« 自然観察会 | トップページ | 天体プロジェクション »

2006年8月15日 (火)

リハビリ観測の続き

 4日金曜日は晴れでしたが5日に青少年会館からのお呼び出しがあるので地味に秋吉台で観測しますNgc7331060805am 
NGC7331Ngc185060805am
NGC185
Ngc147060805amNGC147
Ngc7293060805amNGC7293

 何ゆえに秋吉台かというと透明度がよければ月が沈んだ後に天の川が観測できそうだったからです。
 南天専用観測地ではいて座が光害に確実に沈没してしまいます。
 結論から言えば低空のガスが取れなかったので天の川の撮影は止めときました。
 月齢との兼ね合いでのんびりと出かけたのですが夏休み時期だけあって車が何台か止まっています。
 その中でも明らかに流れ星見物と思しきパーティーは結構にぎやかです。
 私は透明度にあまり気乗りしないまま地味に撮影を開始します。
 困ったことに今日もステラナビゲータと望遠鏡がつながらないのオートスターで制御します。
 彗星のたぐいは諦めないと仕方ありません。
 それにしてもマットまで広げて流れ星見物とは酔狂な人がいるもので、よければ望遠鏡を見るか?と声を掛けてみます。
 即、観望となり先日の小学生相手のノリに解説をつけてどのレベルまで付いて来れるか用語を交えてM8あたりの沈みそうなあたりからM31あたりののぼり始めるところ、双眼鏡も使ってフル解説しましたがちゃんと学習できたようですから山大教育学部あたりの女子大生ですな。
 「こういう授業をしてくれればいいのに!」といわれても無理でしょ。
 ついでにビデオで2004年版流星ダイジェスト、惑星動画、コマ落し日周運動も紹介。
 流星については自転と公転による流星出現の傾向にまで触れまして「今日なら3時過ぎがピークかな」と説明したら天文薄明時刻までアカペラで歌いながら流れ星を追っていました。
 こういう交流がありうるのが秋吉台のいいところです。M42060805am
 最後にシーズンにはいささか早いオリオン座大星雲です。

« 自然観察会 | トップページ | 天体プロジェクション »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/3073746

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリ観測の続き:

« 自然観察会 | トップページ | 天体プロジェクション »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ