« 2006年12月度流星統計 | トップページ | UFOCapture等利用者会議 »

2007年1月22日 (月)

EOS Kiss デジタル X導入

一眼デジカメは事情があって避けてきました。
 避けてきた最大の理由はこいつが金食い虫だからです。
 イニシャルコストは目をつぶるにしてもせっせとレンズコレクションを作る予算はありません。
 また、現在のTGv-M(=WAT-120N=StellaCam II)はビデオですから1/30secだの8.5secだのと追尾精度を無視する露出時間で楽しているのですが、一眼デジカメはそれなりの露出が利きますから光学自動追尾をつけていない今のLX90-20では荷が重そうです。
 また、ピントがリアルタイムでモニタに拡大表示できるビデオに対して一眼デジカメでこれが可能なのはOLYMPUSのE-330くらいしかありません。
 一眼デジはCCDの汚損を極端に嫌いますがE-330はスルー用の素子を別に付けることで見事に解決しています。
 持論として、一眼デジカメとはいいながら撮像画素のスルーができないならデジカメとはいいかねます。

Dsc00451  事情が変わったのはEOSが「進化」してしまったからです。
 一眼デジカメの状況を観察していたらEOS KISS DIGITALは魅力的な商品です。
 DNの時点で熱ノイズもずいぶんと低減されどこまで値段が下がるか楽しみにしていたのですが、あっという間にモデルチェンジしてDXが出てしまいました。
 ところが画素数はとうとう1000万画素に到達しています。
 正直なところ私の使い方ではそんなに画素はいりません。
 精々200万画素です。
 その分、受講面積を取って貰えればうれしいのですがこの分では天井知らずの画素数競争は続きそうです。
 それならばさっさとデジカメ本体を買っておいた方がよさそうです。
 幸い、DXは過去最高クラスの低ノイズです。
 「1月末には会議で東京だから」と予定していたら市内で異変が起きていました。
 ネットより安い店があるようなのです。
 どこよりも安いと豪語していた量販電器店が負けを認めた価格です。
 お年玉価格でしょうがこれは買わざるを得ないでしょう。(それでいいのか?)
 夕方、ふらりと訪ねてレリーズと早いCFメモリーを買ってしまいます。
 キャノンのレンズは骨董品しかないのでWズームセットです。
 本来であれば短焦点レンズで集めていくべきなのですがそんなことをすると新車を買えるほどの出費になりますからじっくり考えていくことにします。
 天文用途として考えるとフード52mm(望遠用)、同58mm(広角用)と予備バッテリー、タイマーリモートコントローラTC-80N3、マグニファイヤー、ちょっとまともな自由雲台などは押さえたいです。
 レンズは・・・うーん。
 赤道儀は・・・えーと。
 瀬尾さんへの依頼まで考えると困ってしまいます。

 自宅での試写はこんな調子です。
 光害があるのに大したものです。M31070108pm
M31
M42070108pmM42
Ngc2237070108pmNGC2237バラ星雲
Ngc1499070108pmNGC1499カリフォルニア星雲
Orion070108pmオリオン座
Ic434070108pmアルニタク周辺
M38070108pmM36、M38

 冬季でノイズも暴れていないのがいいです。
 ガイドエラーが当面の問題です。
 ただし光学自動追尾はまだ手を出す気が無いので200mmを何分ドライブできるかが調査項目です。
 もっと困るのはピントが出ないことです。
 オリンパスのE-330でもなければ難しい技ですが何とかして欲しいものです。

« 2006年12月度流星統計 | トップページ | UFOCapture等利用者会議 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

あぁぁ~、DX買ったんですかぁ~!
ゲット、おめでとうございます。
で、改造するのですか?

値段に釣られて買っちゃいました。
当分は試写に終始しますから改造しても1年後でしょうか。
さしあたりは小道具の取り揃えが大変です。

こんど(2/16)、宇部天文クラブに持ってきて。待ってます。

晴れないと作例が集まらなくて大変です。
手抜き撮影したものがあるのでいいかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2006年12月度流星統計 | トップページ | UFOCapture等利用者会議 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ