« 筌の口温泉 共同浴場 | トップページ | やまぐち号 »

2007年6月20日 (水)

長湯温泉 ながの湯

☆☆☆
Dsc02058  「黒川の次は長湯」とも言われますが、本当にそんな時代が来るのか疑問なのは長湯というエリアが漠然としていることです。
 ながの湯はちょっと長湯の町から外れますが湯自体は極めて上質です。
 マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉42℃で蒸発残留物も3g/kgを超えます。
 看板も目立ちませんがもう少し奥のあすかの湯の看板は林立していますから道標になります。
Dsc02044  番台には誰もいないことがあります。
 ひょっとするとそれが当たり前の状態かもしれませんが、ウェブカムがPCに画像を蓄えているだけのお留守番です。
 賽銭式に200円入れると湯屋に入ります。
 脱衣所は小ぶりですぐ隣が浴室です。
Dsc02046  浴槽に塩ビ管から湯が注がれていますが、ごぼごぼと息をしながら湯が出ていますから源泉からそのまま注いでいるようです。
 つまり湯の鮮度がいいので泡付きがあります。
 ただし、湯温がありますからラムネ温泉のような泡は期待できません。
 緑のかかった茶色の炭酸水素塩泉の湯は長湯でも鮮度がよくなければ出ない色です。
 大きな浴槽や露天風呂で欲張っていないに好感が持てます。
 個人的にポイントが高かったのは空いてたことかもしれません。

2006/10/21入湯

« 筌の口温泉 共同浴場 | トップページ | やまぐち号 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/6853738

この記事へのトラックバック一覧です: 長湯温泉 ながの湯:

« 筌の口温泉 共同浴場 | トップページ | やまぐち号 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ