« 月見花見土星見物 | トップページ | 連休○○に行きました(4月版) »

2008年4月29日 (火)

三瓶温泉 湯元旅館

☆☆☆☆
DSC06760 三瓶山は車で一回りしても面白いですが、スキー場から大平山にリフトで上がれますから気軽に三瓶山の爆発カルデラも見ることができ、三瓶自然館サヒメルで三瓶山の歴史と自然を知ることもできます。
 蒜山とよく似た雰囲気はあるのですが端的に交通の便が悪いので人ごみや渋滞とは無縁です。
逆に言えば観光客も限られ三瓶には共同湯が二つあるのにホテルや旅館は4軒しかありません。

 これらの中で温泉好きが指名で宿泊することが多いのが湯元旅館です。
 日帰り湯が難しいというのも理由のひとつですが源泉に最も近いことを生かしていることもポイントが高いです。
DSC06708  浴室は二つあるので普通は男湯と女湯にするところですが部屋数が少ないので家族風呂として使うようにしています。
 スリッパがあれば入浴中の合図で右が泥湯で左が岩風呂です。
 泉質は含塩化土類食塩泉ナトリウム・カルシウム-塩化物炭酸水素塩泉37℃でしょう。
DSC06664 泥湯の浴室に入ろうとすると無人のはずなのに中でボコボコ音がします。
  音の正体はガスとともに噴出す湯です。
 透明度がほとんどないコーヒー色の湯が大量に湧いています。
 泥がたまるようにするには湯を絞って酸化させて泥が逃げないようにするのですがここまで湯量が多いと湯口近くはきれいなものです。
 炭酸はあまり強くないので辛い湯ではなく、少し塩辛い程度です。
 ぬるいので自然に長湯になり、30分程度は当たり前に入っています。
DSC06679  その間にも体の上に泥はたまり続け上がる前に体を撫でるとこのありさま。

DSC06725  岩風呂はなんと浴室に滝がありなんつーか・・・やかましい!
 湯気があるのでクローズアップですが高さ2m、長さ3mを順に下ってきます。
配管中にも泥がたまるらしく湯の濃さが変わるのも面白いです。
 湯は同じですからこちらも当然コーヒー色の37℃です。
DSC06681  これほどの湯が1坪足らずの湯船に注ぐと洗い場は湯があふれます。
DSC06682  実はもうひとつ排湯口が設けてあります。
二つの湯船からあふれる湯は掛け流しなんてものではなくなります。
 あえて加熱しないのは拍手ものですが岩風呂にはボイラー温水も出すことができます。

2008/04/27-28入湯

« 月見花見土星見物 | トップページ | 連休○○に行きました(4月版) »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

天文台の研修旅行で、三瓶自然館サヒメルへ行ったことがあります。
埋没林は見られましたか?
埋没林1本売ったら1億円だそうな(^^ゞ

それと、五藤のクーデ式望遠鏡は1台?千万円だそうーな・・・ひぇ~。
4台で億単位。

どちらも一昨年カバーしています。
天体施設があっても単独峰は晴天率が悪いのが頭痛の種だそうです。
4台がシンクロで動くところをぜひ見てみたいです。

後半連休は何しましょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/20648988

この記事へのトラックバック一覧です: 三瓶温泉 湯元旅館:

« 月見花見土星見物 | トップページ | 連休○○に行きました(4月版) »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ