« 長湯温泉 ながの湯 | トップページ | 長湯温泉 御前湯 »

2007年7月 1日 (日)

やまぐち号

 「山口の玄関」というのはいくつもあります。
 橋で言えば東の錦帯橋から西の関門橋で空からは山口宇部空港、フェリーだと徳山港、国際フェリーなら下関がそれに当たります。
 ですが、一般的には小郡駅=新山口駅でしょう。
 この新山口駅から出るのが蒸気機関車のやまぐち号です。
 使用されるC57は貴婦人の愛称があり専用のサイトもあります。
http://www.c571.jp/

 主に夏休みや土日に運用され、日曜日は多くのカメラマンの被写体になります。
 朝、10:34に新山口駅を出て12:35に津和野に着きます。
 逆は15:33に出て17:17に帰ります。
 熱心なカメラマンではありませんが6月30日に試写に行きます。
 出遅れたので津和野発を長門峡で待ちます。
Img_1679_1  Canon EOD 400Dに300mmを付けて狙ったのですが予想外に大きくカーブから出てきました。
 この時点で16:20過ぎです。
 あまりいい写真ではありません。
 ところがやまぐち号の撮影には裏技があります。
 やまぐち号は遅いのです。
 ですから車である程度走れば追いついてしまいます。

Sl070630

 仁保駅に移動して歩道橋から撮ったのがこの画です。
 今回はコンパクトデジカメで撮っています。
 新山口発のほうが登坂で煙が多いはずですが逆向きなら煙がありません。
 ここまで来れば帰宅のついでですから新山口駅の前に向かいます。

Dsc04361  下郷駅の踏切からコンパクトデジカメで撮ったのがこれです。

 車の移動であれば何度もシャッターチャンスが作れるやまぐち号の見物はいかがです?
 下りと上りを狙えば一日で8回くらいは狙えそうです。

« 長湯温泉 ながの湯 | トップページ | 長湯温泉 御前湯 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

山口の玄関口、という見方で、橋とすれば、東の錦帯橋、西の関門橋というのはなかなかいい。
山口県を長方形として、左下隅は関門橋、右下隅は大島大橋。左上隅は角島大橋。
さて、右上隅は?
そして錦帯橋はどのコーナー?
コーナーじゃないよね、やっぱ。

SL Part2.
仁保病院に勤めているとき、やたら、遠くから病院に“健常者”が来ると思ったら、SLファンだった。どうやら、撮影適地として病院裏手のトンネル出口が紹介されていて、車は病院の駐車場が最適とされているという。
いや実際そのとおりで、ただで車をおかしてやるから、写真をよこせと言ったら、半分冗談だったのだが、こちとらの面がこわいから、モロマジで受け止められ、すばらしい画を加古川の人が送ってきたことがあったよ。恐縮した覚えがある。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/6993434

この記事へのトラックバック一覧です: やまぐち号:

» デジタルカメラ ランキング [デジタルカメラ ランキング]
最新のデジカメ情報と口コミは入手しにくいですよね。私も随分と探したんですけど.. [続きを読む]

« 長湯温泉 ながの湯 | トップページ | 長湯温泉 御前湯 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ