« 宇部市天文同好会11月予定 | トップページ | 水星の太陽面通過 »

2006年11月 7日 (火)

秋の風物

 小学校への出前観望会は秋の風物です。
 昨今は宇部市天文同好会の会長がほとんどの喋繰りを担当しますから手下は天体の緒元や高度、雲の流れから好みの天体を入れていけばOKで相当お気軽です。
Dsc01715 特に私は毎度のようにPC画面でやりますから実際の星空と星図とリアルタイムビデオ画像を行ったり来たりして説明しますから「カラーではここのところが赤くなって・・・」などと指で示して説明できます。
 余裕があればライブラリーから画像処理を済ませた写真も写せますが子供相手の観望会ではそこまで準備しても予定通りにすすむはずもないので止めておきます。
 予定では一度に多くの子供たちに説明をする腹積もりだったのですが、プロジェクターがないと押しの強い子がPC前の特等席に陣取って動きません。
 気の弱いちっちゃな子は押し出されてPCの後ろを眺める羽目になります。
 従って、「兄ちゃんその線から入ったらアカン。あんたこっちはいり。パソコン触ったらいかんよ。」と香具師のおいちゃんよろしく子供を捌きながら講釈することになります。
 眼視の方も子供が文字通り鏡筒にぶら下がって再導入したり「見えた?黒い線も分かる?」と確認したり指紋でべたべたにされたアイピースを掃除したりと大変です。
Dsc02135  ビデオ観望の方が見えているかどうかが確実に分かるのと曇っても最低限のネタはあるので丸坊主にならない利があります。
 ビデオの難点は秋の空では対象がでかい物ばかりで見せるものがないということです。(致命的やんか)
 いいんです、まだM27、M57、M13は十分説明できる時期ですから。(M13は眼視向きじゃないか?)
 11月も出前の予定があるのですが出し物が二重星団、M31、M45では泣けてきます。
 
Dsc20061028210422  長者ヶ森も市民の星見スポットですから晴れると車が次々にに入ってきます。
 流しで観望しているときは場内の家族連れや女性パーティーに声を掛けて天体を見てもらうのですが、アベックや混合パーティーは基本的に放置しています。
 男だけのパーティーはほとんど星見には来ませんね。
 しかし、今回は混合パーティーに意見しました。
 「あそこに三つ星が並んでいるのがオリオンで・・・」と男が解説しているのを背中で聞いていたのです。
 オリオンの主星7つが全部出きらないときに星座を指摘できるのはなかなかの手練ですが・・・向きが違いますぅ~。
 無視しとこうかな、とも思ったのですが同じ説明を繰り返すもので渋々腰を上げて「アレはわし座でこれがアルタイル=彦星、こっちがオリオンの三ツ星」で解説する羽目になりました。
 わし座とオリオン座を間違えるようでは迷子になること必至ですから「北極星の探し方」を教えたりします。

Tgvm20061028210422  10月28日は臨時の秋吉台観望会でした。
 どこら辺が臨時かというと秋吉台の秋をテーマにしたNHKの取材を菊川町星を観る会が受けたのです。
 あまり集まらないかもと高を括っていたら大童です。
 例によって子供を捌きながら・・・食いつきのいい子が離れません。
 こんなおいしいアングルを続けていると・・・案の定カメラが来ました。
 モザイクして音声変えてくれればいくら撮ってもいいですよ・・・あれは犯罪関係だけ?
 じゃ、やむをえんですな。
 放映予定は?11月の始めの頃に夕方の特集?日時は・・・不明?・・・一抹の不安があります。

« 宇部市天文同好会11月予定 | トップページ | 水星の太陽面通過 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/4106957

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の風物:

« 宇部市天文同好会11月予定 | トップページ | 水星の太陽面通過 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ