« 春の気が立つ | トップページ | なかま温泉 »

2008年2月19日 (火)

月光写真

 月が大きくなると普通天体写真はお休みにするものです。
 一眼デジがいいのは露光のバリエーションと自由度が高いところです。
 これを活かすと月光写真という分野も遊べます。
Akiyoshidai080218pm おなじみ秋吉台です。
 気をつけるのはホワイトバランスを電球などの低温に設定することです。
 そうしないと間抜けた昼間の眺めになります。
 人間の意識としては「月は青い」のですが実際は太陽よりも赤いのです。
 心象とあわせるにはやや青っぽく処理する必要があり作業の簡便化にはホワイトバランスを触るのが有効なのです。Akiyoshidai080218pm0

 露光はオーバー気味にしてRAW現像するほうがきれいです。
 露光もISO感度、絞り、露光時間の組み合わせですから背景の星を流すか、手っ取り早く撮るかで考えることになります。
Akiyoshidai080218pm1 当面人口光が入る月光写真は面倒なので課題を先送りしています。
 月光写真も順光と逆光がありますから使い分けもいります。

 予定では29日はこの草原も山焼きで真っ黒になります。

« 春の気が立つ | トップページ | なかま温泉 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/10626719

この記事へのトラックバック一覧です: 月光写真:

« 春の気が立つ | トップページ | なかま温泉 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ