« 満願寺温泉露天風呂 | トップページ | 宇部市天文同好会8月予定 »

2006年7月19日 (水)

那須湯本温泉 鹿の湯

☆☆☆☆
Imgp2675  当時は温泉など気にしていなかったので写真はこれ1枚です。
 那須湯本温泉の鹿の湯は由緒も風情も泉質も文化も感じることができる浴場です。
 夕方には閉じてしまうので列車待ちの昼間に行きましたが週末でもないのに盛況です。
 幹線道の観光駐車場に車を置くと崖を下って行きます。
 受付から橋を渡って湯屋に入ります。
 形式が古いので脱衣所と浴室は分かれていません。
 石造りの土台に木造ですが床はすのこが敷き詰められています。
 特異なのは湯船の数です。
 見た目に6個+1個でこの1個は頭からかぶるためのもののようです。
 6個の湯船には理由があります。
 41℃はよくある湯の温度です。
 42℃は標準といってもいいでしょう。
 43℃は一般の温泉ではあまりありません。
 44℃は都内の昔ながらの銭湯並みです。
 46℃はあまりに熱いので大げさにはしゃぎます。
 48℃は静かになってしまいます。
 こんな温度が違う浴槽が並べてあるのです。
 46℃と48℃の周りにはベテランが陣取って指導してくれます。
 ・熱くても足だけつかるのは足に血が落ちて脳貧血の元だから止めろ。
 ・48℃の湯は一人ずつ最長3分とする。
 ・人が入っているときは湯温が上がるので湯をかき混ぜてはいけない。
 熱い湯は一時的に血流をサラサラにするようですが、長湯はもちろん血が濃くなるのでだめですね。
 私は46℃でやめました。
 出張中ではしょうがありません。

 こういう歴史と由緒と拘りがある温泉は大好きです。

2002/08/02入湯

« 満願寺温泉露天風呂 | トップページ | 宇部市天文同好会8月予定 »

「温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18573/2724940

この記事へのトラックバック一覧です: 那須湯本温泉 鹿の湯:

« 満願寺温泉露天風呂 | トップページ | 宇部市天文同好会8月予定 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ