« 47都道府県生茶パンダ Part2 | トップページ | 47都道府県生茶パンダ Part4 »

2006年8月22日 (火)

47都道府県生茶パンダ Part3

 コレクション後半はいつものローソン以外もチェックする羽目になりました。
 異常がない店がほとんどですが、中には生茶が売り切れた店もあり切迫感が募ります。
 それでもこの頃は4個まとめてゲットできるケースも幾度かあったので残17個→残7個は運良くすすみましたが、本人にしてみれば7個も残して台風が接近するウィークエンドに突入する暗澹たる心地です。
 金曜の仕事が終わると台風接近の気配が濃いです。
 そんなに強力ではないでタウンページでチェックした近隣のローソンを虱潰しにします。
 棚の在庫の全チェックは多少気が引けますが一列分かごに取ると棚をずらして並べ替え欲しいのがあると仕分けて最後にかごに取ったのを戻していきます。
 中には収集済みのものばかりのこともありますからこそこそと帰ることもあります。
 興味深いことに同好のコレクターは市街よりも東にいるようでかなりの荒らされ方をしています。
 棚からごっそり消えているときはショックです。
 それでも何とか残数2個まで迫りました。

Dsc09882 No.24  三重県 真珠貝

 真珠貝から生まれたビーナスよろしく立っています。
 手にしたパールの塗装が凝っているのでちゃんときらきらしています。

Dsc09884 No.25  滋賀県 マラソン
 終盤に入手しました。
 琵琶湖マラソンのイメージでしょう。
 ここは苦労したんじゃないかと思いますがストレートに琵琶湖にしなかったのは何ででしょう?

Dsc09885 No.26  京都府 舞妓さん
 中盤に入手しました。
 最初見たときに小梅太夫を連想しました。
 いまでも小梅太夫に見えます。
 お寺や大文字焼きなどを差し置いてコスプレ(?)なのがすごいです。

Dsc09886 No.27  大阪府 たこやき
 中盤に入手しました。
 道頓堀のノリで来るかと思ったら意外とストレートです。

Dsc09887 No.28  兵庫県 野球
 後半に入手しました。 
 胸にNAMACHAと入っています。
 ちなみに背番号は1番です。
 京都が舞妓さんなら兵庫は宝塚でもいいようなものですが不気味路線に偏るのも困ります。
 いっそ姫路城もよさそうです。

Dsc09889 No.29  奈良県 鹿
 中盤に入手しています。
 鹿せんべいを持っていなければ認めがたいところです。
 生パンが大仏殿に入っていてもよかったんじゃないかと思いますがシリーズにはめ込み物はないですね。

Dsc09890 No.30  和歌山県 うめぼし
 かなり初期に手に入れています。
 一目見て「?」と思いましたが梅干なので口元が変形しています。
 紀州みかんでない事情は佐賀の影響でしょう。

Dsc09891 No.31  鳥取県 砂丘
 このあたりから判じ物が多くなります。
 これは安倍川もちに立つパンダではありません。
 砂丘よりは二十世紀なしの方が穏やかだったでしょうに。
 パンダが鬼太郎の扮装をするのは版権で無理?

Dsc09892 No.32  島根県 しじみ汁
 終盤に入手しています。
 しじみ汁は意表をつくチョイスですがこのあたりで宿泊すると確かに朝食にしじみ汁がつきます。
 地元の人間に推薦させると勾玉になると予測できます。
 出雲大社やヤマタノオロチなどもいいのではないでしょうか。

Dsc09893 No.33  岡山県 もも
 これも終盤に手に入れています。
 岡山の名産が白桃で桃太郎伝説と来ればベストチョイスでしょう。
 あとはきび団子、備前焼、マスカットあたりですがももには勝てそうにありません。

Dsc09894 No.34  広島県 もみじ饅頭
 中盤に入手しました。
 予想はしていたのですがやはりもみじ饅頭です。
 牡蠣も宮島の鳥居も押し退けてもみじ饅頭です。
 B&Bがいなければ粒あんも抹茶もお芋もお餅もチーズクリームもチョコレートもりんごもカスタードクリームもチョコレートなかったかもしれません。

Dsc09895 No.35  山口県 ふぐ
 地元のものは手に入りにくいというジンクスはあるのですが今回もやはり終盤でした。
 しかも大方の予想通りふぐです。
 秋芳洞や維新関係でもふぐには勝てないということでしょう。
 でもよい子はこのパンダのようにふぐに噛み付かないようにしてください。
 運が悪いと死んじゃいます。

« 47都道府県生茶パンダ Part2 | トップページ | 47都道府県生茶パンダ Part4 »

「食玩」カテゴリの記事

コメント

私、47都道府県48マスコットをコンプしましたが、いくつかのマスコットには疑問を持っています。
特に佐賀県のマスコットが“みかん”とはどういうことか?ハァ?納得できません。
佐賀県なら伊万里焼でしょう!石川県が輪島塗のように、佐賀県なら当然、伊万里焼にすべきです。
ここにこんなこと書き込んでよいのかどうか?解かりませんが、皆さんは疑問をお持ちではないのでしょうか?

佐賀の謎については1ヶ月以上も先ですが下のブログで明らかにされるでしょう。
http://blog.so-net.ne.jp/namacha/archive/c10359982
でも生茶を有田焼であるべきだと思うのですけどね。
模様を描けないのが主因でしょうか?
譲ってもムツゴロウや吉野ヶ里にしておきたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/3172305

この記事へのトラックバック一覧です: 47都道府県生茶パンダ Part3:

» 何フグ? [僕と彼女と彼女の釣り日記]
一昨日のタチウオ釣行で キビナゴをかじった犯人はフグと書きましたが 最初は何かわからなくて…去年の秋の事です、それまで南港でフグなんて見た事なかった明るい場所でタチウオを狙っていると タチウオのアタリとは全然違う小さなアタリでいくら合わせても何も釣れな...... [続きを読む]

« 47都道府県生茶パンダ Part2 | トップページ | 47都道府県生茶パンダ Part4 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ