« 宇部市天文同好会10月予定 | トップページ | 秋芳洞温泉 国民宿舎秋吉台 »

2006年10月 3日 (火)

湯本温泉 礼湯

☆☆☆
Dsc03020  湯本温泉の起源は1427年の礼湯(れいとう)発見に始まるといわれています。
 藩政時代の礼湯は僧侶などの大寧寺関係者に用いられてきました。
 現在は改装されて面影もありませんけどね。
 恩湯から坂を上がって右手に見えます。
 発券機に140円入れて札を帳場に渡します。
Dsc03021  脱衣所はちょっと狭いですが湯船も大きくなく恩湯ほど混むこともありません。
 何より新しいので清潔感溢れます。
 湯屋も新しく湯船も御影石でピカピカです。
 湯は湯本温泉のミックス泉と礼湯泉をブレンドして使っています。
 恩湯より温度設定は高めなので礼湯を選ぶ人もいます。
Dsc01349  湯船は恩湯並みに深いです。
 柔らかなアルカリ泉でツルヌル系ですが恩湯ほどハッキリはしていません。
 ほぼ透明で無味、そして無臭なのも恩湯と違います。
 潔癖な方は恩湯がダメでしょうから礼湯を使われるのがいいでしょう。
 同じ140円ですから泉質だと恩湯に入ってしまいますね。

2005/10/02入湯

« 宇部市天文同好会10月予定 | トップページ | 秋芳洞温泉 国民宿舎秋吉台 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/3679589

この記事へのトラックバック一覧です: 湯本温泉 礼湯:

« 宇部市天文同好会10月予定 | トップページ | 秋芳洞温泉 国民宿舎秋吉台 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ