« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月29日 (火)

鳴滝温泉 満天の湯

2008年4月現在またも休業中Dsc09088
 山口県庁から防府市役所に抜ける道の途中にあります。
 新しい温泉施設ですがしばらく休んでいました。
 再開後はちょっと安くなり休日でも700円になっています。
 アルカリ性単純放射能泉25.6℃で214mg/kgです。
 ここの売り文句は露天風呂のバリエーションと掛け流しです。

Dsc09107  内湯はひとつですが大きな扉で晴れた日には露天との一体感を強調しています。
 露天風呂は10ほどもあるでしょうか。
 主に浴槽の形状や材質で特徴を出していますが・・・夏に不向きです。
 黒御影石やステンレスは条痕色が黒になるため夏の日差しで焼けるように熱くなります。
Dsc09100  このため日差しが強いとスタッフの主な仕事は水撒きになります。
 床はもっぱら木製ですから移動には問題ないです。
 ならば湯温も様々・・・にならずに41℃程度ですか。
 例外は源泉風呂で26℃程度が外気自然昇温で気持ちよいです。
 この日も源泉風呂が大人気でした。
Dsc09105  わずかな濁りがある良質な湯をジャブジャブと使うのは贅沢なものですが、特徴がないのも事実です。

Dsc09099  食事のバイキングとセットでファミリーで楽しむ温泉だと思います。
 コンセプトは面白いですが四季で浮き沈みが厳しそうです。

2006/08/05入湯
 

2006年8月27日 (日)

06ペルセウス座流星群

 今年のペルセ群は月齢が悪いので気乗りがしませんでした。
 でも普通の人には来年のペルセ群は気が遠くなるほどの未来の話です。
 したがって市の教育委員会の生涯教育課は観望会をセットしまして私もヘルプに入ります。
 市内で流星観測は少々無理があるのできらら浜自然観察公園での実施になります。
 流星だとあまりに出し物がないのでTGv-Mとプロジェクターをつなぐことになり私の出番です。
 そりゃもう、散光星雲から球状星団、惑星状星雲まで片端から投影していきます。
 驚くのは直焦点で惑星状星雲を表示するとそのパターンまでちゃんと識別できました。

 午前2時まで観測しましたがうちの自動観測によると3時からが本格的な活動だったようです。
 121個とこの時期の数倍の出現を見ていますし3時からの出現はこの晩の4割程度を占めています。
C20060812  派手な収束を見せているのがペルセウス座流星群です。
 もっともペルセウス座流星群はカメラ視野に輻射点が入るほど近いですから大流星群なのに派手な流星は撮れません。
 この晩に撮れた最大の流星でも-6等のものでしかもかなり軌跡が短いものです。

M20060813_032433_yamaguchi1_p  ちょっとはみ出していますね。

2006年8月22日 (火)

47都道府県生茶パンダ Part4

 土曜日の朝には早急なコンプリートを決意し、東に向かいます。
 が、案の定、コレクターに蚕食されています。
 生茶用に棚が4列割当てられているのに残数が5本などという状況も見ました。
 その中で何とか15番新潟お米を確保し残るファイナルパンダは6番山形となりました。
 一軒・・・フィギュアなし!、二軒・・・該当なし!、三軒・・・荒らされた後!、四軒・・・荒らされた後!
 五軒目の棚に近づくと荒らされた様子はありません。
 覗きこむと「私を買って!」といわんばかりにさくらんぼをくわえたパンダが一番前にいました。
 ついにコンプリートです。
 結構揃うものですが、山のようなお茶を飲む日々が続くのです・・・って、夏なので急速に在庫が減っています。
 誰にも頑張って飲めといってないのに!私のお茶なのに!
 もし私の生茶がなくなり、なおかつ市中にフィギュアが残っていたら私にはささやかな野望があります。
 市内のローソンを回り続け当初の袋を捨ててしまったものや塗りや造形が悪いものを補充することです。
 それでもフィギュアがあるようであれば・・・福島赤べこだけを集めるとかどうでしょう?

Dsc09896 No.36  徳島県 阿波おどり
 終盤に手に入れました。
 阿波おどりと渦潮と人形浄瑠璃を並べるとやはり阿波踊りの勝ちでしょう。
 個人的には徳島というと一太郎を思い浮かべます。

Dsc09897 No.37  香川県 讃岐うどん
 中盤に入手しました。
 元気さ加減でも讃岐うどんが代表でしょう。
 金毘羅さんやオリーブ、ため池では勝てそうにもありません。

Dsc09898 No.38  愛媛県 いよかん
 中盤に手に入れましたが別にみかんを持ったパンダがいたためそれを愛媛と勘違いしていました。
 俳句、坊ちゃん、団子、道後温泉と名物はありますが個人的にはタルトなんていいと思います。

Dsc09899 No.39  高知県 かつお
 四国シリーズでは最初に手に入れました。
 かつおで違和感ありませんが千葉や鹿児島から異見がありそうです。
 いっそ鯨や坂本竜馬でもいいぜお。
 足摺岬や室戸岬や桂浜や四万十川では表現が困難です。

Dsc09900 No.40  福岡県 屋台
 終盤に入手しました。
 何で山笠、博多ラーメン、玄界灘、巨峰、明太子、武田鉄矢、福岡ドームじゃないのかとうるさそうですが屋台です。
 この屋台の配色も正体不明でおよそモデルがあるとは思えません。
 博多の人間に感想を求めてもよい返事はなさそうです。

Dsc09901 No.41  佐賀県 みかん
 和歌山の後に手に入れたので梅干と全く違うのに納得しましたが、みかんを名物にしているのは静岡、和歌山、愛媛も同様です。
 佐賀は全国5位です。
 むしろ、ムツゴロウや有田焼の方がお勧めです。

Dsc09902 No.42  長崎県 カステラ
 長崎のお土産ナンバーワンです。
 チャンポンでないのは他の麺類との識別の問題でしょうか。
 南蛮船なんかもよさそうです。

Dsc09903 No.43  熊本県 阿蘇山
 中盤で手に入れました。
 これを見て阿蘇と判断させるのはかなり苦しいです。
 阿蘇山のスケールを正にするとパンダの大きさは想像を絶する巨大さで、食べさせる笹がありません。
 辛子レンコン、馬刺し、隠れキリシタン、加藤清正、熊本城なんでもありですね。

Dsc09905 No.44  大分県 温泉
 シリーズ屈指のユニークなフィギュアです。
 ちゃんと頭に手ぬぐいを載せています。
 大分は温泉だと押し切られると反論不能ですがシイタケなどの特産品の立場がありません。

Dsc09906 No.45  宮崎県 日南海岸
 終盤に手に入れたこのフィギュアを見て途方にくれました。
 日南海岸・・・ですか?
 高千穂でもいいじゃないですか。
 チキン南蛮やタオラーや巨人軍キャンプでもこの際許します。

Dsc09907 No.46  鹿児島県 むらさきいも
 なぜか芋焼酎ではなくむらさきいもです。
 サツマイモではなくむらさきいもです。
 薩摩ラーメンや桜島や開聞岳やキビナゴやさつま揚げではなくむらさきいもです。
 造形やインパクトの関係なんですかね。
 
Dsc09908 No.47  沖縄県 シーサー
 最後はもちろん沖縄です。
 九州の混乱ぶりに比べて手堅くシーサーでまとめてきました。
 朱礼門とどちらを取るかといったところです。
 ハイビスカスや海蛇や沖縄そばなどのちょっとひねったものも多そうです。

 シリーズを縦断すると観光的な視点からチョイスしているといえます。
 すると視点を変えれば別のシリーズもできそうです。
 郷土の麺であれば山口からは瓦そばがノミネートでしょうし、偉人となると吉田松陰を押す人が多いでしょう。
 誰です?松田優作を推すというのは?

47都道府県生茶パンダ Part3

 コレクション後半はいつものローソン以外もチェックする羽目になりました。
 異常がない店がほとんどですが、中には生茶が売り切れた店もあり切迫感が募ります。
 それでもこの頃は4個まとめてゲットできるケースも幾度かあったので残17個→残7個は運良くすすみましたが、本人にしてみれば7個も残して台風が接近するウィークエンドに突入する暗澹たる心地です。
 金曜の仕事が終わると台風接近の気配が濃いです。
 そんなに強力ではないでタウンページでチェックした近隣のローソンを虱潰しにします。
 棚の在庫の全チェックは多少気が引けますが一列分かごに取ると棚をずらして並べ替え欲しいのがあると仕分けて最後にかごに取ったのを戻していきます。
 中には収集済みのものばかりのこともありますからこそこそと帰ることもあります。
 興味深いことに同好のコレクターは市街よりも東にいるようでかなりの荒らされ方をしています。
 棚からごっそり消えているときはショックです。
 それでも何とか残数2個まで迫りました。

Dsc09882 No.24  三重県 真珠貝

 真珠貝から生まれたビーナスよろしく立っています。
 手にしたパールの塗装が凝っているのでちゃんときらきらしています。

Dsc09884 No.25  滋賀県 マラソン
 終盤に入手しました。
 琵琶湖マラソンのイメージでしょう。
 ここは苦労したんじゃないかと思いますがストレートに琵琶湖にしなかったのは何ででしょう?

Dsc09885 No.26  京都府 舞妓さん
 中盤に入手しました。
 最初見たときに小梅太夫を連想しました。
 いまでも小梅太夫に見えます。
 お寺や大文字焼きなどを差し置いてコスプレ(?)なのがすごいです。

Dsc09886 No.27  大阪府 たこやき
 中盤に入手しました。
 道頓堀のノリで来るかと思ったら意外とストレートです。

Dsc09887 No.28  兵庫県 野球
 後半に入手しました。 
 胸にNAMACHAと入っています。
 ちなみに背番号は1番です。
 京都が舞妓さんなら兵庫は宝塚でもいいようなものですが不気味路線に偏るのも困ります。
 いっそ姫路城もよさそうです。

Dsc09889 No.29  奈良県 鹿
 中盤に入手しています。
 鹿せんべいを持っていなければ認めがたいところです。
 生パンが大仏殿に入っていてもよかったんじゃないかと思いますがシリーズにはめ込み物はないですね。

Dsc09890 No.30  和歌山県 うめぼし
 かなり初期に手に入れています。
 一目見て「?」と思いましたが梅干なので口元が変形しています。
 紀州みかんでない事情は佐賀の影響でしょう。

Dsc09891 No.31  鳥取県 砂丘
 このあたりから判じ物が多くなります。
 これは安倍川もちに立つパンダではありません。
 砂丘よりは二十世紀なしの方が穏やかだったでしょうに。
 パンダが鬼太郎の扮装をするのは版権で無理?

Dsc09892 No.32  島根県 しじみ汁
 終盤に入手しています。
 しじみ汁は意表をつくチョイスですがこのあたりで宿泊すると確かに朝食にしじみ汁がつきます。
 地元の人間に推薦させると勾玉になると予測できます。
 出雲大社やヤマタノオロチなどもいいのではないでしょうか。

Dsc09893 No.33  岡山県 もも
 これも終盤に手に入れています。
 岡山の名産が白桃で桃太郎伝説と来ればベストチョイスでしょう。
 あとはきび団子、備前焼、マスカットあたりですがももには勝てそうにありません。

Dsc09894 No.34  広島県 もみじ饅頭
 中盤に入手しました。
 予想はしていたのですがやはりもみじ饅頭です。
 牡蠣も宮島の鳥居も押し退けてもみじ饅頭です。
 B&Bがいなければ粒あんも抹茶もお芋もお餅もチーズクリームもチョコレートもりんごもカスタードクリームもチョコレートなかったかもしれません。

Dsc09895 No.35  山口県 ふぐ
 地元のものは手に入りにくいというジンクスはあるのですが今回もやはり終盤でした。
 しかも大方の予想通りふぐです。
 秋芳洞や維新関係でもふぐには勝てないということでしょう。
 でもよい子はこのパンダのようにふぐに噛み付かないようにしてください。
 運が悪いと死んじゃいます。

2006年8月21日 (月)

47都道府県生茶パンダ Part2

 なめていた訳ではないのですがおまけの中身が見えるのはものすごく楽でフェアです。
 ですが、理論的には全種類一度にそろえるには48本以上の生茶が置いてある必要があり「濃い生茶」でも棚を取っているので一店舗即日完結は不可能です。
 店頭にあるのは普通は数本~20本程度でしょう。
 経験上では半分からが辛いのですが、開き直らざるを得ない事態が発生しました。
 行きつけのローソンからフィギュア付き生茶が消えたのです。
 つまり「他にもコレクターがいる」ことを認識せざるを得ません。
 短期に決着させないとまずい気配でしたが、盆休みも終わってしまいました。

 コレクションの大敵は重複ですが47都道府県生茶パンダはかなり個性的で都道府県名とも連動していますのでコンプリートチェックリストを作るまでもありませんでした。
 基本的には「購入」→「見る」→「覚える」、「見る」→「見覚えなし」→「購入」で事足ります。
 50州アメリカン生茶パンダなどということになったらこの手も使えずお手上げでしょう。

Dsc09867 No.13a 東京都 祭半纏

 比較的初期に手に入れました。
 三社祭りのイメージなのでしょうか?
 東京タワーや国会議事堂のほうが納得しやすいです。

Dsc09868 No.13b 東京都 江戸前寿司

 東京だけは二つあります。
 江戸前寿司は東京のものでしょうがネタは日本中からきてるんです。
 ちゃんと帽子をかぶっているのおしゃれです。

Dsc09869 No.14  神奈川県 中華まん

 横浜中華街ということでしょう。
 赤い帽子がポイントです。
 外人墓地や大仏よりは穏やかでしょうか。

Dsc09870 No.15  新潟県 お米

 最終日のラス前に手に入れたものです。
 新潟で米ですから組み合わせはいいですね。
 造形も悪くないです。
 佐渡島よりは妥当でしょう。

Dsc09873 No.16  富山県 登山

 北アルプスだからですか?
 チューリップとかブリという手もあるかと思います。
 後ろから見て面白いフィギュアとしてはシリーズ随一でしょう。

Dsc09874 No.17  石川県 輪島塗

 いっそ金沢金箔!無理?
 お盆が地味で生茶が目立ちます。
 生茶という字が読み取れるのがすごいです。

Dsc09875 No.18  福井県 越前がに

 福井といえば原発・・・は無理があるでしょうね。
 永平寺があるからお坊さん・・・元々頭が丸い?
 そもそもこのカニは足が6本しかありません。
 この生茶パンダが食っちまったんでしょうか。

Dsc09876 No.19  山梨県 ぶどう

 山梨ですから甲州ぶどうでしょうか。
 おいしいぶどうは軸が緑で粒の色が濃いものいいそうです。
 富士山を選ばなかったのは静岡の影響でしょうか。
 マニアックに双水晶なんか・・・無茶ですね。

Dsc09877 No.20  長野県 スキー

 冬のオリンピックもあったことですしここは妥当でしょう。
 温泉というイメージもあるでしょうが大分とぶつかります。
 比較的早く手に入れたためかストックが少々ヨレヨレです。

Dsc09879 No.21  岐阜県 合掌造り

 意表をつく選択です。
 シリーズ中、最も重いのではないでしょうか。
 鵜飼とか中山道かもいかがです?
 背面にもちゃんと窓があります。

Dsc09880 No.22  静岡県 うなぎ

 てっきりお茶が来るものと思っていましたがうなぎです。
 ひょっとすると中国茶を使っていて静岡のお茶が使われていないからですか?
 正直なのか故意なのか疑惑が残ります。

Dsc09881 No.23  愛知県 きしめん

 むしろ金のしゃちほこのほうがお好みなのですがきしめんです。
 外郎でないだけいいでしょうが、麺物は競争相手が多いです。
 もっとも私が最初に手に入れた麺物はこのきしめんパンダです。

2006年8月20日 (日)

47都道府県生茶パンダ Part1

 私は普段の飲み物はペットボトルのお茶にしています。
 いつも使っていたセブンイレブンが閉店してしまったため、自販機を使う機会が多くなったのですがローソンも使っています。
 そこでお盆に生茶のおまけを見つけてしまったのです。
 「47都道府県生茶パンダ」全48種類です。
 意識的にローソンに切り替えると昨今の暑さで自然にキーホルダーもたまります。
 もちろんこの手のコレクションのコンプリートが難しいとは知っていますが今回の生茶パンダはおまけが見えますし、袋にも各々の都道府県の識別がしてありますからダブりの悲哀を気にすることなく集めていました。
 でも流石に半数を超えるとちょっと考えます。

Dsc09854 No.1   北海道 とうもろこし

 気合を入れたころに手に入れました。
 「北海道=とうもろこし」というのはどうかと思いますがジンギスカン鍋を抱えているのもどうかと思いますし毛がにを抱えるのも異論が出そうです。

Dsc09855 No.2   青森県 りんご

 初期に手に入れました。
 この組み合わせには納得せざるを得ないでしょう。
 デッカイりんごですが小さくするとシリーズ上混乱をきたすのです。

Dsc09856 No.3   岩手県 わんこそば

  後半、手に入れました。
 わんこそばというタイトル頭に入れてフィギュアを見ると納得できますが、予備知識なしで見るとなんだかわかりませんが出来としては悪くないです。

Dsc09857_1 No.4   宮城県 笹かまぼこ

 これも後半に手に入りました。
 七夕飾りという手もあったと思うのですが仙台土産の定番の笹かまぼこです。

Dsc09858_1 No.5   秋田県 きりたんぽ

 比較的早期に手に入れました。
 秋田といえばきりたんぽですか?
 竿灯という方法もあったでしょうけどユニークなポーズが憎めません。

Dsc09859 No.6   山形県 さくらんぼ

 りんごではありません。
 2個ワンセットとなればさくらんぼです。
 くわえさせたのがなかなかおしゃれです。
 最後に手に入れました。

Dsc09860 No.7   福島県 赤べこ

 赤べこが福島のものだとどれだけの人が認識できているかは疑問です。
 しかし、薄皮饅頭もちょっと弱いですし、三春駒も赤べこといい勝負です。
 造形的には上々ですね。

Dsc09861 No.8   茨城県 納豆

 個人的には好きです。
 フィギュアも納豆も。

Dsc09862 No.9   栃木県 ぎょうざ

 ぎょうざって宇都宮の名物と違うんですか?
 東照宮とか華厳の滝なんかもよかったかと思います。

Dsc09864 No.10  群馬県 だるま

 空っ風は無理なのでだるまは妥当でしょう。
 当の県民がどう思うかは別ですが、ちゃんと筆持っているのはいいですね。

Dsc09865 No.11  埼玉県 サッカー

 日本にFCはたくさんあるのですがなぜか埼玉のフィギュアがサッカーとなりました。
 浦和レッズの10番だとポンテ選手?
 草加せんべいでもいいのではないでしょうか。
 ユニフォームものはいくつかあるのでダブりと思って危うく落とすところでした。

Dsc09866 No.12  千葉県 落花生

 中盤、手に入れました。
 古典的名物で異議ありません。
 シンプルなので結構好みです。

2006年8月16日 (水)

06夏の家族旅行

 短い夏休みを取って精一杯家族サービスするべく土地勘がある日田から久住にかけて出かけてきました。
Dsc09143 いいちこ
Dsc09152クンチョウ酒造
Dsc09160 サッポロビール
Dsc09174慈恩の滝
Dsc09177 実は裏見の滝
Dsc09195 豪華に晩御飯
Dsc09245 壁湯温泉
Dsc09281 長者原
Dsc09288 赤川温泉
Dsc09312 黒川温泉雀の地獄
Dsc09331 鍋ヶ滝
Dsc09327 これも裏見の滝

 一泊二日ではこんなところですか。

天体プロジェクション

 5日土曜日は青少年会館で観望会の講習会で「講師、オレ」です。
 天文同好会のMEADE LX200GPS-30は手配時に秘密兵器としてTGv-M(国際名WAT-120N、英名StellaCam II)やPC接続ケーブルも手配してあります。
 1年も前に計画済みだったのですがこれらの総合接続試験はしていませんでした。
 夕方からテーブルを出してLX200GPS-30はアライメントに入ります。
 アライメントが終わるとLXを最新のノートPCに接続・・・できません。
 当たり前のことですが最近のノートにはシリアルポートなんてありません。
 幸い、少々お古のノートPCにはシリアルポートがありました。
 架台干渉が怖いのでフォーカサーは外します。
 TGv-MビデオカメラヘッドをLXに接続します。
 ACアダプタから電源供給・・・短いんですよ、このケーブル。
 電源ドラムはLX近くに置かなくちゃいけません。
 出力はプロジェクターにつなぎ壁面投影します。
 それでは投影・・・最近のプロジェクターのデフォルトはS端子なので昔からおなじみのRCA端子を使うときには変更がいるようです。
Dsc09121  今日は月が邪魔をしているので開き直って直焦点にフィルターをかませて月を表示。
 これが意外なほどいいです。
 惜しむらくは月に詳しい人がここにはいないことです。
 木星を表示するとガリレオ衛星は表示できますし露出を絞れば本体の二本縞までは見えます。
Dsc09122  F3.3レデューサを介してフォーカスを合わせると手堅くM13を導入してみます。
 どーん、表示される迫力が素敵です。
 ただし気温が高いのでドット抜けも拡大表示されます。
 惑星状星雲までなら何とかできそうです。
Dsc09123  F3.3レデューサを付けて視野を広くしてもエリアを大きく動かすとビデオの視野から外れます。
 このため、まめに同期を取る必要はありますがクリック&プロジェクションは面白いです。
 投影を携帯で撮影しても天体写真ができることも一般向けには面白いかもしれません。
 後はカラー化ですがこれはあと10倍も感度が上がらないと無理です。

2006年8月15日 (火)

リハビリ観測の続き

 4日金曜日は晴れでしたが5日に青少年会館からのお呼び出しがあるので地味に秋吉台で観測しますNgc7331060805am 
NGC7331Ngc185060805am
NGC185
Ngc147060805amNGC147
Ngc7293060805amNGC7293

 何ゆえに秋吉台かというと透明度がよければ月が沈んだ後に天の川が観測できそうだったからです。
 南天専用観測地ではいて座が光害に確実に沈没してしまいます。
 結論から言えば低空のガスが取れなかったので天の川の撮影は止めときました。
 月齢との兼ね合いでのんびりと出かけたのですが夏休み時期だけあって車が何台か止まっています。
 その中でも明らかに流れ星見物と思しきパーティーは結構にぎやかです。
 私は透明度にあまり気乗りしないまま地味に撮影を開始します。
 困ったことに今日もステラナビゲータと望遠鏡がつながらないのオートスターで制御します。
 彗星のたぐいは諦めないと仕方ありません。
 それにしてもマットまで広げて流れ星見物とは酔狂な人がいるもので、よければ望遠鏡を見るか?と声を掛けてみます。
 即、観望となり先日の小学生相手のノリに解説をつけてどのレベルまで付いて来れるか用語を交えてM8あたりの沈みそうなあたりからM31あたりののぼり始めるところ、双眼鏡も使ってフル解説しましたがちゃんと学習できたようですから山大教育学部あたりの女子大生ですな。
 「こういう授業をしてくれればいいのに!」といわれても無理でしょ。
 ついでにビデオで2004年版流星ダイジェスト、惑星動画、コマ落し日周運動も紹介。
 流星については自転と公転による流星出現の傾向にまで触れまして「今日なら3時過ぎがピークかな」と説明したら天文薄明時刻までアカペラで歌いながら流れ星を追っていました。
 こういう交流がありうるのが秋吉台のいいところです。M42060805am
 最後にシーズンにはいささか早いオリオン座大星雲です。

自然観察会

 29日の自然観察会当日は12時30分が集合時間です。
 ただし昼間なんですね。
 会長が様々な天体を紹介していくのですが、私はヒマです。
Dsc09028  実習で太陽系の大きさをやるのですがその前の太陽面の観察だけです。
 しかも極小状態で黒点もないしプロミネンスも淋しい太陽です。
 ま、太陽望遠鏡なんて滅多に見る機会は無いでしょうからそれもいいか、としておきます。
 このあと、また座学(あぐら学?)で夕食後いよいよセッティング開始です。
 開始なのですが、天文同好会のLX200GPS-30がアルクトゥルスさえ見えれば楽勝でアライメント出来ているのにうちのLX90-20は北極星が見えるまで休憩・・・になるはずもなくレーザーポインターで星座解説です。
 予想はしていましたが星空よりもレーザーポインターの方が食い付きはいいのです。
 プロジェクター用のポインターと異なり星空案内用のポインターは取扱注意な代物ですから奪い取ろうとする小学生から必死に防御しなくちゃいけません。
 そのうち北極星が見え始めますからばたばたとアライメントします。
 今日は市街から遠くない地域としては驚異的にシーイングがいいです。
 何しろ天の川が見えました。
 次々とメシエ天体を紹介していきますが今日の子供らは運がいいです。
 M51、M64、M13、M16、M17、M20、M8、M4、M57、M27、M31と豪華な天体を1時間半ほどで見て回ったのです。
 ビデオはTGv-M+LPS-P1の構成で光害対策したのが効果的でした。
 でも、このシステムはプロジェクターで別の性格を現すのです。

2006年8月 3日 (木)

06梅雨明け

 「明けない梅雨はない」とうそぶいたら1993年は梅雨が明けなかったから冷夏で米騒動が起こったのでした。
 さしあたりちゃんと梅雨明けした2006年は早速金曜日に出撃します。
 ま、その前に木星を。Jupiter060727pm
2006/07/27PM_木星
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
600コンポジット

Jupiter060728pm2006/07/28PM_木星
LX90-20 LV15拡大法
ToUCam
600コンポジット

 二日続きで試しましたが下手糞は隠せません。
 撮影が下手なのか処理が下手なのか・・・。

 さて、翌29日の小学生向けの自然観察会は予定済みだったのですが、よく考えると機材は2ヶ月もほぼ休眠状態でいきなりやんちゃな子供らと付き合うには自信がありません。
 そこで晴れたのを幸いに28日は機材確認に南天専用観測地で店開きします。
 久々にLiveCapture2を起動すると熱ノイズでうじゃうじゃなのが分かります。
 やっぱ20℃を超えるとCCD記録の価値は著しく低下しますな。Ngc6384060728pmn
2006/07/28PM_NGC6384
20cmF10シュミット+x0.33RD
TGv-M
256フレーム
     

 ま、明日は観望が目的ですからステラナビゲータからの連動がうまくいけば・・・LX90-20とつながりません。
 私のノートはシリアルがないタイプなので別のUSB-シリアル変換器で試しましたがやはり「望遠鏡の電源電圧が落ちてるかも?」と無視されました。
 小学生相手ですから難しいことをする気はないので(やれといわれても・・・)メシエ天体をオートスターから追えれば十分でしょう。
Cyg060728pms 低空の透明度は感心しませんがリハビリに夏物を撮っていきます。M57060728pm
M20060728pmM17060728pmM16060728pmM27060728pm このノイズでは欲を出しちゃいけません。
 普通はノイズ除去だけして使うのですが今回はダークフレームを使っています。
 明日が本番ですし、雲も出たので早めに退却です。
 主な撮影可能な天体は一巡したのであまり未練はないのですが逆に言えば「いい加減に機材を変えろと」といったところです。

2006年8月 2日 (水)

2006年7月度流星統計

Meteor0607b おととしは676個、昨年は236個が7月の統計でした。
今年はこれまでの成績が悪かったのでどうなるかと思ったのですが309個でした。
Meteor0607a ただ、火球とはご無沙汰です。
 8月はいよいよペルセウス座流星群です。

 ですが月齢からいって過大な期待は厳禁です。

宇部市天文同好会8月予定

8月の予定表です。

 01日(火) 14:00- プラネタリウム投影
 03日(木) 14:00- プラネタリウム投影
 04日(金) 14:00- プラネタリウム投影
 06日(日) 14:00- プラネタリウム投影
        19:00- スターウィーク/青年の家広場
 07日(月) 14:00- プラネタリウム投影
 08日(火) 14:00- プラネタリウム投影
 10日(木) 14:00- プラネタリウム投影
 11日(金) 14:00- プラネタリウム投影
 12日(土) 19:00- 流星観測会/きらら浜自然観察公園
 13日(日) 14:00- プラネタリウム投影
 14日(月) 14:00- プラネタリウム投影
 15日(火) 14:00- プラネタリウム投影
 17日(木) 14:00- プラネタリウム投影
 18日(金) 14:00- プラネタリウム投影
 20日(日) 14:00- プラネタリウム投影
 21日(月) 14:00- プラネタリウム投影
 22日(火) 14:00- プラネタリウム投影
 24日(木) 14:00- プラネタリウム投影
 25日(金) 14:00- プラネタリウム投影
 26日(土) 19:00- 天体観望会/きらら浜自然観察公園
 27日(日) 14:00- プラネタリウム投影
 28日(月) 14:00- プラネタリウム投影
 29日(火) 14:00- プラネタリウム投影
 31日(木) 14:00- プラネタリウム投影

夏休み特別スケジュールです。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ