« 湯田温泉 ホテル喜良久 | トップページ | 初夏の星空(系外銀河) »

2008年6月 7日 (土)

ヒメボタル

080607himehotaru0 昨年記録できなかったヒメボタルです。
水棲ホタルと違って幼虫はオカチョウジガイというカタツムリを食べる陸生のホタルです。
メスは飛翔しませんから観察されるのはオスと思っていいです。
一秒間隔という短い間隔でストロボのように明滅します。
小さなホタルなのに大変なパワーを感じさせます。
他のホタルのように数が集まるとシンクロして光ります。

080607himehotaru ヘイケボタルやゲンジボタルの明滅は筆書きのような光の増減がアナログを思わせますがヒメボタルはデジタル的な光が印象的です。
できればバッチリピントを出したかったです。

« 湯田温泉 ホテル喜良久 | トップページ | 初夏の星空(系外銀河) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/21484250

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメボタル:

« 湯田温泉 ホテル喜良久 | トップページ | 初夏の星空(系外銀河) »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ