« 松月堂 パウンドケーキ | トップページ | 長湯温泉 ながの湯 »

2007年6月19日 (火)

筌の口温泉 共同浴場

☆☆☆☆
Dsc02075  九重夢大吊橋の近くにある筌の口温泉は温度が高い炭酸水素塩泉です。
 訪ねた日は大吊橋の町民への披露日だったためか共同浴場は空いていました。
 共同浴場には駐車場がないので表の旅館の駐車場において賽銭式で200円駐車料金を入れます。
 浴場の料金も200円ですが受付が空いているのは朝から夕までです。
 ところが浴場はありがたいことに終日開いていますからこちらも賽銭式になります。
Dsc02071  戸を開けると日本的霊性に基づくセキュリティシステムがあります。
 薬師如来の祠があり線香が炊いてあるだけなので今時の人間に効果があるかどうか。
 薬師様がいらっしゃるのは脱衣所ですからわざわざ線香をあげると衣類を薫き上げることになります。
Dsc02068  戸の向こうにあるのは通路を残してドーンと浴室を占領する長大浴槽です。
 溢れる湯は源泉48.5℃のナトリウム・マグネシウム・カルシウム泉炭酸水素塩-塩化物-硫酸塩泉と表示されています。
 聞きなれない呼称ですがマグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉と見ていいでしょう。
 まずは掛かり湯を・・・源泉48.5℃を掛け流すとこうなるんですか?
 湯船が長大になっている事情も概ね分かりました。
 湯口から下手に行くほど湯温が低くなるから湯船が長いに違いありません。
 一番下から湯に入ると・・・我慢できないわけじゃないですがジンジンと痺れるように体が温まります。
 要は長い湯船に一箇所も仕切りがない上に湯量が多いので表面に近い熱い湯が下手まで一気に流れるんです。
 どこか一箇所下抜きの堰があればずいぶん変わるのじゃないでしょうか。
 しかし、地元の人間にこんな難行苦行を強いているとも思えないのでどこかにヒントがあるはずだと見渡すとありましたよ、水桶が。
 家庭用の小さな浴槽に鮮烈な冷たい水をザンザン注いであります。
 熱い湯でギリギリまで頑張って湯船を飛び出すと、洗面器を掴み冷水を汲んで何杯もかぶります。
 こりゃ、気持ちいい!
Dsc02070  あらためて、熱い湯に入ります。
 今度はかなり長く粘れます。
 粘ったらまた冷水をザンザンかぶります。
 おそらくこの方法が正解ではないかと思います。
 那須湯本温泉の鹿の湯にも教えてあげたい方法です。
 実質400円なのでちょっと辛いですが、24時間営業は魅力です。
 熱いのがダメな人はお隣の旅館新清館か、営業時間が11時からの筌の口第二温泉へどうぞ。

2006/10/21入湯

« 松月堂 パウンドケーキ | トップページ | 長湯温泉 ながの湯 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/6843418

この記事へのトラックバック一覧です: 筌の口温泉 共同浴場:

« 松月堂 パウンドケーキ | トップページ | 長湯温泉 ながの湯 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ