« 2006年7月度流星統計 | トップページ | 自然観察会 »

2006年8月 3日 (木)

06梅雨明け

 「明けない梅雨はない」とうそぶいたら1993年は梅雨が明けなかったから冷夏で米騒動が起こったのでした。
 さしあたりちゃんと梅雨明けした2006年は早速金曜日に出撃します。
 ま、その前に木星を。Jupiter060727pm
2006/07/27PM_木星
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
600コンポジット

Jupiter060728pm2006/07/28PM_木星
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
600コンポジット

 二日続きで試しましたが下手糞は隠せません。
 撮影が下手なのか処理が下手なのか・・・。

 さて、翌29日の小学生向けの自然観察会は予定済みだったのですが、よく考えると機材は2ヶ月もほぼ休眠状態でいきなりやんちゃな子供らと付き合うには自信がありません。
 そこで晴れたのを幸いに28日は機材確認に南天専用観測地で店開きします。
 久々にLiveCapture2を起動すると熱ノイズでうじゃうじゃなのが分かります。
 やっぱ20℃を超えるとCCD記録の価値は著しく低下しますな。Ngc6384060728pmn
2006/07/28PM_NGC6384
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
     

 ま、明日は観望が目的ですからステラナビゲータからの連動がうまくいけば・・・LX90-20とつながりません。
 私のノートはシリアルがないタイプなので別のUSB-シリアル変換器で試しましたがやはり「望遠鏡の電源電圧が落ちてるかも?」と無視されました。
 小学生相手ですから難しいことをする気はないので(やれといわれても・・・)メシエ天体をオートスターから追えれば十分でしょう。
Cyg060728pms 低空の透明度は感心しませんがリハビリに夏物を撮っていきます。M57060728pm
M20060728pmM17060728pmM16060728pmM27060728pm このノイズでは欲を出しちゃいけません。
 普通はノイズ除去だけして使うのですが今回はダークフレームを使っています。
 明日が本番ですし、雲も出たので早めに退却です。
 主な撮影可能な天体は一巡したのであまり未練はないのですが逆に言えば「いい加減に機材を変えろと」といったところです。

« 2006年7月度流星統計 | トップページ | 自然観察会 »

「天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/2922386

この記事へのトラックバック一覧です: 06梅雨明け:

« 2006年7月度流星統計 | トップページ | 自然観察会 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ