« レッツノートCF-T1昇天 | トップページ | 新年例会08 »

2007年12月31日 (月)

湯免温泉 大衆浴場

☆☆☆
Dsc02304  ウサギが見つけたという湯免温泉には観光ホテルが併設する大衆浴場があります。
 最近はふれあいセンターという新しい公共施設の方がにぎわっているようです。
 2007年12月に新装開店し「うさぎの湯」という名称になっています。
 今回は受付から湯屋までの一貫性を明確にすることと内装の一新、家族露天風呂の新設とそれに伴う浴室の改装と大掛かりですが基本的なレイアウトには変化がありません。
 料金は250円から300円に値上がりしたのは昨今の燃料事情では加熱温泉なのでやむをえないでしょう。
Dsc02313  湯船はひょうたん型から方形になりました。
 湯自体には代わりがなくアルカリ性単純放射能泉なので特徴がありません。
 いけないのは改装直後であるためか温泉公共利用許可済票、温泉分析書、温泉分析書別表、温泉法施行規則改正新掲示、レジオネラ属菌検査済証の掲示がありません。
 地区共同浴場にはよく非掲示の場合があるのですが管理者が常駐している場合にはいただけません。

Dsc02332   「ウサギの湯」の母屋の湯免観光ホテルは何本も井戸を持っていますが源泉はちょっと離れた場所にモニュメント的に残っています。
 隣に小さな祠も祭ってありこの温泉の謂れがつづられています。

2005/12/05入湯
2007/12/23再入湯

« レッツノートCF-T1昇天 | トップページ | 新年例会08 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

うさぎの湯の貸切風呂の対応は最低・最悪!田舎の企業ということを勘案しても、従業員に対するサービス業の基本教育がなってない。2~3日前に湯免観光ホテルへ貸切風呂の予約を入れて、予約時間の12時に行くと、うさぎの湯の受付のおばちゃんが要領を得ない。ホテルへ確認を入れてもらうと、確かに予約は入っていたが、ボイラーの故障があったとかで、今からお湯を入れるので40分くらい待ってもらうと・・・はぁ?何のために予約した時に携帯番号を教えてるの?ボイラーが壊れたのは不可抗力で仕方ないにしても、事前連絡が無いのはどういうこと?こっちだって遠くから来て、タイムスケジュールを組んで動いてるんだから、この時点で40分ずれると困ると思わないのかが不思議。結局キャンセルして次へ行ったけど。信じられないのはその後ホテル側からの連絡が一切無いこと。どうとも思ってないらしい。こちらから電話して支配人らしき人に聞いたら、報告は上がっていたらしく御存知の様子。で、なんで連絡して謝罪の一言もないのかなぁ?やれやれ┐(-。ー;)┌経営者がかわいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/2559575

この記事へのトラックバック一覧です: 湯免温泉 大衆浴場:

« レッツノートCF-T1昇天 | トップページ | 新年例会08 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ