« 水星の太陽面通過 | トップページ | 金曜日は晴れる »

2006年11月11日 (土)

久住の秋

 金曜日に仕事が捌けた後で天気予報を見ると前半は雲が残りますが行けそうです。
 どちらにしてもSWANを狙える時間ではないのでのんびりと明け方の天体を楽しみに久住に出かけることにします。
 オリオン座流星群と温泉を堪能するツアーの幕開けです。
 流星群のピークは土曜日夜では?といわれそうですが明日も久住で粘ればいいだけです。
 走りなれた道というのはありがたいものでほとんど意識しないまま日田の町を通過します。
 そのため小石原工芸館に寄ることをすっかり忘れていました。
 途中遅くまで開いている湯を借りてから久住滑空場に入ります。
 悠然と店開きをしますが秋はうちのシステムにマッチした出し物が限られるのでほとんどお遊びモードです。M45061021am_1
2006/10/21AM
SMC200mmZOOM
TGv-M

 手抜き撮影なのは先週と同じですから比較してみると分かりやすいでしょうか?
M45061015am_12006/10/15AM
SMC200mmZOOM
TGv-M

 すんごく分かりにくい比較ですが21日のほうが荒れていないのでレタッチは楽でした。
 何しろ秋とはいえ久住は8℃なのです。
 光害に関しては全面的に久住がいいとはいいかねるのですがスバルに関しては良好です。

M31061021am
 同じ要領で2006/10/21AMのものと2006/10/15AMのものを並べます。
 CRTだともはやわかる差ではありません。
M31061015am_1
 写真というのはあくまでコントラストを記録するものです。
 ガスったり、光害があったり、月夜だとかいうのは天体と背景との輝度差がなくなるのが問題なのです。
 フィルタリングは散光星雲などは特定の波長で見ればコントラストが高くなることを利用して都市部でも撮影を可能にする技術ですがフィルターに負けない感度が必要です。
 現在は冷却CCDや一部の一眼デジが該当しますが安く扱いやすい機材とはいいかねるため手をこまねいています。

M42061021am

  写真に撮るとなるともう冬物になります。

Ic434061021amNgc2024061021am 

M1061021am

 

0004p061021am SWANは無理ですが彗星もかなりあります。
 実はバースト前はFaye彗星のほうがさまになっていました。C2006t1061021amC2006l1061021am0029p061021am

Saturn061021am  土星もまだ早いですがぼちぼちいけます。
 下手糞のなのは毎度ですね。

 変わったところでは下のようなのも。
 カノープスは世間的には早春を告げる星でしょうがもう見えているのです。
 ちょっと早いのでアングルも苦しいです。
Canopus061021am  翌日も粘ろうとしたのですが朝の天気予報で下降気味だったので撤退しましたが、意外やオリオン群が絶好調だったのだそうです。
 21日早朝もずいぶんと生で見たのでこれも良しとしましょう。

« 水星の太陽面通過 | トップページ | 金曜日は晴れる »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/4151560

この記事へのトラックバック一覧です: 久住の秋:

« 水星の太陽面通過 | トップページ | 金曜日は晴れる »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ