« 大河内温泉 いのゆ | トップページ | 三朝温泉 河原露天風呂 »

2006年12月10日 (日)

湯谷温泉 グランドホテル ニュー湯谷

☆☆☆
Dsc03227 昔は山口県下関市の湯谷温泉にも公衆浴場がありました。
 今は宿などの付属施設ばかりになったので少々敷居が高くなっていますが、駐車されている車は日中でも多いので人気がありそうです。
 ラドン泉と聞いていたので期待していなかったのですが以前から気になっている看板の内容を確認するつもりで出かけました。
Dsc03226 この看板ですが、550円です?650円です?
 先に正解を書きますと、飛び込みで入って650円ですがこのときサービス権がもらえるのでリピートすると550円なのです。
 さて、ニュー湯谷の外観を見るだけで風呂好きが期待してしまうのはホテルの右上です。
 「この空中通路の先に独立した湯屋があるに違いない」という点です。
 案の定最上階から渡っていくことになります。
Dsc03182 脱衣所は大きなものではないですがドライヤなどは揃っていますしコインロッカーも置いてあります。
 浴室も脱衣所なりの大きさですが大き目の内湯、源泉浴、露天、飲用と個人的には惚れ惚れするセレクトです。
 ラドンだから無色透明なのですが「!」なことに湯の花が咲き誇っているのに仰天。
 詳しくはないのですがメタケイ酸かメタホウ酸だと思われる湯面に埃のように現れるタイプです。
 こいつは侮れませんから仔細に観察すると湯を棄てる量から考えるとバブルはかけているものの実質的に掛け流しです。
Dsc03204 そのためか塩素の臭いは全くしません。
 湯船から溢れる湯の処理も見事で洗い場の床を洗い流しています。
 源泉風呂は飲用泉がそのまま溜まるように作られていますが、源泉温度が22.5℃なのでかなり痺れます。
 源泉を生かすには内湯の温度を0.5℃でも上げるべきでしょうが、サウナがないので利用率は低そうです。
 内湯に満足して露天風呂ですが・・・床がセメントですし、どこかが割れたのか湯面が昔より5cm程度下がっています。
Dsc03175 小さな露天ですのでおまけ程度に考えた方がよさそうで、見える景色も空ばかりです。(じゃないと世間から丸見え?)
 予想を裏切るよい湯を裏付ける事実としてこの湯の豊かさが挙げられます。
 確かに温度は低いのですが有り余っているためトイレの水まで温泉水なのだそうです。
 山口県では珍しい家族湯(2100円)も完備しています。

2006/12/10入湯

2009/08/27のグランドホテル閉館をもって湯谷温泉は全滅となりました。

« 大河内温泉 いのゆ | トップページ | 三朝温泉 河原露天風呂 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/6737985

この記事へのトラックバック一覧です: 湯谷温泉 グランドホテル ニュー湯谷:

« 大河内温泉 いのゆ | トップページ | 三朝温泉 河原露天風呂 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ