ち構えていたのです。
その名を喜和田鉱山鉱石資料館といいました。
Dsc00234 Dsc00229 元は日本屈指のタングステン鉱山でした。山が開かれたのは1669年ですがタングステン鉱山として着目されたのは1909年のことでした。安い中国のタングステン鉱石におされて平成4年に閉山し平成19年に価格高騰を機に最後の鉱石を出荷し、ついに資料館の閉館を迎えました。

Dsc00256こうして8月31日は大勢の人が名残を惜しみに訪ねてきたのでした。購った小さな石は他の人には無意味でも私にとっては「喜和田鉱山を記念する石」として特別なものになりました。Dsc00265

でも、世間は圧倒的に山口ちまきやの閉店を惜しんでいるのでした。

« 天文動画をアップロードする | トップページ | 新月の土曜日は »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

貴和田鉱山の館長さんの今の連絡先がわかりますか?お元気ですか?なつかしいです。奥様共々御顔をみたいものです。もし連絡のアドレスを御存じでしたらおしらせくださいませんか。お願いします。広島の家花です。

残念ながら京都の自宅の連絡先は存じ上げません。
京都の社宅で博物館を開いておられますからこちらを紹介します。
http://hikaruishi.web.fc2.com/pic41.jpg
http://hikaruishi.web.fc2.com/
掲示板の記録を見ますと気まぐれに開館しているご様子ですね。

ご親切にありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/23388689

この記事へのトラックバック一覧です: 喜和田鉱山鉱石資料館閉館:

« 天文動画をアップロードする | トップページ | 新月の土曜日は »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ