« 日野温泉 いこいの家 | トップページ | 久々の皇座山 »

2006年9月24日 (日)

川棚温泉 元湯 ぴーすふる青竜泉

☆☆☆
Dsc00964  川棚温泉は下関の奥座敷などといわれる山陰の僻地ですが、12世紀から利用されている長府藩で唯一の温泉でした。
 このため藩の持ち物として栄えたようです。
 含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で低張性弱アルカリ性温泉に分類される40℃ちょいの立派な温泉ですが湯自体にはほとんど特徴がありません。
 旅館小天狗の方が泉質も施設もいいようですがあえて共同浴場を訪ねてみました。
Dsc00967 温泉街の中の細い道を抜けると元湯あたりで開けます。
 駐車場は狭くはないのですが客も多いので間が悪いと止められません。
 扱いは銭湯で360円ですが今時の観光入浴設備のように立派です。
 脱衣所から湯屋に入ると結構混雑しています。
 したがってアングルが制限されるため思い通りには写真が撮れていません。
Dsc00977  内湯、サウナ、露天が各1つ小構成です。
 この露天は坪庭のように小ぶりです。
 温度はちょっと沸かして41℃ほどですがあっちでもこっちでもエア吹き込みでブクブクやっていますから落ち着きません。
 落ち着いて入られると大混雑は必至でもあります。
 何ゆえにこれほどの集客力があるかといえば本末転倒ですが瓦そばの御威光を感じないわけにはいきません。

2006/09/16入湯

« 日野温泉 いこいの家 | トップページ | 久々の皇座山 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/3564383

この記事へのトラックバック一覧です: 川棚温泉 元湯 ぴーすふる青竜泉:

« 日野温泉 いこいの家 | トップページ | 久々の皇座山 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ